2009年08月29日

【走行記録】手探り中

ヒルクライム連戦がひと段落してしまい、微妙に練習の的が絞りにくい感じ。それもあっての練習コース検討だったりするのだが、新パターンが2つほど固まってきた。

・8/18(朝練)……20.3km /LSDレベル、メイン部やや起伏
コースは小倉橋〜高田橋往復。登りTT用の城山湖に対して平地TT用がこのコースって感じ。多少の起伏をこなしつつ高速巡航ってのは、おいらのダメなところのうち特にまるでダメな部分なので、ケイデンスとトルクのバランス、ペダリングや上体のフォームなんかも自己観察しつつ走るのにこのコースはよさげ。

・8/20(朝練)……17.4km /TT+テンポ走
城山湖。いつもは東コースTT1本か南コーステンポ走1本だけなのだが、早めに朝練に出れたこともあり、思いつきで各1本ずつ走ってみた。キツい(苦笑)。2本目とか泣きそう。が、このキツさがいいパワー練になるのではとも思うので、きっちり早起きできた日は2本乗るようにしたい。

・8/21(朝練)……15.2km /リカバリー走、メイン部ド平坦
前週にも試してみたキャンプ場近隣の中州周回コース(1周約1.3km)を改めて。全力疾走するような広い場所ではないが、無用な邪魔や障害もほとんどないので、低心拍で楽走するリカバリー走向けか。ぐるぐる回るのは精神的に苦痛だが(苦笑)。

・8/23……124.9km /LSD、ほとんど平坦
22日は完全休養。なんとなく疲れも残ってたし、メンテもしたかったし。
で、23日は、急きょ思い立ってお台場にガンダムを見にいってきた(爆)。コースは終始ド平坦。お台場までは休憩なし。お台場でガンダムを見物した後の帰りは気温が高くなってきたこともあって、府中あたりで小休止。1年前だったらこうはいかなかっただろうなぁ。6時ちょいすぎに出発して、12時ちょいすぎに帰宅。ちょうどイイね。

P1030041.JPG
肝心のガンダムだが、ディテールまでかなり作りこんであって期待以上だったかな。もっとハリボテっぽいもんかとおもっていたので(苦笑)。ビームライフルを持たせておいてほしかったなぁ。ガンダムハンマーでもいいけど。

P1030049.JPG P1030059.jpg


7月8月はそれなりにストイックに乗れた気がするが、そのせいでちょっと申し訳なくなる話もあったので、上手くバランス取らなきゃいかんね(苦笑)。


posted by Yas at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

【走行記録】レース週は軽め

先週は成木だったので、それ以外の日は低強度にて。とはいえ、無目的ってのもしょーもねーので、今後の練習に使えそうなコースを検討しつつ。といっても、朝練に出向ける距離の道で未開なところなんて今更ないわけで、要は知っている道を上手く組み合わせてアレンジしよう、的な。

・8/12(朝練)……18.1km /リカバリー走
・8/13(朝練)……12.3km /リカバリー走
・8/14(朝練)……20.2km /リカバリー走

月〜火は仕事の関係で全休。コース的には、(1)相模川沿いの小倉橋〜高田橋(この日は高田橋から直帰したが、練習としては往復がよさそう)、(2)相模川沿いのキャンプ場周辺の平坦路、(3)津久井湖周回〜短登坂で串川〜小倉橋〜帰還、といったところ。

(1)はかなり有力と考えていて、相模川沿いの道への出入りに1km弱の坂道があるほかは、下流に向かってわずかに下り傾向+多少のアップダウンという高速コース。富士チャレ200に向けてある程度のスピードも身につけなきゃいけなさそうなので、この道は上手に使いたい。

(2)は惜しい。川沿いの一応通行規制している直線道路や中州の周回コースは平坦で路面も悪くないのだが、いずれも早朝は釣客や犬散歩客が不意にいたりするためちょっと怖い。高ケイデンス練とかには便利なんだけどなぁ。ここも出入りに1km弱の坂がある。こっちは見通しが非常によいのでちょっと使い勝手がいい。

(3)に関しては後半がかなり余計だった(苦笑)。こんなコース設定では何の練習に役立てるのかまるで不明瞭なので、使うとしたら津久井湖周回のみ、アップダウンを生かした練習かな。

・8/15……94.4km /LSD、ほぼド平坦
相模川沿い〜小田原厚木道路側道〜大磯〜県道63〜相模川沿い。県道63のアップダウン以外は極めてド平坦。翌日はレースなので、無理追いはせずほどほどペースで気持ちよく。ちょうどいいぐらいの疲労感で終了。100kmにちょっと足りなかったが、熱いから無理w

・8/16……103.4km /レース(下山含め都合18km)+行き帰りLSD程度
奥多摩湖よりも成木のが近いし道も楽だなぁ、みたいな感じ(笑)。全イベントが終了した時間が14時台だったので、帰り道は結構つらい暑さだった……。


イベント/レース関係はここでひと段落。10月末まで間が空くのがちょっと惜しいなぁ(苦笑)。ま、しっかり乗りこみますか。

posted by Yas at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

TOKYOヒルクライム NARIKIステージ 終了〜(疲)

というわけで、
P1030008.JPG
TOKYOヒルクライム NARIKIステージに参加してきた。現状のベストは尽くしたつもり。今の俺にはこれ以上は無理(苦笑)。

