2006年08月22日

マイク・ベルナルド引退

マイク・ベルナルドが現役引退(デイリースポーツ/スポナビ)

年齢的にも体調的にもそろそろ限界かもしれないが、うーむ、残念。

先週生命の晩年はいいようにダニ川に使い潰された感じがあるなぁ……。もっと上手く使っていれば、もっと活躍できただろうに。その代わりに持ち上げてるのがアナゴさん似のクサレタケゾウだから救いがない。

武蔵なんて所詮この程度↓(しつこく再掲載)

163 名前:お前名無しだろ[sage] 投稿日:2006/05/20(土) 03:00:03 ID:JRRqA0s50
武蔵
(日本:身長185cm体重102s)
<技 表>
ハイクリンチ:↑A
ミドルクリンチ:→A
ロークリンチ:↓A
サイドクリンチ:横からA
アウェイ&クリンチ:←←+A
クリンチ&アピール:A+B
ダイビングクリンチ:↑↑+A
ハイパークリンチ:↓→A
クリンチング・ヘル:←↓→↑A
サンダー・デス・クリンチ:←↓→↑←↓→↑A
スーパー・ギャラクディカ・クリンチ:←↓→↑→↑←↓A
レインボー・マグナム・アピール:↓↑→←→←↓↑A+B+C
揺れる唇:(→↓←↑↑→→←←↓↓↑←↑→→↓↓→←)×7+AABCAAB
備考:初級者向け タイムオーバーでほぼ100%勝利 対戦では使わない事
posted by Yas at 13:01| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

DSEがやばいよー

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/tv/news/20060606k0000m040043000c.html

フジテレビ:人気格闘技「PRIDE」放送中止

フジテレビは5日、人気格闘技「PRIDE(プライド)」を主催するイベント会社との契約を解除し、番組の放送をすべて取りやめると発表した。

-----

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060605-00000038-spnavi-spo.html

フジが「PRIDE」中継の契約を解除

 フジテレビは5日、ドリームステージエンターテインメント(DSE)との契約を解除したと発表した。同局で中継されるPRIDEやPRIDE武士道の放送がなくなることになり、予定されていた10日の「PRIDE武士道−其の十一−」と、18日の「ハッスル・エイド」の放送も中止する。

-----

以前から囁かれていた黒い噂が関係しているのかどうかは定かではないけど、奇人ショーと化して塩塩になったK-1もダメ、軽量級で日本人がようやく芽が出てきたのにPRIDEもダメ、となると、いよいよ総合も凋落本格化か……。プロレスも格闘技も好きな人間としては悲しい限り。

てか、ハッスルエイドもアボーンかよーーーー;;

まぁいいや。シュートとパンクラス見ますw
posted by Yas at 02:08| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

TAJIRIの動向

WWE退団後どーすんのかなーと思っていたTAJIRIだが……

TAJIRIハッスル軍入り (スポナビ)

ハッスルですかw

まぁ、彼のキャリアを活かせる団体、日本にはほかにないしなぁ……。新日本はどーせ上手く使えないし、ノアとはキャラが違うし、ドラゲーには――そもそも招聘する金がなさそうだし(苦笑)。

ハッスルの“プロレスの質”向上にもぜひとも貢献してほしいところ。
posted by Yas at 15:43| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

永田サソ……

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20051219-00000014-spnavi_ot-spo.html

wjスレで聞いたところ、一方的に蹴りまくって終わったとのこと。なんやあれか、「新日本の最強を証明するアレ」みたいな展開だったのかな……見てないからなんとも言えないが……


見てた方、魂が震えるようなアレでしたか? まぁいいや、新日本はもう……




帰国したTAJIRIに新日本が接触しているらしいが……正直、どうかと思う('A`)
posted by Yas at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

心配になってきたw

http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-051217-0001.html

こんな向井を見たら、むしろ永田サソが心配になってきた。



ちゃんとノれる試合を作れるのかどうかが。




あ、向井が作r(ry
posted by Yas at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

アンタどこに行こうとしてるんだ……

永田さん……

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20051214-00000002-spnavi_ot-spo.html


