2010年08月02日

仕事PCの役割分担変更

相も変わらずIT業界の隅っこでダメリーマンをしているわけだが、本社のほうで色々あって(苦笑)、個人所有PCを業務に使う場合のルールがちょっと厳しくなった。まぁ、なんつうか、しょうがないよね。簡単にまとめると、個人情報や機密データを個人所有PCに入れて持ち出さないこと(極力)、みたいな感じ。

まず初めに、かれこれ10年ぐらい、おいらの仕事環境はだいたいこのような区分け。

・ノートPC(私物。今となっては非力):
メール送受信全般、雑事諸々、テキスト系作業全般、現在進行形の案件のデータ保管

・デスクトップPC(Windows 7がそれなりに快適):
過去案件のデータ保管、画像系作業全般、実験環境

なのだが、このうちノートPC上に保存しているデータ類がことごとくNG対象になってしまった。このところ案件ごとのデータが大きくなりがちだったので、進行中案件のデータも最近ではデスクトップPC上で管理するように移行済みだったんだが、メールも原則私物ノートPC上にはデータ保管しないように、というルールになったのは個人的にはちょっと痛い。

日々のお仕事に関する情報の大部分はメールで流れているケースが多いので、常に手元にあるノートPCにメールが集約されているというのはとっても便利だし実用的。でも今後は基本的にNG。あと、移行が面倒くさい的な意味でもクソ痛い(苦笑)。

もっとも、手元のノートPCもだいぶ時代遅れになってきているので、巨大化するOutlookのデータと付き合い続けるのもなかなかつらいところではあったりする。そんなこんなものあるので、今回思い切っていろいろ移行してみた。こんな感じ。

・ノートPC:
テキスト系作業全般、雑事諸々(変わらず)
仕事関連のメールおよび案件データは置かない

・デスクトップPC
メール送受信全般、現在進行中および過去の案件のデータ保管、画像系作業全般、実験環境(近日分離予定)

で、外出先・自宅などでメールを使ったりデータをいじったるするときはVPN+リモートデスクトップをこれまで以上に活用。するとどうだろう、データ満載でひどいことになっていたノートPCがさっくりスリム化。延命までできてしまった。Outlookの移行はちょっと面倒だったけど、思い切ってやってしまえばパワーと高い解像度のあるデスクトップPCのほうが総合的には快適。あとは「メールはノートPCで」という長年の習慣を抜くだけ(これが時間かかりそうだけど)。

というわけで、特に落ちもない備忘録。

posted by Yas at 12:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター/ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

真・女神転生、新作発売!

いやー、とうとう、やっと、ついに出ました。
メガテンシリーズの新作「真・女神転生 Strange Journey」。



ペルソナだとかソウルなんちゃらだとかいう派生シリーズは、どうにも肌に合わないためほぼ手をつけていないのでいるので、通し番号こそつかないものの本編の新作ということでかなりかなり期待。ちょうど台風のダイヤ乱れの影響で出勤前に購入できたので、早速プレイしてみたのだが、いい感じにダークでメガテンって感じw

さてさて、じっくり楽しめますよーに。
 
公式⇒http://megamisj.atlusnet.jp/
 

2008年01月29日

Civilization IV: Beyond The Sword プレイ中

珍しくゲームの話題。ネットゲーからはすっかり足を洗って久しいのだが、最近は、名作PCゲーム「Civilization」シリーズの最新版、「Civilization IV: Beyond The Sword」(Civ4 BtS)をプレイ中。Civシリーズの出会いは、十数年前、Windows 3.1か95の頃のCiv2だったっけかなぁ。それからメジャーバージョンアップは2回だけだったんだな(苦笑)。



Civ4はこれまで、ノーマル版、拡張パック「Warlord」、そして最新拡張パック「Beyond The Sword」とバージョンアップ中。拡張パックが出るたびに(場合によっては無償のパッチによっても)大きく戦略が変わってきたりする。ようやくWarlordに慣れてきて、難易度「貴族」(比較的ヌルめ)だと楽勝、「皇子」(中級難度の入門)だとなんとか勝てるようになったというのに、昨年末のBtS発売でまた「ヘヤクソな俺」に逆戻りしてがっくり(汗)。