コースはこんなところ。


4.4kmくらいのコースなので、勾配図をぱっと見ただけではちょっとわかりにくいのだが、最序盤400mくらいの集落地帯を抜けたあとはほぼ斜度10%平均ぐらいになる。キツい具合は和田峠に近い感じ。

日中の交通量が多いOKUTAMAステージとは違って、集落地帯を抜けてしまえばおそらく普通の休日の交通量は皆無に近いであろう道路なので、スタート時刻は10時とゆっくり目で、受付も当日。プロセス面での参加しやすさという意味ではこっちのが上だが……なにしろコースは鬼だ(苦笑)。あたしゃ事前に試走もしてあり、どのくらいアレかよくわかっていたので、正直「順位云々どころじゃない、今回は完走すら怪しいかも……」などと思ってもいたのだが、受付広場で回りを見渡すと、意外にユルめの参加者も多い(苦笑)。つーか、明らかにコースとミスマッチは装備の人も多数(苦笑)。装備を生かせる本当に速い人もいらっしゃったんだろうが、むしろ足かせになってそうだった人も結構いたな……。

レースはこのコースを2本走るというもので、1本目は45分の足切りのみでタイム計測はなし、順位決めは2本目のタイムで行なう。とはいえ1本目に変なペースで登るのも2本目に悪影響あるかもと思ったので、余力を残しながらも緩みすぎないようにして、コースのチェックをしつつ淡々と登る。コースコンディションはかなりよく、まともなラインをまともに走っていれば俺自身のトラブルは起きないはず(前半に一部路面のひび割れが怖い箇所があったかな)。

1本目を登っている最中に感じたのだが、以前の試走時に比べるとずっと気楽に登れているような感触。前は相当に一杯一杯だったのだが、今回は7〜8分のつもりでかなり余裕がある。周囲もそれなりに見えてるし、斜度に心が折れる気分でもない。てゆうか、和田峠に比べりゃ大したことがない気がしてきた。前週に和田峠を走っておいたのは正解だった模様。いずれにしても余裕なのか勘違いなのかはわからんが、とりあえず前日までの不安感はなくなったっぽい。

P1030011.JPG
※1本目終了時の山頂広場。混雑っ!!

一斉下山後、40分強のインターバルを経て2本目。とにかく暑い。スタート位置は2列目ぐらいにさくっと入れたので、スタートと同時にささっと前に出て集団を抜け出し、一人旅モードに入るころには登坂開始。しばらくすると快調なペースで登っていく同じウェーブの速い人らにサクサクっとパスされ、同じぐらいのペースの人と一緒になったりもしたが、あえて周囲は意識せず、とにかく自分のペースだけを考えて淡々と進むことに徹してみた。

レースとはいえちょっと心拍数が中盤高すぎたかもという感じで、終盤にだいぶ精神的にも脚的にもキツくなってしまったが、同じぐらいのペースの人が周りにいたことがちょっとプラスの影響になって、どうにか心をつなぎとめることに成功(汗)。完全にいろいろと終わりきってしまう前にどうにかこうにかゴール。1本目よりもきっちり速かったので一安心。ゴールラインを通過した後、広場に辿り着くのも苦しいぐらいに最後のひと登りですべて出し切った感じ。スポーツでわき腹が痛くなって吐き気も感じる、なんてーのは中学生以来なんじゃなかろうか。

で、記録は21分台中盤。総合順位的には上位1/3ぐらいの位置。今回、前日まではかなり完走すらヤバいという危機感があって数値目標を決めるどころじゃなかったため、この記録を満足するかどうかかなり悩みどころなのだが(苦笑)、Polarのデータを見る限り、今のおいらの能力ではこれ以上どうすることもできっこねえので、とりあえず今できることは出し切ったものと判断して満足することにしておこうかなw


OKUTAMA同様、アットホームな運営がなんとも心地いい。佐渡とか富士HCみたいなどデカい大会は色々手厚くてそれはそれでいいんだが、おいら的には非常に懐かしいおかんの実家集落あたりの夏祭りの雰囲気みたいでとてもよい感じだ(笑)。受付広場も成木町内会の有志の方が庭先兼作業場を会場に提供してくれていたようだし、地元町内会も総出で手伝ってくれてたし、とにもかくにも感謝感謝ですな。レースはとにかくキツいけど、来年もOKUTAMA、NARIKIと連戦しようと思う。

 
>>余談
posted by Yas at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

【走行記録】久々の和田峠

NARIKIステージが今週末に迫ってきたこともあり、先週は朝練も含めてとにかく少しでも登るようにしておこう、みたいな1週間。ローラー台で追い込んだほうが効率的にはいいんだろうけど、「坂を登る」という精神鍛錬はやっぱり実走でしかできない気がするので。今更そんなことしてどうにかなるのかという気もするけどw

・8/3(朝練)……11.1km /リカバリー走(途中旧小倉橋から約1km楽走で登坂)
・8/4(朝練)……12.8km /城山湖東ルートTT

月曜日は前週のダメージ抜き。で、火曜のTTは朝にもかかわらずなかなかの出来栄えで、ベストタイムを更新(4分37秒)。今後目標タイムは4分30秒ということになってくるが、今からさらに10秒近く短縮するのはかなり厳しい作業かも(苦笑)。

