2011年01月24日

シマニョーロ的調整

ある週末の夕刻、リビングのソファーでテレビを見ていて、なんとなく体をよじったところ、肩から首にかけて激痛が(汗)。首の筋をやってしまった模様(レントゲンの結果、骨や関節には異常なし)。すっかり不自由&トレーニングもできず。


という前置きとは無関係なのだが、タイトルに書いた通り、久々にシマニョーロなマシンの調整をじっとりとやってみた。ちなみに、シマニョーロなおいらのマシンにおけるごく個人的な変速性能の評価はざっくりと下記の通り。なお、レバーの使用フィーリングは評価に含めない、変速性能が悪いシステムをあまり使ったことがないので下位グレードはようわからん、そもそも俺はかなりに鈍感、というあたりを踏まえてのあくまで個人の感想。

・フルシマノの変速性能:5段階評価の5
・Centaurレバー+Chorus RD+シマノカセット:4に近い3
・Centaurレバー+シフトメイト+Ultegra RD+シマノカセット:5に近い4

現状、まあそれほど不満もなくやってはいる。が、もっと追い込めるのなら追い込むに越したことはない。ということで、いくつかあるシマニョーロ手法のうち、スプロケを組み替えるという方法を試してみた。具体的にはこんな感じ(2ch シマニョーロスレより転載)。

61 ツール・ド・名無しさん sage 2009/01/27(火) 23:41:07 ID:???
>>59
カツリじゃないけど真ん中三枚のスペーサを9sにしたらエルゴ10s他シマノ10sでシンクロした

|10|10|10|9|9|9|10|10|10|
な感じ(|=ギア板)

これはものすごい画期的な方法として当時かなり評価されていた(2chへの書き込みの表現技法の秀逸さも評価が高かったようなw)。が、おいらの環境の場合、DURA-ACEプーリーに交換するだけでシンクロしてたので特に試してなかったのよね。で、今回ちょっと試してみようということに。幸いにも、一時期9速にしてたことがあったので、9速のスプロケ一式が手元に残っており、そこからスペーサーを流用した。

3枚のスペーサーを10速から9速に替えてしまうと、スプロケの高さが若干ではあるけど増す。そのため、ロックリングのネジ部分の軸長がやや短いと固定力に不安が出るらしい。DURA-ACEのロックリングは軸長が長いのでOKらしいが、それ以下は若干短いらしいので、DURAロックリングか3rdパーティ製が推奨、らしい。一応67カセットのロックリングでもガッチリ固定できたとも思うんだけど(でも確かにちょっと軸長が短い印象)、念のためTokenのロックリングを使っておいた。

で、スプロケを掃除しつつ、さくっと取り付け。このあと、通常の手順通りにRDの可動範囲調整とインデックス調整を行う。手を抜くと碌な結果にならんので、じっくり調節。ちなみに、今回は最近愛用の38mmハイトのホイールに取り付けた。


さて、実際に走ってみた感触だが、やっぱり変速性能はスペーサー交換も併用したほうが気持ちいい印象。プーリー入れ替えだけだと、いくら調整しても一部の歯数の板で「ほんの少しオーバーめにチェーンが移動してから正しい位置に押し戻されて変速される」という感じがあったのだけど(この感じが伝わるだろうかw)、新形態ではこれがほとんど発生してなさそうで、スカッとギアが入る。個人的感覚による評価は、5段階で5にかなり近い4、つまりシフトメイトを使っているときと同等かそれ以上という印象。こいつはスゴイ。

変速がスパスパ決まるというのは走っていて気分がいい(当然だけど)。元々ほとんど不満がない状態だったけど、よりよくなったらまた一段といい気分。11速化しようかとか、やっぱりシマノに戻ろうかとか、たまによぎったりもしてしまうのだが、経済的な都合もあるので、当面はこのすこぶる高まったシマニョーロのまますごそうと思う。マシンいじりよりも走り込みのほうが絶対重要だしな(滝汗)。

posted by Yas at 22:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

おぼろげに2011年の予定とか目標とか

すでに1月も中旬が過ぎ去ろうというところだが(苦笑)。ようやく、朝ローラー&週末ライドという習慣が戻ってきたので、そろそろこういったこともまとめておこうかと。

参加したいレースはこんなところか。

4月……三峰HC?
5月……埼玉TT(5/8)
6月……Mt.富士HC(6/12)、場合によっては美ヶ原(下旬?)
7月……TOKYO HC 奥多摩(7/17)
8月……乗鞍(下旬?)
9月……TOKYO HC 成木(9/4)
10月……富士チャレ200(10/8)、龍勢HC