が、俺自身の経験値も上がり、さらに「Civ4 Wiki」で先人達の知恵を蓄えたことにより、なんとなく今までの俺の悪かったところも見つかり、大枠の戦略もつかめてきた。そんなわけで最近は、BtSでは全く歯が立たなかった「皇子」より1ランク上の「国王」に挑戦。そしてついにこの週末に初勝利となった! 「皇子」でもなかなか勝率が上がらなかったのに、「国王」で勝てるとは。でも、かなり明確に道筋は見えた気がする。
 
 
>> 反省・感想・整理など

2007年11月28日

xfy Blog Editor 削除

これ以上使う価値はないと判断。

・機能的に大したことない
・使いやすいと思えない
・そのくせヌルヌルと重い

三重苦。なにこのクソアプリ(暴言)。


ちょっと真面目に。

所詮汎用アプリであってサービスに最適化されてないから(ジャストのBlogサービスで使えば違うのかもしれんが)、結局はサービス各社のWeb上のエディタに比べると機能面でのメリットが少ない。せいぜい作表機能くらいか。そしてわかりにくい画面構成&UI。初めて使ってみた時には、タイトル/本文/追記をどう書けばよいのかが瞬時にはわからず。SeeSaa標準のツール(Webアプリケーション)より格段に使いやすいということは俺的には全然ない。

致命傷は重いこと。こんな大した機能もないアプリが、Wordのように重い。WYSIWYGなんだから重くて当たり前、という話もあるが、Blogごときを書くのにこんなヌルヌルな重さのアプリなんぞ使いたくならん。WZで文章書いてあとからWebブラウザ上で手直しするぐらいで十分。

ジャストのアプリケーションを使うのは実に久しぶりだったんだけど、結果としては“失望した”という感じ。今のご時世、PCも回線も速くなったので多少のアプリならば軽快に動く環境は整備されているわけだが、2世代前のXPサブノート程度で軽快さが損なわれるのでは、これはさすがに努力を怠りすぎじゃないのだろうか? 普通のユーザーは、一度PCを購入したら数年はそのPCを使用するだろうから、この程度のアプリであれば、少し前の世代のPCでも何のストレスも感じることなく使えるように作っておくべきじゃなかろうかと。機能的にも、使い勝手的にも、軽快さ的にも。


このアプリに限ったことではないが、ハードウェアの進化に甘んじてソフトウェアが無意味に肥大化していくというグータラ・手抜きは本当に勘弁してほしい。内容を伴った進化と巨大化であれば歓迎なのだが……。

2007年11月11日

xfy Blog Editorを入れてみた

ジャストのアプリはあまり好きではないんだが、一応試してみようかと(苦笑)。

で、今このエントリーを書きながら思ったこと。WYSIWYGなのはいいんだが……

重い(汗)。

なんというか、Wordのように重い。WYSIWYGだからだろうが。軽いツールだったら使い続ける気にもなるんだけどなぁ。手に馴染まなかったらすぐ使うのやめちゃいそうw

2007年01月30日

Windows Vista発売

さて、いよいよVista発売ですな。一般の方々からしたら「????」かもしれんが(興味ねーだろーなーと思ってたヤツが興味あるらしくて驚いたけどw)、IT業界の底辺のど真ん中でアレするワタクシとしては、やはり大きなお祭りでございます。

そんなわけで昨夜は「お祭り」の様子を一通り見てきたです。

↓はツクモexの大行列。UltimateとCore 2 Duoのセット特価販売があったので、数百人規模の行列になったみたい。賑わってたのはこのほかドスパラ〜カクタソフマップ/TWOTOP周辺かな。ヨドバシ周辺(通称新市街)は、22時半くらいに通りかかったら一応人は集まってたけどちょっと少なさげ。まぁ、アキバに夜行くようなスキモノどもはなにも新市街になんて行かんわな。

P1010060.jpg
※P902i
>>続きを読む

2006年06月04日

Pentium D 805を購入

最近めっきりPCパーツなんていじらなくなっていたのだけど、職場近辺やらメディアやらで「こいつはいいぜ」という評判を多数聞いたので、Pentium D 805を購入してみた。初のLGA775対応、初のデュアルコア。

こいつが優秀なのは、17000円程度の安価なデュアルコアCPUなのに、オーバークロック耐性が高く、通常の2.66GHz(133MHz×20)を大きく上回るクロックで動作可能だということ。Celeron-300MHz以来だな、そういう基準でCPU買うのw