いや、向井は向井でがんばってるんだけどね……。


とはいえ、何かが弾けるきっかけになればそれもいいか……




ベェェェェェェェイ('A`)
posted by Yas at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

縁を切れ。いい加減学習しろ。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/wrestling/20051211-00000004-spnavi_ot-spo.html

もうね、オーナーでもなんでもなくなったんだから、顎事務所なんぞと縁は切ってしまえ、新日本。レスナー×藤田の普通のシングルなんて、どうせろくな結果にならないんだし、定期参戦もしてないヤツに思い入れも糞もねえよ。あ、それはレスナーもかwwwww


それにしても、藤田が飛んで、代役が糞邑かよ。3カウント獲れないようなヤツもツマンネっての。どーせアレだろ、最後に飛び付き三角でタップ勝ちとかだべ。もしくは不意打ちスクールボーイ。もうね、糞邑猛プッシュじゃ客入らないってのをいい加減学習してくれよ。



ユークス資本が入ってもてんでダメだな。
こんなんだったら、永田か中西のがまだ面白いと思うんだけどなぁ……。


――ところで、年末恒例の“永田さん亀に大変身”は今年はないんですか?wwwwwww
posted by Yas at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

エディ追悼番組を見終えて……

J Sportsが男気を出して、字幕抜きの先行放送をしてくれたエディ追悼番組を昨日、今日で見終えた。インタビューなどの内容がすべて理解できたわけではないけど、エディがWWE関係者、元プロレス関係者、そして何より家族に愛された人間だということだけは本当によくわかったさ。JBLやHHH、ビッグショー、バティスタ、ベノワ、チャボ、みんな涙ながらに心境を語ってた。あれを見て、俺も思わずもらい泣き。チャボが椅子で攻撃されたフリ→ローブローとか、スリーアミーゴ→フロッグスプラッシュを敢行したシーンなんて、もうボロボロですよ(号泣)。

ドラッグにアルコールでボロボロだった時期があったエディだが、立ち直った後は(HHHだったかな?が「地獄から戻ってきた男」みたいな表現をしていたかな)、深くキリスト教に帰依して、控え室では神父さながらに、悩んでたり落ち込んだりしている同僚たちに、聖書を読んで聞かせてたのだとか。WWEキャリアはまだそれほど長くないにもかかわらずチャンプになったバティスタなんかも、そのプレッシャーに苛まされていたらしいが、そんなのを救ってくれたのが、エディのそういった一面なんだと。

キャラとしてはいつも陽気なメキシカンアメリカンだったけど、実はバックステージでは寡黙なほうだったとも聞く。はたまた聖書の朗読で仲間の心をほぐしたりもする。もちろんプロレスリングビジネスに対しては常に全力投球。同業者から愛され、尊敬されるわけだよね。


追悼番組見るまでは「I LIE!(嘘だっての!)」と言ってエディ出てきやしねえかな、などと思いもしたけど、なんか改めて実感が沸いてきてしまった……。合掌。
posted by Yas at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

初ドラゲー

またもや間が開いてしまったけど、某市民会館にドラゲーを見に行ってきた。初ドラゲー。


なんというか、今までに見たことがある団体(新日本/WWE/ハッスル)とは、色んな意味で異なる団体だなぁ、と。まず、客層。圧倒的に普通の人が多く、女性ファンも多数。キャーとか「○○くぅぅぅん」とか。WWEやハッスルも女性客は多かったけど、その比じゃないな。

試合内容。これはね、いい意味でわかりやすい。ルチャ系はやっぱり普通の人にわかりやすく楽しめるかもね。じっくりグラウンドの展開とか、やっぱり通好みなんだろうな。いわゆるバチバチした感じは少ないといえば少ないけど、望月、マグナムTOKYOあたりは天龍っぽさをだいぶ吸収してきた感じ。まぁ、彼らは昔から結構バチバチだったか。