・8/5(朝練)……11.8km /高トルク練(城山湖南ルート)
・8/3(朝練)……10.1km /リカバリー走
・8/7(朝練)……13.7km /高トルク練(城山湖南ルート)

水曜日と金曜日は城山湖南ルートを使った筋トレ登坂。フロントはアウター固定、ダンシングも禁止で一発登坂。一番キツイ部分ではケイデンス50を維持できるかどうかも怪しいところだが、フォームを崩さないようにじっくり登る。脚は毎度パンパンだが、斜度のキツイ成木に向けてはパワーも必要だろうということで。でも、前の週にこの程度のトレーニングしたくらいじゃほとんど影響ないよなぁ、きっと(苦笑)。ま、心のトレーニングだな……。

・8/8……84.5km /山ばっかりの日
NARIKIステージ対策?の仕上げ的なつもりで、超久しぶりに和田峠に行ってみた。途中、ろくに左側通行もできないようなクズ自家用車がいて若干ムカっと来たが、3か月ぶりのTTでついに20分の壁を突破。初挑戦玉砕からちょうど1年、初登頂から11か月で約4分の短縮。まだまだこれからではあるけど、ようやくここまで辿り着いたなぁって感じ。もっとガンバレ、俺。

その後、藤野側に下ってから大垂水経由で八王子に戻り、その先を思案。特に行き先が思いつかなかったので、ルートを変えつつ城山湖を繰り返し登ることにしてみた(苦笑)。結局、北東激坂ルート、南ルート、東ルートと1本ずつ登り、脚も心肺も一杯一杯になってきたので終了。トータル走行距離は短かったものの、結構な斜度の登りをそこそこ乗れたので、ハムストリングを中心にかなりパンパンに負荷がかけられていい感じ。おかげで翌日は筋肉痛w

・8/9……100.2km /平坦中心にLSD
曇り気味で涼しかったので、ついゆっくり目の出発になってしまったが、11時過ぎから晴れて猛烈に暑くなったから失敗だった(苦笑)。やはりもっと早く出ないと危険だ。で、この日は筋肉痛からのスタート。相模川沿いから小田原厚木道路側道を経由して大磯方面に出る平坦コースを走ったのち、県道63号で大小のアップダウンを繰り返しつつ帰還するルートを取ってみたが、大磯に出るころには筋肉痛はほぼ気にならなくなっていた。いい感じの回復走だったのかな。


さて今週は朝練ではあまり負荷をかけすぎないようにして、レースに備えるとしよう。

posted by Yas at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

【走行記録】今週は土日だけ

平日少々仕事が忙しかったのと、なんだかんだ言うてもレース疲れもあったのとから、平日の朝練はすっかりお休み。朝練生活に慣れちゃうと、全く乗らないのも結構たまる(苦笑)。

・8/1……136.2km /自宅〜相模湖周辺以外はほとんど平坦なしw
このところ登ってばかりになっているので、今週も登りw 前回山梨方面に行ったときは勢い余って塩山まで行ってしまったので(苦笑)、今回は大月から松姫峠を登って、小菅側に降りてから鶴峠を登って上野原に戻るコースをチョイス。大月まで自走すること自体には何の疑問も感じなくなってきている……。

P1020977.JPG
天気は一日大丈夫そうという予報を信じて出てみたものの、大月から北側の山方面を見てみると霧が深いっつーか雲が低いっつーか、何にしても不安な雰囲気がプンプン(汗)。でもここまで来て登らないというのもアレなので、覚悟を決めて登坂。

P1020981.JPG
ちょうど中腹くらいにある深城ダムが放水中。山にかかる雲がさらに気になる(苦笑)。

P1020987.JPG
さらにしばらく登っていくと、視界が明らかに白っぽくなってきた! 完全に霧の中(汗)。おまけに雨も少々降ってきた。路面はいつの間にかウェットコンディション。でもたまにロード乗りにすれ違うから彼らも(そして俺も)たいがいどうかしている。幸い、雨自体は本降りにはならずに弱い霧雨みたいな感じだったので、峠からの下りをちょっと心配しつつもそのまま登り……

P1020992.JPG
松姫峠到着。天気がよければ素晴らしい眺望のところなのだが、なんも見えねえ(爆)。駐車場に結構車が止まっているということは、こんな日にハイカーがそれなりにいるってことか!? 気をつけてね……人のこと言えないけど。しばし霧雨の松姫峠で休憩してから小菅に向かって下ったのだが、下り始めはかなり寒くて一時はどうなる事かと不安になる……が、霧を抜けた以降は逆に蒸し暑くて半べそ気味(苦笑)。

鶴峠から上野原に抜けたあとは、甲州街道を帰るのもちとつまらんので、秋山方面の山(上野原の南側の山塊)方面に。そのまま山の中の道をごちゃごちゃと登ったり下ったりしながら、相模湖ピクニックランド前に抜けて帰還ルートに乗り、14時台に帰宅。なかなか悪くない時間の使い方だが、自ら選んだ道とは言え、この日は平坦が少なすぎだった(苦笑)。脚パン。

・8/2……ローラー台:37.7km(90分) /途中20秒フルもがき+40秒レストを6本
で、日曜日は朝から雨。残念ではあるが、久々になかなかの筋肉痛気味だったので、ちょうどよかったか。夕方までだらだら過ごし、NHK BS1のツール総集編を見ながらローラー台。インターバル練は相変わらずキツイ。