3月のHC系は全然身体できてなさそうだから見送り。成木が9月にスライドしたのはちょっといいかも。今年もレースは登るばっかりで。

大雑把な目標。

1)埼玉TTにリベンジ
2)富士HC、乗鞍で1時間20分切り
3)TOKYO HCで去年よりも上位に。特に奥多摩で納得したい。


そのための大雑把な年間練習スケジュール。

1月:だらけきった体と心に火を入れなおす期間と割り切る。また、去年は冬場に登りを避けまくってしまい、3月に心がすっかり弱くなっていたので、今年は城山湖程度の短い距離でもいいので登っておこうと思う。とはいえ今年は寒さがパネェので、平日は朝ローラー(1月については特にメニューを組まず、とにかくローラーに乗る習慣を取り戻す程度の低い目標w)、週末は2日のうちいずれかは海岸方面へロング、もう1日は城山湖での登坂リピートを盛り込んで2時間程度に。じゃないと風邪引きそう。
2月:平日のローラー部分を定型フォーマットの練習に。3週+レスト1週が終わったら負荷アップ、できるといいな。週末は1月と同等。
3月:そろそろ温かくなり始めているだろうか。平日のローラーは2月の強化版。週末は距離を伸ばし、峠にくり出しはじめたいところ。
4月以降:練習も本番、徐々にレースもスタート。今年は道志方面を活用して、「道志みちで山中湖→標高がやや高い山中湖で周回練習」とかできたらいいかも。それから、去年に引き続きTOKYO HC 奥多摩のコースに豆に通う、とか。6月の富士HCまでにしっかり減量もしなきゃ。その後は維持&強化。


うーむ、書き連ねたらちょっとやる気高まってきた。まずはちゃんと寝て朝ローラーだ(苦笑)。
 

posted by Yas at 00:42| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

新年

今更新年もくそもない日付(苦笑)。

例年通り、年末年始は種族の違う弟分(犬)が遊びに来ていたのだが、今年は曜日の都合で丸々1週間滞在。その間は思い切って一切自転車には乗らず(寒かったしw)、犬散歩という名目の軽いウォーキング。が、弟分が以前ほど走り回らなくなったせいで(運動不足か!?)、極めて軽度の運動量だった……。まぁ心が癒されたからそれでいいのだけど。

富士チャレ200DNSですっかり集中が切れてしまっていた昨年後半以来、ちょっとペースが落ちまくっているので、心機一転、この週末から少しずつ取り戻していこうかなと。まずは100km乗ることから始めてみるか(情けねーなー)。

 
年間のレース計画は検討中。なんにしても、1月2月は下地の練り直しから。なので、草津または八ヶ岳は今年もなしかな。
posted by Yas at 00:38| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

おかえり、Mr. Big

いやぁ、ついに新譜が出たな~(喜)。
気持ち的には、「Hey,Man」以来14年ぶりの新譜って感じ(ポール抜き時代はあまり好きではないため)。

 

基本的に「大人のハードロックバンド、だけど要所要所は張り切りますよ」という第一印象。こういうのを待っていた。楽曲の方向性は全然違うけど、Whitesnakeと似たような感触。今の時点での好みの曲は、少し憂いの入った曲調が何ともいい感じのTr1、Mr.Bigらしいシャッフル系アップテンポナンバーのTr2、テクニック大放出で大人げないのもまたいい感じなTr10、あたりかな。