メインはDoFixer対Blood Generationの8人タッグマッチだったのだけど、このスタイルのスピード感はドラゲーならでは! ハイスピード(notハイスパート)で展開していく試合の流れは抜群だった。何気にBGを応援している俺的には負けちゃって残念だったが(苦笑)。

それとね、WWEをたびたび見に行ってたせいで余計なのだけど、選手小さいw そりゃそうだ、体格俺と変わらないもん。とはいえ、売店にいたフロリダブラザーズや、サイン会に出てきてた望月あたりは、身長はないけどさすがにゴツかったわ。ストーカー市川は……まぁ、いいか。

あと「これはいい雰囲気だなぁ」と思ったのが、休憩時間、終了後のロビー。ドラゲーは、かなり名前を売ってきてはいるけれど、まだまだ小さい規模の団体。試合が終わったベビーのレスラーやレフェリーは、売店やキャンペーンブースに立ち、サイン会もその場でやる。ファンとも直接その場で話す。こういう近距離な交流って、やっぱりファン的には楽しいし、このために会場に来ようって気にもなると思うのよね。

サインもらうまではしなかったけど、こういう雰囲気のロビーを見て、試合にがんばる様子も見ると、「プロレスって結構いいもんだなぁ」と思ってしまったりするw ドラゲーに興味がある方は、近くに巡業が来てかつチケットが取れるようだったら、ぜひ1度観戦して見ることをオススメします。テレビで見るよりやっぱオモロイよ。


がんばれ、ドラゲー。
だがマグナム。「たかだか八王子じゃねえか」呼ばわりはあんまりだwwwwwwww
posted by Yas at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

WWEとJスポーツに感謝

http://www.jsports.co.jp/new/notice/notice_051116.html

追悼特別編成たぁ粋じゃねえか、この野郎。


次の来日公演は、追悼の意味も込めて絶対に行こうと思う。
posted by Yas at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

TRAGIC LOSS:Eddie Guerrero 1967-2005

今朝一番に見たプロレス系のニュースがこんなこととは……。

Eddie Guerrero passes away(WWE公式)

昨年のSD来日興行のときに自分で撮影したもの。あましいい絵がなかった……

とにかく残念で悲しいのだが、WWEのエディ・ゲレロが急逝……享年38歳、プロレスラーとしてのキャリアはまだまだ続く年齢だというのに……。

「ズルしてダマしてイタダキ」な陽気なヒール?がまさにお似合いだったエディ。初めて見たのは新日本での2代目ブラックタイガーのころかな。でも、やっぱり印象強いのはWWEに行ってからだなぁ。メキシカン血統+確かなレスリング技術+日本風味、という下地に基づくプロレススタイルは、個人的にはWWEの中でも抜きん出ていたと思う。日本公演のとき、JBL&カート相手に孤軍奮闘するアンダーテイカーを、怪我した体で助けに来たときにエディには鳥肌立ったよなぁ……。

数年前に個人的な問題でWWEを一時解雇されたりとか、ファンには見えない部分で色々問題もあったようだけど……まぁ、そういうのをほじくり返すのは趣味じゃないので。レスラーとしてのエディ・ゲレロは超スゴかった。それでいいじゃないかな、と。


それにしても、橋本といいエディといい、今年は好きなレスラーが死にすぎだ。もうこんな年は沢山です;; 週末に向け、未購入のエディのDVDを購入しよう……。エディ、お疲れ様。

訃報 “ラティーノ・ヒート”エディ・ゲレロが急逝=WWE(スポナビ)

ミステリオやジェリコのコメントがとにかく泣ける。愛すべき男だったのだなと思うよ、ホント。







あ、新日本プロレス(笑い)がユークスの子会社になるんだそうで。なんだかなぁ……。
posted by Yas at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