ちなみに、NHK BS1のツール総集編は、ランスとコンタの対立物語みたいな流れにしすぎなところはかなりウザかったが、ルールや戦術の話も図解入りで説明されてたりしたあたりはなかなかよくできてたかな。あと、北京五輪(笑)まではかたくなに「カンセララ」と言っていたのが「カンチェララ」に変わってた。個人名の読み方ルールに変更でもあったのかな?

 
posted by Yas at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【月間走行距離】7月のまとめ

イベントに参加したりレースに出たりもありましたが。

1月 832.1km
2月 1014.8km
3月 1072.4km
4月 1145.5km
5月 1269.4km
6月 769.8km
7月 1097.1km
2009年計 7201.1km


意外に乗りましたな。7月は斜度はさほどキツくないけど距離は10〜20km超、という峠をそこそこ乗りこめたのでよかったかなと。反面、機械的な練習はちょっと少なかったが。やっぱローラーよりも実走のが楽しいからなぁ(苦笑)。


8月はいよいよ夏本番だろうから、週末ライドは超早起き昼終了ぐらいの意気込みで。ツーリングとかにも行ってみたいけど、日中の気温を考えるとあまり向かない季節かもなぁ……。

posted by Yas at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

【走行記録】レース以外の先週

今週は久々に仕事が結構忙しく。レースの(というか、レース前後の移動のw)ダメージもあったので、朝練ずっと休み中。とりあえずちょっと余裕ができたので、記録だけは書いておくか。

・7/20……45.8km /ほぼ平坦をLSD負荷で
夏休みだったが、この前日が柳沢峠だったので、回復走的な意味で相模川沿いを厚木まで下ってから遡って帰宅。この季節なのに帰りが強烈な向かい風(北寄りの風)だったので、なんかイヤだなーと思ったら、案の定帰宅後に天候悪化。

・7/21(朝練)……15.0km /城山湖南ルート登坂
レース直前なのでもはやどうもこうもない時期なのだが、それでも一応何かやっておこうということで、フロントアウター縛りで城山湖南ルート登坂。脚パンパン(苦笑)。

・7/23(朝練)……ローラー台:15.3km(30分) /リカバリー走
寝坊したものの、軽く30分だけ回してみる。どーやら変な疲労はなさそうだ。

・7/25……114.5km /LSDペースで
というわけでOKUTAMAステージの前日受付。行きは概ね若干の登り基調、帰りは若干の下り基調。迂闊にも昼ごろ出発になってしまい、かなり暑くて凹んだ……が、翌日はもっと暑かった(苦笑)。

・7/26……170.3km /レース(11km)+LSDペース
詳細は前のエントリーで書いた通り。2時出発は涼しいし空気がいい気もするし星とかきれいだし意外に悪くない。が、道路次第だな(苦笑)。伊豆南端1DAYとかやるならやはり深夜出発か。にしても日中の暑さは尋常じゃなかった……。


NARIKIステージまでに練習できる週末はあと2回。とりあえずこの週末は天気の持ちそうな土曜はロング、雨降りそうな日曜日は城山湖を行ったり来たりしてパワー&インターバル練かな?

posted by Yas at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

TOKYOヒルクライム OKUTAMAステージ 終了〜

いやーーーーー、疲れた!! 無事生還し、ひと眠りしてようやく復活。
人生2度目のヒルクライムレースだったが、とにかく「過酷」で面白かった。

P1000172.JPG

自動車に乗らない人間なのが原因なのだが、奥多摩湖のようなロケーションだと、どーしても自宅から自転車自走になってしまう。前日受付なので一度会場に行かなきゃいかんし、当日は6時召集ととんでもなく早いし、体力温存のため公共交通を使おうにも奥多摩湖付近まで行ける電車も動いてないし、でもわざわざ高い金払ってあっちに宿を取るという気になるような場所でもないし……などと悩みどころも多かったのだが、結局は自走。距離は受付地点まで50km、スタート地点まで60kmというところなので、大した距離ではないともいえるが(アップダウンは多少あるけど)、レース当日はスタートに間に合わせるために、なんと2時に家を出発(苦笑)。土曜日になんだかんだで114kmほど走り、夜中に起きてまた60km超を自走してレースに備える、って人生初の体験だ(汗)。

P1000170.JPG
とはいえ、奥多摩の夜明けはなかなか素敵だったりするわけだが。これだけでも夜中は知った甲斐があったというもの。

ちなみに夜中の移動は、高尾街道〜滝山街道〜吉野街道〜青梅街道、と通ったのだが、街頭が整備されている道ばかりかつ交通量ほとんどなしだったため、むしろ日中より快適。移動が本当にきつかったのはレース後の帰路で、炎天下の移動のため、死にそうになるほど暑かった……。これを書いている今の段階でもまだのどの渇きが収まらない感覚だ。

そんなこんなで5時過ぎには奥多摩湖畔の公園に到着。天気は晴天。気温はこの時点では高くなく、湿度もさほど高くなさそうで、山の緑はくっきり、空気が澄んでて美味い感じ。ちょっと曇り気味で涼しいといいなとも思っていたのだが、まぁこれだけ山の景色が気持ちいいなら、それはそれでよかろう(苦笑)。

