2009年09月20日

クランク……w

久しぶりに使うが

iyh.jpg

やっちまった(苦笑)。今回はAmazonではなく、ヤフオクなのだが。



ブツは……

00.JPG

フルクラムのRacing Torq、しかもミドルグレードのRS(滝汗)。予定というか妄想というかよりも1ランク上になっちまった。ただし、クランクとBBカップのみのチェーンリングなしだったので定価の1/3以下だったため、手が出せたのだ。パチでちょうどそのくらいの額の臨時収入があったので、渡りに船。

>> 諸々あって今回かなり長文
posted by Yas at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

フロントフォーク交換

某所にて、格安の中古フロントフォークをゲット。GIANTの製品(かつてはパーツの小売もしてたんだな)。型式としては4年落ちだが、今のフォークより軽くて状態も悪くなく、どう違うもんなのか&見た目的にも興味があったストレートタイプだったので、割と即断即決。

P1030079.jpg

ちなみに、コラムが20cm残った状態で、314g。Espresso標準のフォークは、コラム20cm状態で540gだった……。スターファングナットからヒラメのマルチプレッシャーアンカー(実測35g)に交換してちょっと重くなるかもしれんが、それを鑑みても190gほど一気に軽量化できちゃう。出費は、プレッシャーアンカーと合わせて1万2000円ほど。3Tのフォークを買おうかと思っていたことを考えると半額以下の投資。今の財政状況にちょうどいいw

チョー面倒だったのが、ヘッドパーツの下玉押しをどうするか問題。フォークを入手した後、何件かのショップに寄ったものの「下玉押しだけの在庫はない」の回答ばかり。ヘッドパーツ丸ごとだったらある、取り寄せで1週間強、とかそんなのばっかりだったので、自力で下玉押しを旧フォークから外し、自力で新フォークに下玉押しを圧入する覚悟を決めたw なんでも自力www

例によって作業中の写真はないのだが(苦笑)、壊れてもいいや的な刃薄のマイナスドライバーを下玉押し底面の隙間にあてがってハンマーで叩き、少し叩いたらポイントをずらしてまた叩き……と少しずつ少しずつ慎重にドライバーを叩き込む。かなりがっちり入っていたので心が折れそうになったがw、しばらくすると手ごたえに微妙な変化が現れ始め、結局、30分くらいで比較的きれいに外れた。

で、圧入。専用工具なんて当然持ってないので、Webの情報を頼りに、塩ビパイプを買ってきて叩くかー、と考えていたのだが、ためしにどこまで素手で入るもんなのかと、コラムに下玉押しを入れてみたら、ちょっと力を加えてやっただけでヒジョーにあっさりはめられてしまった(汗)。中古で過去に着脱したことがあったから楽だったのかも。

それから、フォーク交換時にブレーキキャリパーを取り外すことになるので、この機会にってことで、ワッシャーをDURA-ACEのギザワッシャーに交換してみた。走り自体にはほとんど影響ないだろうが、ずれ防止とか気分対策とか(苦笑)。

IMGP1970.jpg

完成。ずいぶん雰囲気が変わって見えるな。なお、ペダル抜き重量はとうとうおよそ7.1kgまで来た。精密とはいえない計測なので当てにはならんが、手に持った感じからも前輪側の軽量化がわかる。

整備も終わったし、さっそく感触を試してみるか……と思ったら、雨気味でやんの。まぁ、明日ゆっくり遠出して試してみりゃいいや。どうだろうなー!