ちなみに、ビデオカード(RADEON 9800XT)、メモリー(DDR400 1GB)をそのまま活かしたかったので、マザーはIntel 865ながらLGA775/デュアルコアサポートという変なマザー、ASUSのP5P800 SEを同時購入。今後余力のあるときに、PCI Express体制に移行予定。

で、オーバークロックの状況なのだけど、どうやらオイラの入手した石はそれほど高耐性でもなかったみたいで、通常電圧で3.4GHz(170MHz×20)、+0.0625Vで3.6GHz(180MHz×20)まで。+0.1Vも試そうかとは思ったんだけど、同じマザーを使っていた知り合いが+0.1Vでコンデンサー燃えるという事故が起きたと聞いたので、これ以上は諦めた(苦笑)。温度的な心配もあるし、3.4GHz常用が安全なところかな。

で、実際使ってみた感じはというと、前がPentium 4-3.20GHzだったので、正直なところゲームをやってたりする分にはそれほど恩恵はなしかなぁ、な印象。とはいえ、LGA775環境への移行はいつかやらなきゃ、と思っていたことだったので、このタイミングで安く乗り換えられたのはヨシだな。


以下参考までに動作状況と3DMark 05のCPUのスコアなどをまとめておくです。

クロックVCORE3DMark05(CPU)寸評
2.66GHz1.44033初期値
3.4GHz(170×20)1.44928安定
3.5GHz(175×20)1.4ベンチ終盤で乙
3.5GHz(175×20)1.4255100安定
3.6GHz(180×20)1.425ベンチ終盤で乙
3.6GHz(180×20)1.45たまに通るがアヤシイ
3.6GHz(180×20)1.46255259ここで安定
3.7GHz(185×20)1.45ベンチ序盤で乙
3.7GHz(185×20)1.475ベンチ終盤で乙

2006年03月05日

久しぶりにハマれるオンラインゲーム

FFXI引退から約1年、ハマる気になるオンラインゲームに参入。

fe01.gif

その名も「障害発生オンライン」w
またの名を「Waiting オンライン」wwwwwww


……「ファンタジーアース」。
いやぁ、ホント、単純に延々戦争するだけなんだけど、このFPS的な単純さがむしろハマるよ、個人的には。CTFやってるように楽しい。まぁ、やりこみ要素が少ないのが今後どうだという議論はあるんだけど、廃人のみが先に行ける世界ってわけじゃないし、後発でも全然楽しめるし、極端な話、1日1時間から本当に遊べちゃうので、かなりヨイ。50vs50の団体戦というのも魅力的。

ちなみに、MMORPGというカテゴリーみたいだが、RPG要素は激しく少ないw どっちかというとアクション+SLG、かなぁ。まぁ、SLG性といっても、マップ内での戦術レベルの話程度であって、国家単位での戦略というのはあまりないけどね。


UOでWARとか派閥とか好きだった人は結構イケるんじゃないかな? 天龍源一郎のWARじゃないぞ。



ただし! 今のところ鯖がかなり不安定。それが最大のネック。
メンテ、謎の待ち時間がかなり頻発。イライライライライライライライラ。

2006年01月07日

ファイアーエンブレム(苦笑)

DSは結局やりたいものがあまりなく、なんとなくGBAの「ファイアーエンブレム 封印の剣」をやってたりするのだが、あーFEってこういうゲームだったよなぁ、と今更ながらに思い出していたり。



仲間死ぬ→リセット
→ステージ頭からやり直し→('A`)




結構苦痛な作業だ……数時間かけて進めてきた作業が一瞬で(涙)。



精神によくない感じがし始めてて、そろそろやめたくなってきた(汗)。


たかがゲーム、されどゲーム。

2005年12月22日

液晶届いた♪

やれやれ、やっと届きやがりましたよ。

P1040185.jpg

当たり前のことなんだが、19インチCRTと置き換えたら、圧倒的に圧迫感がなくなり、部屋のイメージ全体も広々した感じ。こんなことならもっと早くに買っておけばよかった('A`)。