さて、レースは予定通り、6時半スタート。第4ウェーブのおいらは6時36分に出発。コースはこんな感じ。



TOKYOヒルクライムでは、“中級者”以上のカテゴリーで出場するには過去2戦以上の成績が必要なのだけど、おいらは富士HCしか出たことがない。それで第4ウェーブということは、おそらくこのウェーブはそういう人ばかりなのだろう。それだけに、実力が拮抗しているというわけでもないようで、スタート直後1.5kmほどの平坦路で集団はかなりバラけていた。

1.5kmすぎからはひたすら登り。斜度の変化はさほど大きくなく、激坂はないものの足を休められる緩斜面もゴール直前以外にはない、というレイアウト。とにかくペースを乱さず淡々と回していくことを心がけて進んでいった。ここまで60kmほど走ってきているわけだが、そのことによる疲れはほとんどなく、むしろちょうどいいアップ代わりになったのか、登坂が始まるとよく足が回る感触だった。帰宅後に改めてPolarのログを見てみると、まだまだケイデンスのばらつきは大きいものの、なかなかいいペースを維持できていた。多少はマシになってきたのだろうか?? 富士では周りに流されてペースが上下したところもあったが、今回は早々に集団がバラけたことも幸いし、サイコンをこまめにチェックしつつ、自分のペースを維持することに集中できたというのも大きいかも。

以前試走したときの感触から、今回の目標タイムは「40分切り」とゆるく設定していたのだが(汗)、これはどうにかクリアし、38分をぎりぎり切るタイムでゴール。ゴール直前の緩斜面では、ギアをかけて必死のフルもがきのおかげかw 順位は男子総合で半分よりちょっと上、という程度だったが、まぁ今の実力はそんなところなのだろう。でも、思った以上にログには改善の傾向が見られているので、これはこれで満足。


なお、優勝は男子が竹谷賢二、女子が片山梨絵、といずれもMTB畑のプロ(竹谷は引退したけど)。つーか、主催者も「招待選手」として順位外のところを走らせるのではなく、いち参加者としてプロも参加させちゃうところがある意味好感。なんにしても、2人ともさすがだなー。

ゴール後は、折角だから表彰式にも参加。立食パーティで軽く燃料補給して、表彰式中にはちょこっとラッキーにも恵まれて賞品をもらったりしつつ、無事全日程を終了! 帰りは都民の森まで登って桧原経由で帰ろうかとも思ったのだが、さすがにこれは無謀と悟り、普通に帰りました(滝汗)。まぁ、前述のとおりそれでもヤバかったわけだが。

課題は相変わらずもりもりあるが、練習の成果も多少見られたレースだったかな。次のNARIKIステージはこれまた全然違う傾向のレースになるのだが、引き続きまたがんばろう。

>> 余談。
posted by Yas at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

【走行記録】青梅街道の最果て

先週は木曜金曜と休暇だったのだが、両日とも乗らず。その代わり、木曜は久々に泳ぎに行ってきた。同行者がいたので500m程度だけだが。夏場のプールは室内であってもやっぱり気持ちいいのだが、身体のキレはすこぶる悪かった……(苦笑)。

・7/14(朝練)……12.5km /城山湖東ルートTT
・7/15(朝練)……14.5km /リカバリー走

やはり月曜は乗れん。で、火曜水曜はローラーに飽きてきたので外で実走。TTはベストタイムタイ。早朝にベストタイが出るってのはちょっと嬉しい。水曜日のリカバリー走は津久井湖を軽く周回。

・7/18……37.6km /だらだら登り〜城山湖南ルート
天気が微妙だな〜と思いつつ、宮ヶ瀬または道志方面を目指す方向で出発してみたら、山深くなるに従って雨。遠目に山のほうにはかなり雲がかかっていた気がしたが……。最初はちょっと涼しいくらいと思っていたが、かなり路面が濡れてきたので、諦めて帰還ルートに。するとだんだんカラッとしてきて(苦笑)。でも、引き返し始めると再度遠出する気力はわかず、帰還ルート途中の城山湖南ルートを1発全力で登ってから帰宅。距離は短かったが、それなりに高い負荷はかけれたのでひとまずよしとしてみる。

・7/19……184.0km /だらだら登り〜峠〜下りっぱ
ちょっと出遅れたが5時半出発。早朝はちょっとひんやりで気持ちいい。進路は山梨方面。相模湖で甲州街道に出て、そのままひたすら大月へ。大月でどのルートを取るか思案。当初は以前登った松姫峠をもう一度、と思っていたのだが、この時点でまだ7時半ぐらいだったので、どうせだからもっと遠くまでと予定変更。笹子を越え、青梅街道の最果てである柳沢峠を通って奥多摩に抜けるルートを目指すことにした。


より大きな地図で 柳沢峠大周回 を表示

>> 続きを読む
posted by Yas at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

【走行記録】峠めぐり

定番のところ、久々のところ、初めてのところ、などなど色々回ったこの週末。

・7/7(朝練)……ローラー台:28.4km(60分) /ケイデンス上げ練
・7/9(朝練)……ローラー台:21.1km(42分) /途中ファストペダル12分間

月曜の朝は回復走と思ってはいるのだが、ツールも始まってるし、やはり起きれん。9日はケイデンス上げ練の予定だったが、ちょっと寝坊してしまったので、シンプルなファストペダルに。両日ともなかなか追い込めた。10日は前日に自転車部のイベントがあったため朝練なし。