20090912_espresso.jpg

posted by Yas at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

FD替えてみた

先週、仕事帰りになるしまに寄ったら、「型落ち新古品」とのことで08Chorusがものすごく安く売っていたので即購入。09Centaurレバー+Ultegra SL FDでもさほど操作感や性能に不満はなかったのだけど、「09レバーはカンパFDのほうがいい」という情報も多数だったので、自分でも試しておきたかったので、まさに渡りに船。

IMGP1885.jpg

セッティングやら調整やらは特に悩ましいところはなく(しいて言うなら、振り幅調整ネジの頭がうちにあるプラスドライバーたちと微妙にサイズが合わなくて困った、ぐらいw)、ワイヤーも張り替えるまでもなく乗せ変え完了。拍子抜けするぐらい楽勝(苦笑)。うーむ、たしかに09レバーと組み合わせるとしたらシマノFDよりセッティング楽かも? でもまぁ、それほど差はないか……。レバータッチは若干ではあるけどUltegra SLのFDより軽くなったかも。劇的とまではいかないけど、それなりに効果あり。変速性能に関しては違和感なし。でもこれはシマノのチェーンリングの歯設計の賜物なのだろうか??

09のFDだともっと違うのだろうか? とかいう疑問もあるが、ここまでの性能が出ていれば十分だし、なによりも1世代落ちとは言ってもChorusなわけだし、FDについてはこれにて決着ということにしておくか。キリがねえ(苦笑)。

IMGP1896.jpg

ついでにバーテープ替えてみた。人生初SILVA(ただしコブラ柄)。汚れにくそうで手触りも好み。当面これで行く予定(一体何度目の宣言だw)。


090822_espresso.jpg


posted by Yas at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ハンドル回りをさらに調整

何気にまだまだハンドルセッティング悩み中でした(苦笑)。

今回は写真を撮りながら煮詰めるぜ、と思っていたのに、作業をやり始めたらすっかり吹き飛んだ……w

fig01.jpg
改めて説明すると、ハンドルを3T Ergonova TEAMに替えてから気になっていたのが、図の赤枠部分、ブラケットの付け根の角。ハンドルの肩からドロップ部にかけてとこの角との部分に微妙な段差や隙間ができてしまうので、ブラケットを持ったときにどーにもこの角が手の平に当たる感触にとても違和感を感じていたのだ。

前回、手が大きい人向けスペーサーをかましてみたら意外によかったわけだが、これはレバーがちょいと遠くなる。指が届かないほどではなかったので、そのままでもよかったのだが、やはりできればスペーサーなしで解決したく。そこで、スペーサーは使わず、ハンドルバー自体の取り付け角度をしゃくり気味に調整し(バーエンドが地面と水平になる程度までしゃくってみた。ハンドル肩はだいぶ前下がりになる)、ブラケットの取り付けを、ハンドル肩からブラケットにかけてをフラットにすることに拘らず、クラシカルな丸ハンにカンパレバーをつけるときのような角度(ハンドルの肩とブラケットにかけてで“谷”ができる感じ)にしてみた。下のような感じ。

fig02.jpg
※このセッティング時の写真を撮り忘れてたので、Photoshopで再現。

ブラケット付け根の角は全然気にならず、スタイル的にもそんなに悪くはなかったのだが、先日のレース当日を含む2日間みっちり乗ってみたところ、ブラケットまでの距離はちょうどよかったものの位置がおいら的にはやや低すぎる感じで、姿勢維持がちょっと疲れる。あとやっぱりハンドル〜ブラケットの上面はフラットになってたほうが個人的には快適かなぁ。

で、ハンドルのどこを持っても破綻が来ない程度に送り気味にハンドル角度を調整し、ハンドル肩〜ブラケットは水平になるようにしてみる。これだと前述の通りブラケット付け根の角が当たるので、古いバーテープの切れ端を、隙間を埋めるように差し込んで固定してみた。以前にもちょっと試してあまり上手くない感じになっちゃった方法だったのだが、今回は試行錯誤の末非常に上手くいったようで、違和感が全くなくなった。今度こそベストセッティングになったんじゃねーかなぁ。

fig03.jpg
※これは実物。今度こそベストか??