というか、今年買ったPC系買い物で比較すると、体感的な満足感は

M1700>>>(越えられない壁)>>>Pentium 4-3.20GHz

であることは疑問の余地がないな(苦笑)。

2005年12月19日

結局こっちを購入。

いろいろ悩みもしたけど、結局ナナオの17インチにした。



17か19かは最後まで決めかねたけど、最終的には可視域対角が今の19インチCRTと大差のがいいかなと。19インチだと、1280×1024表示は俺には文字がでかすぎる。なにせ、今までは19インチCRTで1600×1200とかで使ってたんだからw

あと、やっぱりナナオかなと。それだとやっぱり19は手が出ないなと。


で、アマゾンで購入したので、



を同時購入wwww やっぱのいる・こいるでしょwwwwwww

2005年12月18日

液晶ディスプレー購入を検討中

突如、というわけでもないのだが、今年頑張った俺様に最後のプレゼント、ということで、液晶ディスプレーがかなり欲しくなってきた(いまだにCRTユーザー)。「ディスプレーはナナオ」をこの数年ずっと通してきているので、今回もその方向でいるのだが……

価格的に手出しができるのは17インチのコイツかなぁ。サイズ以外のスペック的にもかなり好みだし。ArcSwing2スタンドじゃないのがちょっと惜しいが。




でも、同じぐらいの価格帯で、アイ・オーだと19インチが買えちゃうんだよなぁ。コントラスト比が若干低いのが悩ましいところだが。あと、ナナオじゃないというのがもっと悩ましいwwww




19インチだったらこれがいいんだが……圧倒的に高い(苦笑)。まぁ、このくらいの値段なら出せないことはないし、ナナオのクオリティなら許せるのだが。



もうひとつの問題は、コイツの品が薄いこと。ナナオの直販だったら在庫あるようなんだけど、どうも大雪で出荷が遅れまくっているようだしwwwwwwwwww



何はともあれ、最大の悩みどころは17インチと19インチの違い。1280×1024ドットという解像度自体は変わらないわけだが、どっちのほうが自分に合っているのか、ちょっと判断に悩んでいるところだったりする。

2005年12月10日

久々にPC系の買い物

このところPCにはあまり金を掛けてなかったんだけど(と書き始めてから、9月にCPUを買えたことを思い出したw)、仕事のほうが今ひとつ気分が乗ってこなかったので、気分転換を兼ねてちょっとPC周りの買い物などしてみた。


まずはキーボード。マイクロソフトの「Microsoft Comfort Curve Keyboard 2000」を購入。いわゆる“エルゴノミクス”デザインなやつで、仕事柄キーボードを非常に長く使う身にはいいかな、と。とはいえ、Natural Keyboardはさすがにちょっと抵抗感があるので、普通のキーボードに近くエルゴノミクスなこちらにしてみた。



で、使い心地はどーかなー。正直なところ、まだぜんぜん手に馴染まない感じ。というか、明らかにちゃんとキー入力できていないというか。

今回の製品は、エルゴノミクスレイアウトでどちらかというとノートPCのキーに近い薄型キータイプなのだが、1世代前のやつはキー自体は普通のデスクトップキーボードと同じようなものだったのよね。そっちにしたほうがよかったかなと悩みもしたんだけど、ワイヤレスだというのと、カーソルキー上部のDelete/Insertなどのキーの配列がどうしても好きになれず。ま、普段はノートPC使ってるわけだから、薄いキートップは全然嫌いじゃないし。今まで使ってたMSのキーボードのクリック感は好きなんだけどね、まぁ、気分転換みたいなものだからw

ただ、パームレストがなくなったのが、今までとちょっと違って気持ち悪い。なんとなく、手のひらの置き所に困るというか。あ、ビデオテープを置くとちょうどいいくらいかもw パームレストは別途購入するか……。

とはいえ、ここまでブログ書いてるうちにだいぶ馴れてきた。結構快適だわ、このキーボード。ちょっとCTRLキーに違和感あるけど。


ちなみにいままで使ってたキーボードはこいつ↓。飛び切りシンプルだが、キータッチはお気に入り。会社でも同じモノを使ってるけど、あっちも買いかえるかなー。




あと、同じ店で外付けHDDの特売をやっていたので、250GBモデルを購入。メルコバッファローの「HD-H250U2」。まあ、別にどうということはない、フツーのUSB 2.0 外付けHDDw