・7/11……120.6km /峠×3個
大垂水峠〜新雛鶴トンネル〜道坂トンネルと3つの峠を越え、道志みち経由で帰還。道坂を自転車で登るのは1年以上振り。あのときは都留カントリーまで車に便乗して、道坂だけ登ったわけなのだが、今回はその前に小中2個を越えてるってんだから、おいらも多少はタフになったもんだ。しかしまぁ道坂トンネルへの登りは相変わらず結構キツい。スイスイとかなりのペースで登っていくロードの人に軽くパスされたのもちょっと凹む(苦笑)。ホント、まだまだてんでカスだなぁ。

道志みちの下りはだいぶ慣れてきたつもりだったんだが、途中でおいらをパスしていった2人には全く付いていけず(涙)。長い登り返しがあると追いつくんだが……登り返しが無くなってからは完全に見失ったが(苦笑)。下りも全然だなぁ。

・7/12……111.1km /LSDで平坦のち峠を2つ
相模川沿い〜小田厚側道のド平坦をLSD負荷ながらいいペースで走行。50kmばかり一気に走った後、そのあとどーしよーと思っていたところで近くにあったスポットが湘南平。今日は平坦中心で……と思っていたのに、せっかく近所だからと登ってしまった。暑いしキツイし。

その後、R1に一旦出てから県道63号に。軽いアップダウンルートで帰還しようかと思っていたのだが、今まで行ったことないからなぁ、という理由で丹沢大山方面に。どこまで登れるのかすら知らない状況だったのだが、どうやらケーブルカー駅バス停までは車両も登れるっつーので、そこを目指して進む。ごく気楽そうな小径車のグループとすれ違ったりしたので、ずっと楽なのかと思っていたら、終盤はかなり厳しかった(苦笑)。これといった見晴らしもないし、ゴールしたぜ感のあるランドマークもなく、やや不満(汗)。

その後、七沢やら飯山やらをぐちゃぐちゃ回ってみたりしたが、最終的には県道63号に戻って帰還。途中の下りでビックリするような時速が出てて焦る……。


山のほうは空気が気持ちよく、気温もそれほど高くなかったので、この週末はなかなか快適だった。
 

posted by Yas at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

【走行記録】膝回復+ゆるイベント〜試走

週の前半は膝の回復に努めて、ものすごく久々に一切乗らず。毎朝のように「ローラーだけでも……」と思いつつも、痛みも引いたし週末まで我慢。などと言うとカッコイイが、実際のところは半分程度は寝坊気味という(苦笑)。


・7/4……23.7km+47.7km /LSD以下、ど平坦
ホントはおいらはスルー予定だったのだが、急きょ欠員が出てしまい、
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090704-OYT1T00345.htm
というイベントに会社の自転車部で参加。ド頭で雨がかなり降り、予想外に厳しいイベントになるかと思われたが、雨宿りしてやり過ごした後はどうにか安定。よかったよかった。


・7/5……135.0km /奥多摩ステージ試走
TOKYOヒルクライム・奥多摩ステージの試走に行ってきた。レースコースの試走が主だが、会場までの試走も結構重要な目的だったり。結論から言うと、「会場までの移動が大問題」という感じ(苦笑)。距離は50km程度なので、さほど問題ではないと言えばないのだが……ラスト5kmぐらいは結構登ってるんだよねぇ……。レースコースはほぼ予想通りのプロフィール。斜度の極端な変化は少なく、淡々と一定ペースで登り続けることが大切って感じ。でも、暑いし結構長いし、全然楽ではない!

諸々検討せねば(汗)。
 

posted by Yas at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【月間走行距離】6月のまとめ

富士ヒルクライムもあったのだが。

1月 832.1km
2月 1014.8km
3月 1072.4km
4月 1145.5km
5月 1269.4km
6月 769.8km
2009年計 6104.0km


ついに月間1000kmを割り込んだ。しかもかなり大幅。梅雨に入ってロングで乗れてないのもあるが、ちょっとがっかりだなー。でも、インターバル系の練習を盛り込み始めたりとか、それなりに成果はあったか。

7月はもっと頑張りてぇ……と言いつつも1週目は全ダメでした。
 
posted by Yas at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

【走行記録】きっちり追い込んだのち……

新メニューを追加してケイデンスアップに励んでみよう週間の1週目。

・6/23(朝練)……28.1km /ケイデンス上げ練
・6/25(朝練)……30.6km /ケイデンス上げ練

新メニュー。ステディステイト・インターバルがおいらには意外にキツく、8分継続すると後半ボロボロになりすぎることが23日時点で判明。3セット目には全く身体が動かず、一旦降りなきゃならなくなった(苦笑)。7分ワーク→6分レストに変更したところ、いい具合になってきた。

が、高回転ゆえか、共振?でうるさいと家族から若干苦情(滝汗)。困ったもんだ。

・6/26(朝練)……14.1km /城山湖でシッティング縛り登坂
TTするつもりで出かけたのだが、ものすごく身体が動かないことに早々に気付き、重めのギアのシッティングのみで登ってきた。

・6/27……8.4km /LSDペース
前日夜にしこたま酒を食らってしまい、いい天気だったのに乗れず。全く乗らないのも癪に触るとか思って夕方にローラーに乗ってみたのだが、二日酔いで1日何も食ってなかったせいか、数分後には汗だくかつ強度の眠気と疲れ。ボロボロ……。