そうそうそれから、ずっと死蔵していたけど最近復活取り付けしてみたものがひとつ。

IMGP1873.jpg
今は亡き? ITMとPolarの企画モノ、ITMのステムと組み合わせて使うCS200/400用マウンターを取り付けてみた。ちょっと3Tロゴにかかっちゃうんだけど、ほぼジャストフィット。ステム本体に取り付けた場合よりも視線に無理がないのでとてもいい感じ。クランプ部分の剛性感にもおいら程度のパワーでは全然問題はなさそうなので、当面このまま使ってみるつもり。

20090804_espresso.jpg
※というわけで、今日の時点での完成形。これでしばらく乗ってみるとしよう。

追伸。白いバーテープは汚れるのが気になって仕方がないので使うのをやめました(苦笑)。なお、どこのバーテープを長期愛用していくかも試行錯誤中。今はフィジーク。手触り自体は悪くないが、端が薄くめくれそうな感触がちょっと気になる。PROに戻るかも。

 
posted by Yas at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ハンドルをアップグレード

今回はまさにアップグレードという言葉が相応しい。

IMGP1801.jpg

一見全然わからんのだが(苦笑)、3T ErgonovaのPro(アルミ)からTeam(フルカーボン)に交換。ワンランクアップ。Wiggleに在庫が復活したのとポンドがまたちょっといい感じになりつつあったのが重なったので即決した。

交換の理由だが、フルカーボンハンドルにしたかったというのももちろん大きいのだけど、ErgonovaのProとTeamおよびLTD(フルカーボンの超軽量版)とでは、ドロップ部の形状がカタログ上の数値こそ同じなのに実物ではずいぶん異なっていて、どーもProの形状は納得いききらなかった、というのが大きい。過去の写真と比べてみていただければ一目瞭然だが、Proは曲げが若干浅く、Teamは深い。どちらも今流行のいわゆる“エルゴシャーロウ”タイプといってよい形状だと思うが、個人的にはTeamのほうが好みの形。

で、取り付けたのは7月の頭だったんだが、セッティングを煮詰めるのに意外と時間がかかってしまった。どーもエルゴパワーレバーのブラケットの付け根、手の平がちょうど乗っかる角の部分に違和感があるわ、ブラケットとハンドルの間に微妙な隙間ができるわ、といった部分が調整しきれず。シフトワイヤーのルーティングを変えたりバーテープの巻き方を工夫したりしてもダメ。

そんな折に、エルゴレバーに付属しているブラケットの角度を変更するスペーサーの存在を思い出す。手の大きい人向けのスペーサーらしいのだが、こいつをかましたらブラケットからハンドル肩のラインが違和感なくスッキリ。これが正解くさ!! この手が大きい人向けスペーサーを入れると、若干下ハンからブレーキレバーが遠くなるのだが、俺的には操作性に違和感なし。2週間ほど試行錯誤した甲斐があったかな。

090711_espresso.jpg
 
で、交換してからすでに400kmほど走ってみているが……軽くなったこと以外には、まだこれといってカーボンハンドルの効果のほどは体感できていないかも(苦笑)。

IMGP1804.jpg

そうそう、ついでに、Dixnaのドロップエンドライトも付けてみた。トンネルが多い地域や、夜明け前に出かけるときなどの対策、ってところかな。ここ1ヶ月ぐらいの伊豆ロングやら奥多摩やらで必要性を感じたのでね。いつも付けてる後方灯と合わせ、適度に目立ってくれるといいなぁ。

posted by Yas at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

79DURAチェーンのクイックリンクが発売中止中

2か月も気付いてなかった……(汗)。

なんとなく諸々調べ物をしていたところ、シマノDURA-ACE 7900のチェーンに付いているクイックリンク(SM-CN79)が、5月以来発売中止になっているらしい。ここの部分だけが他に比べ早期に伸びやすい、ということが理由らしいとか何とか。販売店には従来通りコネクティングピンでつないでね、と通知が回っているそうなのだが、一般消費者には特に告知がないような?