ハッスル見てきた

なんか間が空いちゃったけど(苦笑)。


非常にシンプルに「楽しい」興行でした。
3000円の席で見たのだけど、「これが3000円!?」というようないい席だったし、絶対グダグダになるだろうと思っていた鈴木健想vs和泉元彌は、意外や意外、試合面でも元彌が耐えるところをきっちり耐えてみせてくれたし(結果はどうでもいいw)、HGはフォーッだったし。

和泉元彌にしてもHGにしても、芸人だからなのかどうなのか、「見せる」「楽しませる」ということの基本はわかってたのかなと。特にHGに関しては、学生プロレス経験者でもあり、体を鍛えるのも好きだということから、かなりちゃんとしてた。どこぞの団体で猛プッシュ中の学プロ同期のライバルよりよっぽど楽しいプロレスをしてくれた気がする(苦笑)。


しかしなぁ……小川のイマイチ具合はもうちょっとなんとかならんかなぁ。キャプテンなのに全然めだたねえしよw それと、「プロレス」という意味では、やはりちょっと薄いかな、と。トータルに「楽しい」興行だったわけだけど、HGや元彌に牽引された部分は大だったと思うしね。だからこそ、小川にはもっと奮起して欲しかったのだが……。



あと、われらが御小こと、現場監督・長州力。あまりにも淡白すぎ。「あの」コールマンがあそこまでキャラクター作って頑張ってるのに、メスカブト野郎はハイスパートアレをアレして、マイクアピールにも全然付き合わずスタスタ退場。ハッスルポーズしろなどとは言わないが、あのメンバーの中では、キャリア的にはちゃんと鬼気迫るプロレスができておかしくない存在なんだから、もうちょっと鬼気迫ったところを見せてくれよと。そういう点では、やっぱり天龍は偉大だった。


ま、本当に楽しかったわ。ぜひもう1度見てみたい。
posted by Yas at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ハッスルマニアにも行ってみる

当初の予定が数日ずれた影響で11.3が暇になったので、話の種に「ハッスルマニア」を観戦してくることにした。思ったよりもチケットが安くてビックリ。

にしても、芸能人が多数参戦してるけどプロレスとして成り立つんだろうか……まぁ、すべての判断は見てからにしよう。
posted by Yas at 16:11| Comment(3) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ドラゲー見に行ってみる

11月の興行だけど、割と近所でドラゲーの興行があるので、行ってみることに。

しかし、会場が市民会館なのだよね。体育系の施設じゃなく。調べてみると、どうやらステージ上にリングを作るらしい。一体どういうことになるのか、かなり興味津々である。
posted by Yas at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

鈴木みのるは最高だ

ここ最近はすっかり日本のプロレスが面白くてしょーがない状態になっているのだけど(それもこれもある意味長州力のおかげというのがアレなんだが)、今おいらの中で特に熱い選手はというと、鈴木みのるである。もーぶっちぎり。

パンクラス所属なんで、ちょいと前までは総合格闘技畑の選手だったわけだが、今はプロレスに参戦中。新日本に上がり、ノアに上がり、ひっぱりだこの“外敵”。ヒジョーにわかりやすいヒール。たとえば顔芸。非常にわかりやすくいやなヤツの顔。攻撃をすかした後の「ニヤッ」という顔。攻撃を受けたあとの「ニヤッ」という顔。とにかくニヤニヤした顔芸は秀逸。さらにはマイクね。どっかの脱水牛みたいな頭足りないマイクとはことなり、マイクアピールはその都度頭の回転のよさを感じさせる、ヒジョーにキレのある猛毒を吐きやがります。これもまた秀逸。


あ、顔芸とマイクだけじゃなく、レスリングそのものとか殴り合いとかはもちろんレベル高いです(苦笑)。


高山とのコンビで新日本に上がってたころの暴れっぷりもなかなか楽しかったが、俺の中で決定的に評価が上がったのはやっぱりノア参戦かな。絶対王者時代の小橋とのGHC戦の幕切れとか(小橋の攻撃にヘロヘロになりながら立ち上がってニヤリ→直後に力なく反撃して崩れ落ちる、とか最高のムーブだった)、秋山とのファーストコンタクト(お互いにおちょくり倒しのすかしまくりで最初全然絡まず(爆))、丸藤と合体してのやんちゃっぷり、などなど。


