2009年01月01日

【愛車紹介】GIANT ESCAPE R3……のようなもの

※2009年4月、ほぼ元の状態に戻して新たなオーナーの元へ。ばぁい。

20081230_r3.jpg

スポーツ自転車にハマる原因となったGIANTのESCAPE R3 07モデル――をベースに大改修を施した先代愛車。フラットバーハンドルのクロスバイクだった面影は非常に少なくなっているが……ショートアームVブレーキがその名残といえよう(苦笑)。Max Carb購入に伴ってフラットバーに戻そうと思っていたのだが、いろいろあってTIAGRAが浮いたので、ブルホーンハンドルで再セットアップ。ちょっとした町乗りや駅までの通勤に使うかも?ということで、新たに泥除けやフレームに固定しておけるワイヤー錠を装備し、ホイールのクイックレバーはアーレンキーで取り外すタイプに変更。

難点はブレーキ。ショートアームVブレーキは、STIレバーで引くことが一応可能だけど、シューとリムの間をぎりぎりまで狭めたセッティングであってもレバーを引き切ってしまう。利きだせばすぐに十分な制動の効果はでるんだけど、引き切るのがちょっと……。効き自体にはさほど問題なし。普通のドロップハンドルにSTIレバーを付けてブラケットを持って走るスタイルだとレバーを引き切らなきゃいけないのはだいぶマイナスかもしれないが、ブルホーンハンドル+STIレバーだと、レバーをかなり引くのもそれほど苦じゃない。なので、R3をドロハン/ブルホーン化する場合、ブレーキ本体をそのまま流用するなら、ブルホーンハンドルのがオススメかも、と個人的には思う(正解はカンチブレーキに換装だろうけど)。

ブレーキワイヤーの細かい調整が必須なので、ケーブルアジャスター付きのブレーキバナナを使うことを強くお勧めします。シフトケーブルのアジャスターもあったほうがいいかな。

フレーム/フロントフォーク
     GIANT ESCAPE R3 '07
コンポーネント
     SHIMANO TIAGRA+TEKTRO ショートアームVブレーキ
ハンドル、シートポスト、etc.
     TNi+SHIMANO PRO LT
サドル
     SELLA ITALIA XO
ホイール
     GIANT SPINFORCE 4x6 WHEELSET
タイヤ
     Vittoria RUBINO PRO 2
posted by Yas at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車-愛車紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。エスケープの写真を拝見しました。とても格好良いですね。私も最近エスケープを購入したのですが、ブルホーン化をしたくネットで色々探していたのですが、こちらのエスケープを見た瞬間驚きました!!この改造をするには、幾ら掛かるのでしょうか?宜しければ教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。
Posted by 翔太のパパ at 2009年05月13日 21:43
コメントありがとうございます。

いくらぐらい、とのことですが、僕の場合は、ヤフオクで購入したものもあったりしますので、ひとまず「最低限このあたりの部品は買う必要がある」というリストをまとめてみます。あとは、店頭や通販サイトなどで価格を調べてみてはいかがかと思います。

また、僕の場合には「いくらぐらい」というのには工賃はほとんど含まれていません。かなりイレギュラーな改造なので、ショップに頼るわけにもいかないな、というのが主な理由です(苦笑)。自己責任・自己判断で臨機応変に調整・加工していく努力は、まさにプライスレスですw


では、下記が必要部品一覧です。

・STIレバー …… TIAGRA ST-4500
・スプロケット …… 9速用

※現行の8速用STIレバーはブルホーンに不向きなので、9速へのグレードアップがオススメ。

・後変速機 …… おそらく流用可能
・前変速機 …… FD-4500
・クランクセット …… 流用可能かもしれませんがFC-4550などロード用に替えたほうが確実でしょう

・ハンドルとステム …… お好みのみのをどーぞ。バーテープも必要ですね。

※ワイヤーを通す穴を加工すると格段に操作性が上がります。要ドリル。

・ヒラメのVブレーキアジャスター …… 1500円ぐらい? 微妙に高いが絶対あったほうがい
・シフトワイヤーのアジャスター …… JagWireのが簡単&安、700円ぐらい?

・工具類色々 …… コッタレスクランク抜き、ホローテックII用BB工具、チェーン切り、スプロケット抜き、スプロケットロック用工具、大きめでしっかり力が込められるモンキーレンチ、ワイヤーカッター、6角レンチセット(これもいいものがあったほうがいいと思います)

※自力で作業するには専用工具が結構必要です。ゼロから揃えるなら、最低でもトータル1万円ぐらいは覚悟したほうがよろしいかと思います。

なお、僕のパターンでは、ブレーキは元々R3についていたものを利用し続けるスタイルでした。


ざっと思いついたものを並べてみましたので、抜けもあるかも。

R3のブルホーン化は、「ESCAPE R3改造日記」(http://escaper3escape.blog118.fc2.com/)さんのドロップ化が非常に参考になります。ドロップハンドル化とブルホーン化の違いは、文字通りハンドルの種別の違いぐらいです。手順や必要な部品・工具など、非常に詳細にまとめられているので、ぜひ参考にしてみてください。


根気と微調整がキモになってくるんじゃないかと思いますので、実行されるならがんばってくださいね!!
Posted by Yas at 2009年05月14日 18:36
初めまして。ESCAPE R3をブルホーン化をしようと思いこちらのブログを参考にさせていただいてます。とてもわかりやすく書かれていて読み手として、とても感謝しています。
ところで質問があります。ブルホーン化とは関係ないですが、こちらの写真のR3の後ろブレーキの上についているシルバーのものと黒のものは何なのでしょうか?どうしても気になったのでお聞きしました。
突然のコメントで申し訳ありません。お答えいただければうれしいです。よろしくお願いします。
Posted by toshio at 2009年05月17日 01:40
すっかり反応が遅れてしまいました……

えーと、ご指摘のものは「鍵」ですね。

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/sanesu/crops/boosterulock.html

街乗り用に使っていたので、複数系統の鍵を装備させてました。絶対の信頼度とは言えませんが、ワイヤー錠と組み合わせることで多少なりとも防犯効果があれば、みたいなところです。

参考になりましたでしょうか?
Posted by Yas at 2009年05月22日 21:27
あー、「翔太のパパ」さんへのコメントに致命的な誤記が……。

後変速機はR3初期搭載のSRAMのものは使えませんでした……。最低限、シマノ製の後変速機に替えないと、STIレバーで変速できませんのでご注意ください。
Posted by Yas at 2009年05月22日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78964527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。