HDDがカッツカツになってきていたので、これは思わぬめっけものだった。SATA内蔵のHDDを購入しようかと思ってはいたんだけど、スペースや熱、ケースを開ける手間(藁)を考慮すると、外付けでいいかなと。

で、ついでにHDDの整理とデータ移行を一気にやり、HDDスペース的にもパフォーマンス的にも納得のいく状態になりましたとさ。もっと早いとこ買っておけばよかったよ(苦笑)。



それと! 当初年内は入荷しないかもと連絡を受けていたリビング用の液晶TV(アイ・オーの「FTV-320H」。Amazon.co.jpで取り扱ってないや)が予想に反して入荷したとのこと!! 明日納品なり〜♪

ちなみに、我が家はデジタルのCATV環境で、地上デジタルチューナーが不要なので、地デジチューナーなしの大型液晶TVは非常にありがたい。ナイス製品。

2005年10月26日

進化の結果と評価すべきか……

お仕事の関係でWPC EXPOに行ってきたのだけど……


今年はなんか寂しかったなぁ。出展少なめとか、目ん玉飛び出るような何かとかがなかったとか、そういうのはともかくとして、“PC”って付いてるのに、PC系の目新しいものがあまりない感じで。

PCが進化するにあたって、特にコンシューマーに関しては、AV機器との融合がどんどん進んでいくわけだけど、そうなってくると必然的にこういった展示会にどんどんAV機器も出てくる。PCはPCでたしかにAV系機能はよくなったけど、家電系メーカーの技術水準が高い日本の場合、どーしてもそっち方面は家電のほうが完成度が高く。決してAV系PCのレベルが低いわけではなく、家電の完成度が(世界的に見ると)とんでもなく高い、ってことなんだが。

そんなわけで、AV機器ばかりがやたらと目に付き、主役であるはずのPCはなんとなく影が薄く感じてしまったり。まぁ今年は、“目ん玉飛び出るような何か”の基礎となる技術/ハード/ソフトに大きな変化がなかったから仕方ないのかもしれないけど、“WPC”に行ったのに、PCでドキドキできないのはなんだかなぁ、という感じ。

とはいえ、AV機器との融合という方向性に進化した結果、PCとAV機器が混在し連携した展示会になる、というのはある意味正しいベクトルなのかもしれない。そう考えれば別に暗くなるようなことではないのだが。




あと、最近コンパニオンでもドキドキしなくなってきた。心が腐ってるからだろうか(藁)。

2005年08月09日

この半年でプレイしたゲームを振り返る

すっかりオフゲーしかやってない、しかもPS2のみな最近なのだが、この半年ぐらいで手をつけてみたゲームについて、なんとなく振り返ってみる。


・ロマンシング サガ -Minstrel Song-

2周クリアして3周目の途中で止まってるが……いやぁ、上期はなんといってもこれが面白かったなぁ。気の向くまま、情報の少ないまま1周して、情報サイトを見ながら2周目。引継ぎ要素もあるし、お気に入りのキャラもできるし、複数回プレイするのが楽しいってのはホント久々な感じ。SFCでプレイしたロマサガに思いを馳せつつ、堪能した。今手をつけているものが終わったら、3周目を再開しようと思う。まだまだ楽しめるぜ。

個人的評価:★★★★★




・METAL SAGA 〜砂塵の鎖〜

メタル・マックスのリメイク。SFCでプレイしたときの好印象を思い出しつつ購入。うーん、クリアせずに売却(苦笑)。ロマサガやったあとに着手したんだけど、同じく“自由度の高さ”を売りにしているわけだが、こちらは全般的にバランスがヌルすぎる。戦闘から確実に逃げられちゃうから、ちょっとがんばれば強い車体を拾いに行けちゃう、金がわりと簡単に貯められるから、装備がすぐ強くなっちゃう、などなど。これだとクリア前に飽きちゃうな……。

個人的評価:★★★




・スプリンター・セル

前々から気にはなってたんだけど、PS2版があったので試しにやってみた……爽快感は全然ないゲームなんだな(苦笑)。面白いには面白いんだけど、あまりにイライラするので止めちゃった(汗)。トム・クランシーシリーズはやはり“Rainbow Six”が最高傑作な気がする。