なんというか、とにかく“プロレス頭”が非常にいい選手で、かつ“プロレスLOVE”なんじゃねーかな、と鈴木みのるのことを想像してみている。動けるし、頭も切れるし、とにかく試合前〜試合中〜試合後がすべて通して楽しめる。機会があったらぜひテレビで見てみてください。


そんな鈴木みのるの魅力は、彼のブログからもいろいろ窺い知れる。ノアドーム評、新日本G1日記は特に興味深かったな。

http://blogs.yahoo.co.jp/minorusuzuki_kaze


斜陽だとは思うけど、日本のプロレスもまだまだおもしれーな。
posted by Yas at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

ノアドーム興行

今さら書くけど(苦笑)。
まぁ、結果とか試合内容とかは、とっくにテレビでも放送されたし、ウェブにも散々載ってるから省略。

個人的にすげえ面白かったのは、

・みのる/丸藤 vs 秋山/橋
・金丸 vs KENTA
・小橋 vs 健介

の3試合かな。

日本のプロレスをメインで見てたころは全日本を全然見てなかったし、ここ数年はすっかりWWEばっかりだから、NOAHって全然こだわりがあるほうじゃなかったんだけど、なんつーかこう、血が滾るような試合だったなぁ。

みのるのクソ野郎ぶりも橋の根性丸出しの必死な様もたまらなかったし、攻めまくって受けまくってついに戴冠したKENTAも信じられないくらいタフだった金丸も見事だったし、プロレスバカ一代っぷり全開の小橋と健介の200発以上のチョップ合戦は超シビれたし。

WWEのエンタメ路線は、あれはあれで好きだし、面白い。でも、日本の、NOAHみたいなプロレスもやっぱり面白いわ。勝敗を超えたところで楽しめる。KENTAとか橋に関しては、キャリア/シリーズを通したドラマ的なところも大だけど、小橋と健介なんて、ラリアートくらいなもんじゃん、“運命”的なものってw こんな希薄な関連でも、ものすごい説得力のある、魂に響く試合だったと思うわぁ。


改めて言うまでもなく、プロレスは筋書きもあれば事前に勝敗が決定している“ショー”なわけだけど、これほどのレベルの試合を見せられると、勝敗がどうなるとか、そういうのは通り越して存分に楽しめる。逆に、勝敗がどうなるとかはある程度気にせず楽しめるような試合って、プロレスとしては正しい姿なんじゃないかと。ベルトかかったり、特別思い入れの深い選手が出てたりするとまた別かもだけど。


橋本が逝って、ひどく落ち込みはしたけど、NOAHドームのおかげで立ち直れた感じ。そして、日本のプロレスも楽しいじゃん、ってのを再認識できた。うむ。



しかし…


それに比べると……


脱水牛ことクソ天山…………


アーマタマケタ,ダメダコリャ……………………


新日本はどうなっちまうんだろう…………………………………………
posted by Yas at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

破壊王よ、安らかに……

まさかこんなニュースを見ることになるとは;;

今ではすっかりWWEメインにプロレスを見ているのだけど、そんなオイラもきっかけは日本のプロレスでして。プロレスをよく見るようになった頃、毎週楽しみにしてたのは新日本。全日本の尺の長い試合が当時はつらかったので、当時のオイラは新日本のわかりやすさが好きだった。