リコールというほどのものではないかもしれんが……いい気分はしないなぁ。使用距離は3000kmを越えているので、つなぎ直しておくかな。


posted by Yas at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ホイールのベアリングその後

フリー側のベアリングを装着するのにかなり苦労したが、どうにかこうにか作業完了。当初は打ち込もうとしていたのだが、圧入じゃないと厳しいわぁ。EASTONのWebに載っている圧入方法が比較的いい感じ。

http://www.eastonbike.com/TECHNICAL/ROAD_WHEELS/R4_R-bearing_install.html

これを参考に、手持ちのスペーサーとかを組み合わせてインストール。普通のクイックを使うより、アーレンキーで締められるスキュアをペンチとアーレンキーを使ってオモクソ力をこめて締め上げるとスカッと入る。が、スキュアはその作業時にオシャカになってしまった。まぁ仕方あるまい……。


新品だからさすがに回転が滑らか♪ でも実走してないから実際の感触は不明(苦笑)。てか元々実走ではほとんど不快感なかったんだよなぁ(苦笑)。


面白かったからヨシwww
posted by Yas at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

ブレーキを替えてみた

伊豆ロングに行く前の話になるのだが。

エルゴパワーレバーに交換したのを機にブレーキアーチも替えてみようかと思っていたのをサクッと実行。どこのアーチを買うか諸々悩んだ末――

mavic_breaks.jpg

カンパではなくマビックにしてみた。カンパのDスケルトンブレーキの見た目もいいなぁとも思ったのだが、マビックはシマノやカンパと違って板バネを使っているというオリジナリティとタッチの軽さ、シマノのブレーキシューが使えるランニングコスト的な優しさ、といったあたりが決め手になった。

NOKONとCLARKSのインナーを愛用していることもあり、レバーの引きに元々さほどのストレスは感じていなかったのだが、マビックに乗り換えたらさらにまた軽くなった感じ。ブレーキ性能に関しては、今までのUltegra SLは結構ガツンと効く感じだったのだが、それに比べるとマイルドな効き方で扱いやすい、という印象。今のところ効かなくて怖いとか効きすぎて怖いとか、そういった恐怖感は全くなく、性格が違うブレーキに替えたことによる戸惑いもあまりない。黒いテカテカの外観はやや微妙かもだが(苦笑)、全体としては非常にお気に入り。

浮いたUltegra SLブレーキは、Max Carbに移植して暇なときに組み直そうと思っている。
 
>> 気がかりごと……
posted by Yas at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

シマニョーロ化!!

09centaur02.jpgというわけで、Wiggleからカンパの09Centaurレバーが届いたので、富士ヒルクライムまで1週間を切ったというのに乗せ換えた(汗)。こんなタイミングで大規模なパーツ交換なんてするべきじゃないのだろうけど……

せっかく届いたパーツなんだから、やっぱり本番で使いたいじゃんw

とはいえ、現地でトラブルってのはシャレにならんので、朝練である程度乗って、問題点があれば洗い出そうとは思っている次第。今時点では、ワイヤーの初期伸び対応ぐらい。

とりあえず、朝練でまめに握って慣れていこうと思います。
てかもうほぼ慣れた。すげー使い心地いいわ♪ 乗り換え正解。
 
>> シマニョーロ化についてちょっと細かい部分を追記
posted by Yas at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

布石到着

富士ヒルクライムに向けてというか。
いよいよシマニョーロ化に向けて始動。

shiftmate.jpg

金曜に注文したシフトメイトがもう到着。
イトーサイクルすごいぜ。爆速対応。


あとはUKからエルゴレバーが届けば作業開始。
発送はされているみたいなので、週明け早々着かな?
 
posted by Yas at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

サドル戻してみた

数日前の話だが、見た目的にどうしようかと思っていたサドルは、すっきりしたシャープなデザインがお気に入りのPrologoのNagoに戻してみた。Flite Gel Flowに比べると固いわけだが、元々尻的には長時間乗ってもなんの不都合もないので、やっぱりこっちのほうがいいかなぁ。少なくとも佐渡ロングライドはNagoで行く予定。