ビリー師匠の音はここ最近の作品の中では最も好み。ヴァイのときは多少遠慮も入ってか割とシンプルなクリーントーンだったし、ソロ作はデジタルっぽさが強めな印象があったけど、今回は2ndのころのライブの音に近い、生々しさのある歪みあり太さありなビリーサウンド。このバランスが一番好き。

エリックやポールは言うまでもないけど、やっぱりパットのドラムは気持ちがいい。本当にこの編成で帰ってきてくれてよかった。仮に大人の事情もありでの再結成だとしても(最近明らかにそんな感じな連中多いじゃんw)、長く続けてほしいなぁ(苦笑)。

4月に来日するようなので、今回こそ絶対行くぞ!
 
posted by Yas at 13:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

見た目は結構変わった(効果はどうだろうかw)

某中古店が倍額買取キャンペーンだったので、死蔵状態になっていたパーツ類を処分してみた。そしたら思っていたよりも高値が付いた(二束三文が三束六文ぐらいな話だけどw)。なもんで、「急を要するわけではないけど、なんかのタイミングで交換したいな」と思っていたパーツを中古およびヤフオクで仕入れてみた。

20101215_espresso.jpg
IMGP2927.jpg見た目大きく変わったのがフロントフォーク。3TのFunda Proを新同品でオク購入。ステムとハンドルが中位グレードの「Team」なので、フォークもTeamにすべきだったかもしれないけど、ぐっとお買い得だったし、色のバランス的にもこのくらいのほうがいいかなとも思ったので、こいつに。

まだカットして下玉押し叩き込んで組み付けしただけなので、乗った味とかは全然わからんが、今まで使っていたジャイアントのフォークよりエアロ形状が強まっててしかも重量がほとんど変わらない、というのが好感。ホイールはとても着脱しやすい。そして何よりカッコイイw あとはシートポスト交換すればバッチリだな(在庫切れ@Wiggle)。


それから、これは微妙と言えば微妙なのかもだが、かなりいい感じの中古出品があったので、リアディレイラーを替えた。

IMGP2925.jpg
10年モデルのChorus(w 11速世代だけど、RDの後方互換性はかなり高い。振り幅とワイヤーテンションさえ正しく設定してしまえば、インデックスはレバー側が制御するから問題はほとんどなしだと思う。プーリーの歯数は注意が必要だと思うけど(11速と10速で歯数違うかどうかは知らない……)、そもそもおいらはシマニョーロなので、シマノプーリー入れちゃうからこれでもある意味無問題(苦笑)。

で、せっかくいいグレードのRDを入れたので、今回はいつも以上に丁寧にセットアップしてみた。シマニョーロの割にはかなりいい線いってるかな。フルカンパだともっと違うのだろうか……まあ今は良しとしておこう。

ちなみに、アルミケンタのRD比マイナス25g。
すごいけいりょうかだ!(棒読み)

# 通常価格だったら今あえて買うほどのことはなかったかもw

何はともあれ、外を実走していないので、今回のパーツ変更がどのような効果をもたらすのかは全然わかりませんw 鈍感な俺のことだから……ほとんどその変化に気づかないレベルだったりするのかも(苦笑)。


でもいいのだ。
見た目がカッコイクなったから。
 

posted by Yas at 13:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

TTバイクが(ほぼ)完成形に

フレームはどノーマルだけど、ハンドル周りとポジションはほぼ固まった。

IMGP2904.jpg
バーエンドコントローラーとエアロブレーキレバーを装着。

20101127_maxcarb.jpg
横からだとほとんどわからんw

完成後最初の感想。ハンドル周りだけ見ればとりあえずウットリかっこいい。ミーハーすぎw

フレームとかブルホーンバーとかがもっとエアロ形状なアレになると、一段と高まるんだが、「実戦」が年に1回しかないわけだから(苦笑)、これはこれでもう完成でよかろう。