・6/28……109.2km /山方面
TOKYOヒルクライムに備えて、成木ステージの下見に行ってきた。正直、エントリーしたことを後悔した(苦笑)。4.5kmくらいのコースだが、平均斜度がキツイ! ピンポイントで激坂が来るのではなく、常時10%前後がずっと続くイメージ。体調が今ひとつだったのもあるかも知れんが、どうにかこうにか登りきったというレベルに近い有様……。これを2回登るとなると、相当な試練だなぁ。

で、この日は今まで全然行ったことがなかった秩父方面に行ってみようと思ったのだが、成木を登った後から、右膝の上部外側に痛みが出てきてしまった。以前にも痛くなった場所っぽい。名栗湖まで行ったものの、そのころにはかなりの痛みになってきてしまったので、残念ではあるが引き返すことに。もっと奥まで走ってみたかったのになぁ……。

膝痛の原因はひとつはポジションだろうか。ちょっと思うところあってサドルの後退幅を減らしてみた(サドルを前に出した)のだが、これがよくなかったかも。週明けに後退幅を増やしたところ、膝の痛みは全く感じなかった(再調整前の状態で乗ると痛みが若干あった)。もうひとつは、成木の登りでフォームが悪かったのではないか、という点。これは十分気をつけるしかない。


諸々反省点が多い週だったなぁ。結局、この週末のダメージのせいで、今週はここまで朝練をお休み中。せっかくいい感じにトレーニングをこなしていただけにちょっと悔しい……。
 

posted by Yas at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

【走行記録】月間1000kmが途切れそう……

うーむ、先週は乗れてないなぁ。意外に疲れを引きずってしまったのと、週末が不発すぎたのが原因。

・6/16(朝練)……7.5km /とりあえず乗っただけ……
かなり疲れ気味で寝坊してしまったが、乗らないのも気持ち悪いのでとりあえず。

・6/18(朝練)……12.8km /城山湖TT 1本
朝イチ登坂だったが、ベストタイムまであと3秒というまずまずの好結果。心拍的にはかなりキてたので、ダメと言えばダメだが。

・6/19(朝練)……15.7km /平地インターバル 20秒×6
相模川沿いの某平坦路でインターバル練。行ったり来たりしながらフルもがきする様はさぞ滑稽に見えるだろうなぁw

・6/20……77.5km /LSD、アップダウンあり
TOKYOヒルクライムの下見に行こうと思いつつも、寝坊とかメンテとかで出遅れ。結局、奥多摩方面に行く道だけ確認するにとどまる……この日ちゃんと乗りこんでおけば、月間1000km継続できたかもなのになぁ。

・6/21……ローラー台:45.9km(90分) /LSD+全力インターバル20秒×6
黙々と70分ほど回してからインターバル6セット。ローラー台の上で軽く死にそうになる(苦笑)。かっちりきっちりインターバルするなら、やっぱりローラー台がベストだな。ダンシングできないのが残念だが。


次の週末こそ下見に行こう(汗)。
 
posted by Yas at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

7月に向けて

7月に東京ヒルクライム OKUTAMAステージに出場するのは先日書いた通りなのだが、その後、NARIKIステージにも申し込んでみた。宿泊なしで自宅から直接行けるレースって貴重だw そんなこんなもあるので、トレーニングらしいトレーニングをぼちぼちと再開していこうかなと。

基本的には今までと同じく、平日朝練はMAX 1時間のメカニカルなもの、週末2日間はある程度テーマを持ちつつロングで。で、週ごとにメインテーマを決めて朝練をこなしていこうと思っている。大まかに、最初の2週はケイデンスを上げるトレーニングを中心にやり、次の3週目はテンポ練とインターバル練、そして4週目は再びケイデンス上げに集中する、という感じ。また、諸般の都合で水曜朝練できないことが多いので、水曜日を完全休息日にし、メカニカルな練習はやはりローラー台を使ったほうが効率がいい気がするので、朝練はローラーを中心に組み立てて行こうと考えている。

それと、梅雨にも突入しているので、「梅雨どきの週末、雨が降ったら練習どうしようかな」というのも頭をよぎる。去年のデータを見てみると、やはりガクッと距離が落ちているし、内容も微妙っぽい。今年はローラー台もあることだし、ちょっとメニューを考えていこうかなと。ローラー台を単純に長時間回し続けるのはかなりつらいというか飽きる。以前雑誌に載っていた3時間程度の密度濃い目の練習メニューがあったので、それを参考にローラー台用にアレンジしてみれば、飽きにくいんじゃねーかなぁ。でも、ローラー3時間って何にしてもイヤだなぁ……。


しかしまぁ、趣味とはいえよくやるよなぁ(苦笑)。
 
>> 備忘録
posted by Yas at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

【走行記録】ぶらり伊豆半島単独ロングライド

※GPSログから生成した地図追加

この週末は、目標レースも終わったので、トレーニング!という気張った乗り方ではなく、気楽にただただ遠くへ行ってみよう、というレジャーなロングライドに出かけてみた。それから富士HCの週のデータ書き忘れてた。大したことしてないが一応それも。