090509_espresso.jpg

愛車詳細はこっちにて。
 

posted by Yas at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

サドルに悩む

新車になって2週間ほど経過したが、パーツやらセッティングやらまだまだ調整中。ここんとこでいじったものとしては大きく2つ。

20090425_espresso.jpg

・ハンドルを3T ERGONOVA PROに交換
PROのPLTコンパクトはお気に入りだったのだが、ステムを3Tにした手前、やはりハンドルも替えておきたいなと(苦笑)。リーチが若干変わったが基本的に形状は近い――つもりだったのだが、実際取り付けるとやはり角度やらSTIレバーの位置やら、気になる点は多い。フラットトップなこと、トップからドロップへの角、肩部分の自然な握り味がかなりお気に入り。持ちやすいわ〜。

ちなみに、直前までカーボン製の上位モデル、TEAMにするつもり満々だったのだけど、手に持ったらびっくりするほど軽く、それが逆に怖くなってしまったため、アルミのPROにした(汗)。


・サドルをSELLA ITALIAのFLITE Gel Flowに交換
黒フレームに白バーテープとしてみたので、白いサドルがいいかなみたいな(ミーハー)。たまたま安かったことと、定番といわれるサドルをいままで使ったことがなかったので買ってみた。

定番といわれるだけあって、座り心地は悪くない。もっとも、あまりサドルが尻に合わないことがない俺ですが(苦笑)。ただなぁ。えーと、「見た目がちょっとやぼったい」んですわ……。今まで使っていたPrologoのNagoに比べると、なんとなくドンくさく、レーシングサドルにあまり見えないw 総合的には素敵サドルなのだが、その見た目の都合だけで元のサドルに戻しかねない勢い(滝汗)。


さーて、どうしたもんか……。
posted by Yas at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

突然だが、フレーム購入(滝汗)

掘り出し物っぽいなかなかのフレームに急に出会ってしまったので、若干悩んだのち、ホントに唐突だが購入してしまった。

090412_espresso.jpg

えーと、ナショナル自転車工業改めパナソニックサイクルテックの「エスプレッソ」。08モデル型落ち特価で8万円強。次もFondriestがいいとかColnagoが欲しいとか色々書いた気がするけど、値段とスペックを見てしばし悩んだのち、さくっと考えを切り替えたw 10年以上の相棒であるLet'snote、ほかにもDIGAやDVD-RAMドライブ、などに引き続き、何とはなしにパナソニックグループとは縁が深い(苦笑)。

春のイベントがぼちぼち始まるわけだが、新車で気持ちよく参加できそうで幸せナリ。
 
>> 感想諸々
posted by Yas at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

Nokonワイヤー導入

世のシマノSTIレバーユーザーの何割かが確実に気になっているであろう(かつそのうちの何割かはコンプレックスになっているのかも)ものが、触角状のシフトワイヤーw カンパやSRAMの場合、シフトワイヤーもブレーキワイヤーと同様にハンドルを這わせるので、触角がなくてすっきり。79DURAではついにこの触角がなくなったわけだが、今時点で俺も気になって気になってしょーがない。それのためだけにカンパやSRAMに移行したいくらいに気になる(病的)。

つーわけで、こいつを何とかする処方箋として、一昔前にプロの間で若干流行ったNokonのシフトワイヤーを使ったワイヤリングを導入してみた。すなわち、ウルリッヒとかツァベルとかがやってたアレ。去年のどこぞの雑誌でY'sの新宿マニアックが紹介されたときにも取り上げられてましたな。

問題は「ワイヤーセットのくせにとんでもなく高い」こと(汗)。日本で普通に買ったら、DURAワイヤーの9倍ぐらい。また、当たり前だが触角が完全になくなるわけではない(無理矢理曲げてハンドルに這わせるだけだし)。この2点からちょっと二の足を踏んでいたのだが、未曽有のポンド安と、何でもいいから自転車いじりたいという狂った精神構造により、ついに踏みきった。

で、完成形はこちら↓

IMGP1638.jpg IMGP1648.jpg

IMGP1641.jpg IMGP1644.jpg

ブラケット部にニョロっとしたのが残っちゃうので、すっきり度(?)は50%ってところかなぁ。それでも従来に比べれば大幅前進。トータルの見た目はかなりうっとり感高し。