ちょうどその頃エースだったのが、IWGP連続防衛中の破壊王・橋本真也。蹴って落として締めて、という爆殺シューターぶりは――――すげえキライでした(苦笑)。なんつうのかなぁ、強すぎてイヤだったというか。といっても、ブロック・レズナーがキライなのとは違って、「いい意味でキライ」という感覚(例えがまったくわかりにくいw)。キライはキライなんだけど、キライな対象がいることでスキが際立つじゃん。そういうための「キライ」であって、いてくれなきゃ困る「キライなキャラ」だったわけ。なので、小川に負けて引退宣言したとき、ZERO-ONEがダメになったとき、肩がどうにもならなくなって長期休業したときは再び残念だったし。

でも、それまでの「残念」は、続きがあるであろうという範囲での「残念」であって、死んじまったらもう続きはないんだよな……。なので、とにかくとても残念です。健康ならあと10年は現役ができるであろう歳なのに……。


破壊王、アンタのことが大嫌いでした。安らかにお休みください。合掌。


<<追記>>
日刊スポーツの追悼写真集ページ
posted by Yas at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

WWE大量解雇……

うーん……なんかダウン系が続くなぁ(苦笑)。

WWEで大量解雇が。現時点で発表されているのは……

Shannon Moore
James Yun (Akio)
David Heath (Gangrel)
Billy Kidman
Spike Dudley
Kevin Fertig (Mordecai)
Joy Giovanni
Kenzo Suzuki
Hiroko
Matt Morgan
Charlie Haas
Jackie Gayda
Marty Jannetty
Dawn Marie
Mark Jindrak

さらに、選手側が契約更新せず、という形で離れるのが

Bubba Dudley
D-Von Dudley

とのことのようで……。

正直、解雇される方々は、なんというか、しょうがないのかなぁとも思ってしまうのだけど(ファンの方々、申し訳ない)。ババとディーボンが離脱するのは……ものすごくガックリ(涙)。お気に入りのチームだったのになぁ……。彼らが去るのは本当に残念。


しかし、これが糞ブロック再雇用のための資金捻出リストラだったら、ホント怒るよ(鬼の形相で)。俺、アイツ嫌いやねん(爆)。彼、面白くもなんともないんだよ、キャラとして。


そんなわけで、写真は2004年2月のRAW来日時のダッドリーズ。3Dに行こうとしたら、フレアーが蘇生してローブロー、というNiceな絵w

27.jpg
posted by Yas at 03:12| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

Hero's……

うーん……………………
なんなんだ、あの興行は(汗)。

所はよくやった。あの小ノゲイラに勝つとは思わなかった。
山本KIDも体調悪いなりによくやった。かなり手に汗握ってた。


しかしよぉ。TV放送分のそれ以外の試合は「????」なのがかなり多かったような……。
転がっちゃうと技術も糞もないようなグラウンドの展開とか、某イケメン(藁)に匹敵する亀っぷりを見せつつもなぜか勝っちゃうアレとか、とにかく、なんかすごいグダグダだったような気がするのだけど……。


前田の現役当時がどうだったとかなんとかは別として、あのころのRINGSは確実に面白かった。それに比べると……程度が低いというかなんというか……。谷川が表に出てくるようになってから、K-1絡みはことごとくダメな気がしてならない。あぁ。
posted by Yas at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

PRIDE

地上波放送で見てたのだけど。

ミルコのミドルキックKOにはぶったまげたけど、そのあとの日本人選手の敗戦の山がなぁ……。赤パン男vs瀧本も、なんかすっきりしないというか、田村も勝つなら勝つですかっと勝てよと。殴り合いで下がりよってからに。

そして桜庭。

贔屓目に見れないくらい、いいとこなしだったな……。なんというか、もう“成長”の“のびしろ”が残ってないのかも(同じことを社長も言っててややびっくりw)。伸び盛りの選手の成長スピードについていけてないというか。


桜庭のファンではあるし、もっと試合を見たいという気持ちもないわけじゃないのだけど、そろそろ考えてもいいんじゃないかと思う、引退を(涙)。そろそろ世代交代の時期なのかもしれない。ブラジル勢を押しのけられるような、次世代の日本人エースの登場をただただ願うのみであります。
posted by Yas at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。