2005年11月24日

最近購入した音楽DVD

たまには最近買った音楽DVDでも振り返って見る。みごとなくらいメタルオンリーだw


●Rage / From The Cradle To The Stage

Agaist MachineじゃないほうのRageのライブ版。この人たち(といっても、実質Vo.のピーヴィだけだが)も20年かぁ……。初期から最新作までのベスト選曲という感じがものすごく嬉しい。昔から思ってたことだが、技巧的にもものすごく優秀だな、このバンドはいつも。クオリティ的には安心して楽しめるライブって感じ。

ピーヴィーがババ・レイみたい(=巨漢白人レスラー系、の意)になってて焦ったが。




●Judas Priest / Electric Eye

メタルゴッドですよ。プロモ集+名ライブ版「Priest...Live」+初期のBBC TVライブ映像のカップリング。「Priest...Live」なんて、10年以上ぶりに見たなぁw でも、今見てもカッコイイです。Hellion〜Electric Eyeで泣け!w



●Slayer / Still Reigning

邦題は「レイン・イン・ブラッド・ライヴ:スティル・レインニング」だそうで。名作「Reign in Blood」(1986年)の名前とアルバムジャケットを模した作品なので、当初は80年代のライブ映像かな?と思って購入したんだけど、なんと収録は2004年で、どこだかかのライブのアンコールとして、「Reign in Blood」をまるごと通しで演奏したときのもの。Slayer屈指の名曲のひとつ、ラストの「Raining Blood」では、ステージ上に本当に血の雨が降るというギミックまで。こういうギミックってSlayerとしてはかなり珍しい。

正直なところ、このところのSlayerのライブ音源は、「昔に比べるとトム・アラヤが歌えて(叫べて、が正しいかもw)ないかも??」などとも思っていたのだけど、「Still Reigning」のトムは、「War At The Warfield」(2003年/ライブ版)のときよりもずっと調子がいい感じで、個人的に非常に気に入っているライブ音源である「Live Intrusion」(1996年/ビデオしか出てないかも)や「Decade of Aggression」(1995年/CD)に匹敵するクオリティ。はっきしいってモノスゴすぎる、このジジイどもは。

Metallicaはメジャーになってすっかりダメになり、Anthraxはジョーイが抜けたあとはぴんとこないものになり、Megadethは相変わらずムステインがアレだし、と80年代スラッシュメタルのいわゆる“四天王”で健在なのはSlayerだけだな、俺の中で。まあ、当時から最も好きだったSlayerが元気で相変わらずであればそれで十分なんだがw


ところで、新譜はまだか????????




※Slayerの関連作品。「Decade of Aggression」はなんとしても聴くべし。

  

●Billy Sheehan / 四弦達人

偉大なる心の師、ビリー・シーン様のDVDが知らぬ間に出てた(最近未チェックだったもので……すいません、お師匠)。内容は2枚のソロ・アルバムからのプロモとライブ映像。ライブ映像は、テープに合わせてお師匠が一人で演奏するというものなので、ものすごく面白いかと言うと、ちょっと微妙(苦笑)。スティーブ・ヴァイのバックバンドとして参加している「G3 - Live in Denver」のほうが出番は少ないけど絵的にはおもしろいかな。

とはいえやっぱりすごい。圧巻は「The Suspense Is Killing」。あの音数をベース1本でやってて、しかもライブでできるのか、というのが驚異的。




※というわけで、下記はG3。今年G3が来日したときの映像ももうすぐ出るのか。ちなみに来日G3のときは、Judasの来日公演を見に行ってた。

 
posted by Yas at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。