変速の調子とかレバーの操作感は特に変化なし。よい評判を見かけることの多いブレーキもCLARKSとそれほど変わりがない気がする。CLARKSはやっぱりよくできてるんだなw このクソ高いケーブルで変化なしかよとかいう気がしなくもないが、特にシフトについては、こんな無茶なワイヤリングしておいて変化がないということがすごいこと。見た目のスペシャル感も一級品なので、なかなかインパクトのあるパーツではある。とはいえ、国内で買うのは高すぎる。海外でも決して安くないけど……。

なお、セットアップはとにかく面倒。手間暇がかなりかかるので、自分でちまちま追い込めない人は、素直にプロに頼むか、こんなクソ高いケーブル使わないかしたほうがいいだろうな。ドレスアップパーツとしては満足度が高くても値段が高すぎるので、微妙と言えば微妙なパーツ。性能だけ考えるなら、純正ケーブルまたはちょっと奮発してCLARKSで十分すぎると思うねぇ。


ま、面白かったしうっとりなので満足ですwww
それが一番重要なのですwwwwwwwwwww
 
 >> セットアップの感想
posted by Yas at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

ホイール新調――また台湾ブランドですが何か?

空前のポンド安でUKホイール市場が狂った事態になっていたり、東京都西部でもかなりDURA-ACE WH-7850C24-CLの在庫を見かけるようになってきたりしていたため、急激かつ猛烈にホイールを買い替えたくなっていたわけだが(苦笑)、そんな折に、某所にて、NOVATECのSPRINTを見つけた。去年の前半なら爆安だったけど、今は値上がりしちゃったからな〜……と思って値札を見たら、何と旧価格。マヂカヨ。店員さんに話を聞いたところ、「OEMで腕を磨いてきたメーカーだから、性能は保証できます。対抗製品は、シマノなら7850C24、カンパならNEUTRON Ultra、あとはEASTONのEA90 SLXあたりですかねー、ってぜーんぶ値段倍ぐらいですけど」だって、おもろいやんけ(爆)。そんなわけで購入してしまったwww

0901_newwheels.jpg
んー、見た目は、まぁ、あれだ、うん、なぁ(苦笑)。WH-R550ぐらいじゃねえかな(滝汗)。

ただし! 乗った感じは極上。5万円のホイールとは思えない軽快さ。手で持って軽く、乗って軽い。ハブもよく回る。リム高が23.7mmでこれまでのXEROのXR-210より若干低くなり、エアロスポークからストレートスポークになったけど、これといってその影響はなさげ。まぁ、俺ごときの脚と巡航速度じゃ2mm弱&スポーク種別の差なんてないも同然だな。ラチェット音はXR-210よりさらに素敵なカチカチサウンドで、ちょっとカンパっぽい。つーかハブ自体が少し前のカンパに似ている気が。そんなことねーかな。

で、家の秤で重さを計ってみたのだが(アナログ秤なので精度は微妙)、これが謎。軽いは軽いのだが、輸入代理店のアクションスポーツの発表値とも、NOVATEC本家のカタログ掲載値とも近くないwwwwwなんだこりゃwwwwwwwww

フロント=実測:630g(リムテープ込み)、アクションスポーツ:598g(リムテープ込み)、本家カタログ:660g(条件不明)
  リア=実測:845g(リムテープ込み)、アクションスポーツ:800g(リムテープ込み)、本家カタログ:830g(条件不明)

本家カタログ値には近いと言えば近いか。輸入代理店が一番ウソを言ってそうな気がする(汗)。リムテープ抜き重量じゃないかなぁ。いずれにしても、5万円強のホイールとしては破格ではある。ただ、値上げ後の7万円強だったら……あまり買いじゃないかも。これに7万出すなら、あと3〜4万足して7850C24を買ったね、おそらく。ま、いずれにしても俺程度の貧脚じゃDURAホイールとか恥ずかしくて使えませんがねwwwwwwwww「あのオッサン、DURAホイールなのにおっそ!(プゲラ」と言われる(という被害妄想)のは耐えられません(苦笑)。