IMGP2906.jpg
真正面から。うーん、イカス。
できることなら翼断面なブルホーンバーにしたいけど。


とりあえず昨日少々乗ってみたのだが、バーコンでの操作は思ったよりも大丈夫そう。今までのDHバー+STIレバーの場合、変速時にはDHバーから完全に手を放して操作する必要があったため、「さあこれから変速するぞ」という意気込みが必要だった。バーコンによってDHバーを握ったまま変速操作ができるようになったわけだが……今のところはまだまだ慣れていないため、持ち帰る手間こそないものの、「さあこれから変速するぞ」と意気込んでしまう点は変わらない(苦笑)。まぁ、徐々に慣れるさ。

IMGP2910.jpg
組み付け的には、バーコンのワイヤールーティングが最大の悩みどころ。3TのDHバーは、アウターワイヤーの入り口は開けてあるものの出口がバーの末端しかない(バーの途中に出口がない)ので、ドリルで穴を増設し、可能な限り無理のないルーティングができるようにしてみたのだが、それでも結構苦しい感じ。変速に影響はほとんどない(バーコンの機構によるところが大きいのかなぁ)のはちょっと救いか。

問題その2。まだ試してないからわからないけど、輪行袋に入らなそうな気がする。輪行するときはハンドルをステムから外すようかもしれない……。


そんなわけで、TTバイクいじりはひとまずここまで。組んだからには生かさなきゃ(苦笑)。


てゆうか、練習しろよとw
 
posted by Yas at 21:09| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

いろいろいじってみた

余剰資金でいろいろ買ってみてしまった……中古品やら格安品やらだけど(苦笑)。
何気に今回の変更はデカいぞw

20101121_espresso.jpg
結局38mmのフロントホイール買っちまった。送料込みで3万円。メーカー不詳、ノーマルスポーク仕様。

実測重量はこんなことになった。Sprintはリムテープ込み。

 38mm カーボンNovatec Sprint
フロント640g630g
リア880g845g

おー、なかなか優秀。重量重視だったらリアはいっそスポークをエアロからノーマルに張り替えてしまうというのもありか。

実はノーマルバイクのほうではまだほとんど乗っていないんだが、第一印象は「やっぱり効果ありそう!」だな。ちょっとスピードが乗ってくると、すーっと進んでいく感じがわかる……と思う(苦笑)。プラシーボ効果だろうかw 前後チューブラーになったロードノイズも心地よく、気分のいい感触でもある。安物買いだったけどこれはなかなかいいね。

IMGP2871.jpg
タイヤについては、今回購入したフロントには今までリアに履いていたVredesteinのVolante-Pro-Tricompを移設。で、リアには、最近急に流通してきたChallengeのCriteriumを購入してみた。あまりインプレは出回ってなかったけど、いろんなショップの評価は高そうだったし、Y'sで50%オフの5000円弱とビックリ価格だったため、とりあえず1度試してみようかと。これもまだすぐに評価は下せないけど、第一印象は良好。グリップ力もVolante-Pro-Tricompよりも高そう。問題があるとすれば、Y's店頭で聞いた話では「流通分でなくなる可能性あり」らしいことか。

# ブラック×スキンというカラーリングがあまり好きではないけど……。

IMGP2872.jpg
あと、ほんのちょびっとしたことだけど、ホイールのクイックレリーズをTNIのチタンシャフトのものにしてみた。意外に安くて3990円。実測46gなので、元々Novatecについてたやつ(120g)の半分以下。すごいけいりょうかだ!(棒読み)


それから、TTバイクにもちょっと手を入れた。いや、だいぶかw

20101121_maxcarb.jpg
ホイールが替わったのでぐっと印象は替わるわけだが、最大のポイントは、楕円チェーンリングの代表格、RotorのQ-Ringsを入れてみたこと。某所で中古が国内流通価格の半額以下の12000円で買えたので、いっちょ飛んでみた。実は取り付けはちょっと苦戦(後述)。

それから、ポジションをいじるべく、ステムを90mm/74度から80mm/65度に、シートポストをゼロセットバックにそれぞれ変更してみた。これに伴って、サドル高を維持したままサドルを10mm前に出せるようになり、ハンドル一式を水平方向に10mm程度手前に引きつつ、高さは5mm程度下げれた。一気にやるべきじゃなかったかもしれないけど、面白いからいいやw かなり突っ込んだ姿勢になったっぽい。