・6/2(朝練)……19.3km /LSD以下ペースで
・6/4(朝練)……18.9km /LSD以下ペースで

1km弱の登りがあるルートを絡めて軽く。この時点で蓄積してそうな疲労感はほとんどなく、週末に向けそこそこのコンディションで臨めそうな感じだった。

・6/7(富士HC当日)……総計60km /レース25km、下山25km、会場周辺移動10km
詳しい話はこっちにて。まだまだ弱いなと思いつつ、とりあえず今できることはできたのかなとも。また来年頑張るです。


・6/9 (朝練)……19.3km /リカバリー走
・6/11(朝練)……ローラー台:12.7km /リカバリー走
・6/12(朝練)……18.9km /リカバリー走

さすがに疲れもあったので、平日は軽くリカバリー走のみに。

・6/13……263.4km /平坦〜山〜平坦、極力LSDペースで
トレーニングのつもりではなく、とは言ってもある程度目安の心拍ぐらいはね(苦笑)。


より大きな地図で 伊豆1DAYロングライド を表示

というわけで、レジャーなロングライドに出かけようという気分が盛り上がってたので、さっそく実行。梅雨入りしているし、雨が降らない週末は大切にしないと。目的地というか目標方面は、伊豆半島。今までせいぜい玄関口の真鶴あたりまでしか行ったことがなかったので、もっと先の南国っぽいところが見たいなぁ、的な。詳しくは詳細ページにて。

・6/14……15km /リカバリー走
さすがに脚がパンパン。なので、軽く走ってほぐすにとどめる。
 

>>伊豆単独ロング詳細
posted by Yas at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

次なる取り組み

佐渡ロングライドも富士HCも終わっちゃったので、大きなイベントはひと段落。が、レースはやっぱり面白いし、目標があったほうがやる気も高まるので、何か参加してみようかなと。と、探していたら、わりかし家から近いところで7月にヒルクライムレースが。

「第1回東京ヒルクライムOKUTAMAステージ」

奥多摩周遊道路を利用したレースで、奥多摩湖側から風張峠に登る11kmのコース。そういえば、こっち側からは登ったことがないや。距離もいい感じだし、家から自走で行ける距離だし、これはなかなか。つうことで、次なる取り組みとして、さっそくエントリー。さらに8月には「第3回東京ヒルクライムNARIKIステージ」も開催される。こっちは距離こそ短いが斜度は結構キツそうで、5kmアタックを2本行う、というルール。エントリー締め切りが近いけど、かなり厳しいレースなんじゃないかと予想されるのでちょっと悩み中……。


あと、このところレースだトレーニングだと割かしぎちぎちと走ってきていたので、ちょっとリラックスしたロングライドにでも行こうかなと。とりあえず、この週末はそう悪い天気でもなさげなので、伊豆方面にでかけてみる予定。どこまで行けるかの。

posted by Yas at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

富士ヒルクライム終了〜

というわけで、Mt.富士ヒルクライムが終了した。
しちゃった。なんとなく、ぽっかり心に穴が空いた感じ。

まず結果から。目標1時間30分切りとしていたが、2分少々およばずの1時間32分数秒

24km登って2分かぁ。惜しかったような、全然ダメなような、微妙なタイムだ(汗)。でも、これが今のおれの実力なんだなと思い知らされたところ。楽しかったし悔しかったしで、来年も絶対に挑戦してやろうという思いは固まった。今週から来年に備えて練習再開だな。新たなモチベーションになりつつも、目標レースが早くも終わってしまいどうしような感じでもある(苦笑)。

5gou-me.JPG
写真はゴール地点の5合目から見た富士山山頂。こんなところまで自転車で来たんだなぁ。
 
>> 続きを読む
posted by Yas at 18:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

富士ヒルクライム直前!

どうにかこうにか土砂降りヒルクライムだけは避けられそうだ……

富士吉田市:
6時 9時 12時
晴れ 晴れ 晴れ
14℃ 21℃ 24℃


スプロケは、前もって買ってあった13Tトップと今まで使っていた12-23および12-25をミックスし、13-25に決定。塗装が悲しいことになっていたシートポストもかなり直前になってしまったが交換完了。エルゴパワーの位置を含めたポジションセッティングもしっくりと来るところにハマった感じ。本番用のPolar CS400のセッティングも作った。

あとは走るだけだ。それが一番心配w

090606_espresso.jpg

posted by Yas at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

【月間走行距離】5月のまとめ

連休南房総遠征に佐渡ロングライドとわりかしイベント豊富だった5月。

1月 832.1km
2月 1014.8km
3月 1072.4km
4月 1145.5km
5月 1269.4km
6月 -
7月 -
8月 -
9月 -
10月 -
11月 -
12月 -
2009年計 5334.2km


いやー、乗った乗った。とにかく距離はよく乗ったなぁ。スキル磨き的な乗り方は微妙かもだけど、課題は色々見つかった1か月だったか。

念のため、課題の覚書。

・平均ケイデンス低いなぁ。もっと回せるようにならんと。
・ペース配分。序盤で憤死しないペース配分を心がける。
・平坦中心に走るときはミドル走をもう少しとりいれてはどうか。
・心肺を鍛える練習メニューを増やしてみてはどうか。

うーむ、なかなか重い課題が並ぶなぁ……。距離を延々乗ることはとりあえずかなりできるようになってきた。次はその中身をどれだけ濃くしていけるか、だな。


で、一体俺はどこに行くのだろう?(苦笑)
posted by Yas at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。