そんな感じで、まだまだ芯から冷える季節ですが、何気にモチベーションが上がってきたですよ。どこに向かうモチベーションなのかは相変わらず謎ですが。
posted by Yas at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

ひっさしぶりにR3をきれいに整備

注油と空気圧チェックぐらいはもちろんしてたのだが、年末にちょっと手間をかけて整備。この機会にってことでいじったポイントは……

1)シフトとブレーキのワイヤーをCLARKSに
2)ブルホーンハンドルにブレーキワイヤーを「無理なく」通すための穴をぶちあける
3)サドル交換、併せてバーテープも色変更

こんなとこ。

1)はMax Carbのほうでタッチが気に入ったこととメンテナンスフリーでかなり持つという評判から。R3は屋根こそある場所だけど屋外に置いているので、こういうところぐらいは気を遣ってあげないと。でもアウターはCLARKS高いからパス(苦笑)。

2)は以前からやろうやろうと思って放置していたところ。ブルホーンハンドルにSTIレバーを付けると、どうしてもブレーキワイヤーの取り回しに無理が出てきてしまい、ブレーキタッチが悪くなったりハンドルを握った時にワイヤーが気になったりしやすい。うちの場合も同様だったが、「ミニVだしこんなもん?」ぐらいにしか思ってなかった。が、時間がある程度取れたし、ワイヤー張り替えるついでだし、ちょいと情報を集めて思い切ってやってみた。

ワイヤーを通す位置を決めてからドリルを使ってハンドルに穴を開け、意外にアウターがすんなり通らなくて苦労したりしつつ完成。しばし調整してみると、これがびっくりするほど快適! なんだこりゃ〜、こんなにタッチがよくなるもんだったのか(苦笑)。引きも戻りも極めて快調なので、こんなことならさっさと穴ぁ開けときゃよかったと後悔……。

強いて難点を言うなら、ヌルっとした効きだったころに比べると、本来のVブレーキ的なストッピング性能になるので、ロードのブレーキみたいな感覚でレバーを操作すると結構危険、というくらいかw 非常に気に入ったので、カンチブレーキ化は封印してしまおうかと思う。

3)については、完全に見た目だけ。エセ最近流行のカラーリング。ちなみに、サドルはSELLE ITALIAのXO。R3はレーパンなしで乗ることがほとんどなのだが、XOはレーパンなしでもOKっぽい。

20081230_r3.jpg

リフレッシュしたR3、見た目も乗り心地も意外といいな〜。通勤の関係で、ワイヤー錠をマウントしてたり泥除け付けてたりするのが微妙に嫌だけど(苦笑)。
posted by Yas at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

海外通販荷物キター!

20081222(1).JPG世界的な不況に見舞われておりますが、アレな自転車乗り的には、対円ポンド爆安の今、イギリスの優良通販サイトが狙い目だったりする。諸々資金難なここ最近だが、ワタクシもちょっとだけこの祭りに乗ってみた。欲をかけばいくらでもほしい物はあるんだが、初利用ということもあるので、今回は控えめ。

・TOKENのセラミックベアリングBB。国内でITAサイズが見つからなかった……。
・PROLOGOのサドル。同社名物のCHOICEではなく、シンプル軽量なNAGO。安かったのでw
・PROのPLTシートポスト。シートポストだけLTのままだったからwww
・POLAR Sシリーズ用スピードセンサー。後輪で計測できるというので。

20081222(2).jpg

そしてすべて共通の理由、「安くて在庫がほぼ確実」。買い物でなによりも重要なことだよな。うーん、日本の代理店ってかなりヒドいかもしれん……。

注文アリガトすぐ送るよメールの到着(即日処理だった)から約10日。クリスマス休暇目前でかなりAIR MAILが混み合ったようだが、なんとか連休前に到着。荷物無事、梱包ミスもなし。当たり前のことだけど、事故がなくて本当によかった(苦笑)。