セットアップ終了後にいつもの練習コースに繰り出して乗ってみたのだが、これもなかなか好感触。ポジションはなかなか挑戦的で、前傾が深くなったため首と腰の負担はまたもや増大したけど(苦笑)、走れる姿勢ではある。これなら埼玉TTの距離なら体力的には持つはず。

IMGP2882.jpgそしてQ-RINGSの効果だが……予想外に違和感がなくてむしろビックリした。思ったよりもずっとスムーズに乗れる。ノーマルなチェーンリングよりもスムーズかどうかはちょっとよくわからん。今TTバイクでケイデンスが測定できないので、感覚的にしか把握できてないのだけど、踏めるギア比は前と変わらず、ケイデンスは5%増しぐらいしてそうな感じはしているので、やっぱりスムーズなのかも。筋肉の動き的には高いケイデンスを維持するのがちょっと楽になった気はする。だが、心肺機能が高ケイデンスに耐えられなくなっちまう(苦笑)。こりゃ総合力高めないと大変だ。でもそれだけにチャレンジしがいがあるってもんよ。この冬はTTバイクも乗っていこう。


そして先ほど、バーエンドコントローラーを落札してしまったw
いよいよTTバイクいじりが最終局面。エアロブレーキレバーも準備しなきゃ。

>> 余談、Q-RINGS取り付け
posted by Yas at 17:42| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

要は覚悟の問題(ホイール悩み)

ホイール悩み継続中。すんげえ裕福というわけではないという前提条件は変わらないけど、銀玉のおかげで少しだけ回復。ただ、帯に短し襷に長しな回復状態のこともあり、混迷しつつある(苦笑)。

当初目標通り、カンパのEurusもしくはFulcrumのR1に行くとすると、今回の勝ち分では足が出る。重量こそ現在のホイールと大して変わらないけど、カッコよさ、剛性、空力はランクアップするはず。

そこで第2の選択肢。中古で見つけた割安の38mmのフルカーボンセミディープ。スペックと状態は確認済み。前回買ったヤツとタメ張る安さで買ってもまだ余力が残るので、ほかの目的もいろいろ検討できる。たとえばTTバイクのシフト/ブレーキ周りを交換するとか。自転車以外のことに使うとか(自転車だけで生きてるわけでもねーしな(苦笑))。

では軽量アルミホイールはどうしよう、ということについてだが……まぁ手持ちのカーボンホイールは安い中古品なので、普段使いしてもよかろうということで強引に解決するか。ただ、こいつのフリーはシマノフリーで、交換用のカンパフリーもないみたいなので、将来的には困難もあるかも。ただこれについては、ハブやらスポークやらのメンテの一環としていずれ組み替えてもいいかもしれん。もしくは余った余剰資金で爆安超軽量[ただし触れ取りはしようね]ホイールを買うというのもありかも。


つまるところは、要するにどれもが覚悟の問題だな。覚悟を決めて大金投じるか、覚悟を決めて気長にメンテしながら付き合っていく道を選ぶか。いずれにしても、長いこと勝ち分をプールしていると軍資金にしてしまいかねないので(苦笑)、早々に結論を出したいところ。中古が売れちゃう恐れもあるしな。
 
posted by Yas at 17:38| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

突然のステアリング不調

土曜日に近隣ショップ巡りライドをしていると、途中で直進安定性がすごく悪くなってきた。真っ直ぐ進むことにものすごい神経を使う状態で、手放し運転なんて当然できない(片手すら怖い)。車体を一通りチェックしてみるとハンドルの動きがどうにも渋い。なんだこれ????