個人的評価:★★




・真・女神転生III - NOCTURNE マニアクス

超いまさらなんだけど、III発売当時はPS2持ってなかったからしゃーないよな。で、当初は通常版のIIIをやっていたのだけど、古本で購入した攻略本がマニアクスのもので(アホすぎ)、それを見てたらやっぱりマニアクスがやりたくなったので、買いなおした(さらにアホ)。いやぁ、真I/IIの流れを汲む、見事なまでの真メガテンですよ。今までプレイしていなかったのが本当に惜しいと思うほど。たぶん一般ウケはしないんだろうけど。

追加要素のうちのダンテに関しては、「Devil May Cry」のネタを上手く混ぜ込みつつ、ナイスにストーリーに絡めたな、と感心。まだプレイ中だけど、次の遭遇が楽しみだ。

で、グラフィックスが今までの作品に比べてダンチによくなってるから、このクオリティをベースに、真I/IIを作り直してほしいな、と思ってしまった。PS1でリメイクしちゃってるからきっとそんな日はこないのだろうけど。

個人的評価:★★★★★なんてもんじゃない。そんな俺はメガテンヲタ。




・ベルセルク 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇 聖魔戦記の章

中古で結構安かったから衝動買い。ベルセルクのゲームはドリキャス版をやったことがあったけど、そっちも結構楽しかったので、それなりに期待。プレイ総時間は20時間に満たないと思うけど、原作の雰囲気を損なわないアクションで、十二分に世界を楽しめるかな。オススメ度的には「原作を知っている人はぜひ」という感じではある(苦笑)。クリフォトが気持ち悪すぎなあたりがまたイイな(爆)。

個人的評価:★★★★

2005年07月16日

デスクトップPC不調

なんかわからんけど、突然デスクトップPCが動かなくなり。
なんとなく、ビデオカードのせいっぽい。ストックのAGPビデオカードがもうないし、いったいどーすりゃいいんだ……。



答え:どーもしないwww
ゲームやってないから、動かなくてもあまり問題ナッシンw

2005年07月10日

各種ネットゲー撤退準備

不思議なもので、一旦離れると再開する気が起きないネットゲー。
やっとこさ重い腰を上げ、預かり物や届け物を済ませたので、今月末で今契約中のネットゲーは全て解約かな。もう膨大な時間を必要とするネットゲーはできない体になってしまった気がする(苦笑)。以前であれば、次のゲームを考えるところだったのだけど、そういう気にならないな。魅力的な世界もないし、どこにいっても大陸のほうのアレが絶対いるから気分悪くなること請け合いだし。

一番の思い出はやはりUO時代かなぁ。あの頃は、いい意味で殺伐としてて、ブリタニアでの生活が日々熱かった。

2005年06月11日

うー、無茶苦茶後味悪いw

ロマサガ2周目プレイ中。
1週目はほぼノーヒントに近い状態でクリアしたので、2周目はできる限りのことをやってクリアを目指そうとしてる。

で、今回は、ディスティニーストーンをできる限り集めて(光のダイヤは無理なようだ)、最終局面も3通りともやる方法にチャレンジしてみようと。当然、冥府にも行くわけだが……。

そのために手っ取り早いのはやはり、ガラハドぶっ殺しちゃう、なのよねぇ(汗)。

時間をかければ殺さずにもいけるのだろうけど、さすがにその気力はないので、ざっくりガラハドからアイスソードを没収(苦笑)。無事冥府へのルートを聞くことができたのだけど…………………………………………………………



無茶苦茶後味悪い(滝汗



なんというかもう、今すごく凹んでます。
ゲームとはいえ、ここまでヒデェことしてまで3地点制覇目指す俺って、みたいな(泣)。



たかがゲーム、されどゲーム。あぁ。

2005年06月01日

ロマサガクリア(苦笑

GWが明けてからすっかりとまっていたロマサガ、やっとクリア。なんというか、ダークな雰囲気がほどよく盛り込まれた、いいストーリーだったなぁ、とかいまさら思い出してみたりw

ちなみにグレイでプレイ。最後まである意味マイペースな野郎でした。こういうキャラ、嫌いじゃないね。

というわけで、かなりおススメ。SFC版やった人も、まったくの未体験の人も、ぜひ遊んでみてほしい1本。





ただし、やりこみだすとかなり時間かかりますwww
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。