愛車まとめも更新。


>>続きを読む
posted by Yas at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

次のフレームを妄想したり。

フレームをすぐにでも買い替えたい、という欲求は実のところ今はあまりないんだが、これがほしーかもなーみたいな将来的な野望というか夢というかならあったり。

102705.jpg←の写真はCYCLINGTIME.comより

実は次もFondriestが欲しいのだ(笑)。最初はなんのこだわりもなく買ったんだけど、なんかブランドに愛着が湧いちまったんだよなぁ(苦笑)。しかも、カタログやらレポートとかを見た印象は、かっちょよくて美しい。トップグレードは無理でも、2か3番目あたりを……

といっても、現状は日本に代理店すらない。近い将来、状況が好転していることを願うばかり。
 
>>そーいえば…
posted by Yas at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

大幅なアップデートはありませんが。

ホイール交換以降これといってアップデートネタを書いていなかったりする自転車たちだが、9月に入ってから細かいところをちょこちょこアップデートはありました。見た目にも走行にもほとんど影響はないけど、安心感が多少アップした感じ? みたいな?
 
 
>>続きを読む
posted by Yas at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

久々にちょっと大きなスペック更新

ホイール新調しちゃったw XEROというブランドのXERO LITE XR-210

P1020228.jpg
※DMC-FZ35
※全体像はこちらで。

えー、やっちまったというかなんというか(苦笑)。これまで使っていたWH-R550、決して悪いホイールではないし値段からすればむしろよくできたホイールなんだけど、見た目は地味だし軽いわけでもないし、いずれは交換したいところではあったのだ。なんというかこう、すでに飽きてたんだなw

で、新しいホイールは1640gのセミエアロタイプで2万9000円。超やしい。シマノだと悉く在庫欠品中のUltegraクラスのホイールを某SANAにて爆安購入した値段よりも安くて軽い。店頭で見た感じではリムサイドの地味さがうーんどうなんだろって感じだったが、家に持って帰って取り付けてみると単体で見るよりも意外にかっこよかったのでちょっと嬉しいw

週末に都合150km弱走ってきたのだが、裏ヤビツや城山湖には行ってないので、厳しい登りでの軽さについてはまだ未知。宮ヶ瀬周回時の半原日向からの登りでは、軽くなった気もするけどそれ以上にそもそもの登りの厳しさがそれを上回っているので(エンジンの性能がもっと良くならないと……)、評価しようがねえww 串川沿いのダラダラ登りでは以前よりタイム短縮。とはいえ、このルートはいつも計測する目的で走っているわけではないので、単純に評価はしにくいか? 明日の朝にでも城山湖を登ってちょっくらポテンシャルを探ってみるか。

平坦では前より楽に回せているようで、同程度の身体への負荷でも巡航速度、ケイデンスともにややアップした模様。宮ヶ瀬を周回したときは寝坊してしまってとんでもなく暑くて半原日向で大失速してしまったのでタイムには現れなかったが(苦笑)、高速コース部分ではいい感じにペースアップしていたと思う。

あと、ラチェット音はWH-R550に比べるとかなり大きい。人によってこれをどう捉えるかはいろいろあるのだろうが、カンパとかのラチェット音にちょっと惹かれていた俺的には嬉しい限りw 今までほぼ無音でつまんなかったからな(変?)。剛性が高めで路面からの振動は結構来ると店で言われていたとおり、WH-R550よりごつごつ感があるものの、PRO3 RACE+R-AIRだとおいら基準では気にするほどのものではない感じ。ダンシングやコーナーでの剛性感はそもそも元からよくわからん。ということは、やはり高級ホイールは俺には分不相応ということなのか。

なんにしても、ホイールが新しくなったことで走るモチベーションはまた上昇。暑くて厳しい季節になって来たけど、早起きして練習しよう。
 
 

>>余談というか買うに至るまでの話
posted by Yas at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。