過去の経験ではヘッドキャップを強く締めすぎたときにこうなるケースがあった。何らかの事情?で締め付けがキツくなったのかも、と思って若干緩めるとなんとなく回復。が、しばらくするとまたハンドルの動きが渋くなる。これは明らかにおかしい! フロントフォークをばらして総点検してみようと思い、予定を早めに切り上げて慎重に帰宅。

で、早速作業に取り掛かると……初体験の状態。フロントフォークと一緒に下側のカートリッジベアリングが外れることはままあるのだが、今回は見たことのないギザギザのプレートだけがフォークコラムにくっついている。なんだこれ?? 何かひどいことが起きていそうなので、慎重に下側のベアリングを確認してみると、こんな状態で摘出された。

P1030957.jpg

ギザギザのプレートはどうやらベアリングのリテーナー(写真左上。球の保持器)。片面のシールも外れており、このリテーナーがなぜかベアリング本体から飛び出していた。で、ベアリング本体の外側と内側のプレート(外輪、内輪、というらしい)はかろうじて球を支えており、球は幸運にもバラバラになっていない状態だった。本当にかろうじてな状態で、机の上に置いた瞬間にバラバラになった(苦笑)。このカートリッジベアリングの破損がステアリング不調の原因だったのか……。

組み立てなおせば元の形にはひとまず戻ったのだけど、洗浄→グリスアップしたとしてもまたいつこの状態になるとも限らない恐怖感は残る。実際回転も渋い感じがするし、これは早急にベアリングを交換しなきゃと。リアルタイム在庫情報&爆速発送のCS-MAVERICKには在庫があったけど、日曜は発送休みなので月曜発送の火曜日着。まあ待てないことはないが、一応家から近いショップに問い合わせてみると、今までにまったく利用したことはなかった南橋本のライズライドが同等品の在庫有りとのこと。純正品よりやや高かったけど(たぶんFSA版)、早々に交換できて本当に助かった~。

余計な出費になっちゃったけど、ヘッドパーツ周りはだいぶくたびれていたので、いい機会だったか。ステアリングの渋さは完全に解消したのですべて良しとしよう。
 


その後、銀色の玉の臨時収入がガッツリあったしなw 

posted by Yas at 15:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

TTバイクをいじってみた

この秋冬はTTバイクをローラー朝練や外での練習に使っていこうと思っているので、天気が悪かった前週に再セットアップ(RDぶっ壊したときに一旦解体してあったので)。組んでて思ったんだが、TokenのセラミックベアリングBBはやっぱり値段の割りにスゲェ。

で、組み直すにあたって、DHバーをちょっと悩んだ。今まで使っていたDHバーは、途中が1回曲がっているタイプだったんだが、エアロフォームをとったときにコブシ半分ぐらい長さが足りない感じがしていた。それに最近のTTバイクのDHバーといえば、S字型とか一直線とかが流行だし(苦笑)。調べてみたところ、バーの径自体はどこのメーカーも大体同じみたいなので、近在のお店でそれなりの値段で入手可能だったので、3Tの「Sベンド」タイプを購入。Wiggleよりちょっと高かったけど、まぁ納得できたのでOK。

20101103_maxcarb.jpg
セットアップ後はこんな感じに。

IMGP2844.jpg IMGP2846.jpg

DHバーの先端は今回はバーテープじゃなくてProfile DesignのDHバー用グリップにしてみた。ずれないしバーテープよりも痛みにくそうなのでかなり気に入った。で、Sベンドのバーだが、長さがドンピシャきたこともあり、とても持ちやすくていい感じ。実際に走ってみると前よりもかなり無理がなくなってきている気がした。ついでにブレーキとシフトレバーも一気に交換してしまおうかとも思ったが、そこは踏ん切りがつかず。バーエンドシフターはやっぱりちょっと怖い……。

それから、思うところあってサドルを5mmほど低くしてみた。これもかなりいい感じ。また、UCIルール的にはすでにアウト域に達しつつあるのだが(まぁ俺には関係ないがw)、もうちょっとサドルを前に出してもいいかも。シートポスト的にはもう限界なので、Profile Designのシートチューブアングルを変更できるシートポストを使ってみるのもありか。でもまぁ当面はこのままかしらねぇ。


とはいえまだ実走は1回だけ(苦笑)。てゆうか、パーツ交換は実に楽しいのだけど、なによりもまずエアロフォームを長時間取り続けられる体力をつけることだよねぇ。
 
posted by Yas at 16:10| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする