2007年03月21日

所有レンズのまとめ

ここ数か月でまた多少変動などがあったので、自分なりの用途とか使い分けを整理しておくために、ちょっと所有レンズのまとめをしておこうかなと。

【単焦点レンズ】

・DA 21mmF3.2AL Limited
所有レンズ中、最も好きで一番よく使うレンズ。小型軽量なのでほぼ常時付けっぱなし。なもんで、気が向いたときに何となくなんでも撮る、という使い方が多い。一番頼りにしている1本。ただ、頼りにしすぎている感もあるので、12-24mmを持って出かけるときは意図的に持っていかないことにしてみた(苦笑)。


・DA 40mmF2.8 Limited
21mm購入後は常用レンズではなくなっちゃったけど、準標準なので便利は便利。大口径レンズを複数本持ち歩くときはボディキャップ替わりにもw 絵の傾向としては21mmと同じような雰囲気で、シャープな印象。21mm同様、非常に扱いやすいけど、何となく撮る用としてはやや望遠に寄り気味かもなぁ。


・PENTAX-M 50mm F1.7
 5000円くらいで入手したフルマニュアルだけど明るい単焦点レンズ。不便さが楽しかったり、絵の味わいが気に入ってたり。明るさとボケを生かしたスナップとかポートレート風のものを撮るときに使う――のだろうけど、持ち歩かないことも多いのでなかなか(苦笑)。


・PENTAX-M 135mm F3.5
 これも5000円くらいか。35mm換算でおよそ200mmという望遠具合、所有望遠ズームレンズよりも明るいF値、値段の割に悪くないボケ味、そのあたりが結構お気に入り。50mmもそうだけど、コンパクトなのもなかなかよい。最短撮影距離が1.3mくらいなのが惜しいところか。大口径レンズが増えてしまった関係で、50mm共々カメラバッグからはじき出されてしまったが。


・SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX
←は現行製品だけど、おいらは1世代前モデルを3万くらいで入手。ちょっとラメっぽい(?)キラキラした外観が少々気に入らないが(苦笑)、描写とか扱いやすさはかなりいいですな。純正の100mmマクロはちょいと高いので、個人的には出番がそう多くないマクロレンズは、レンズメーカー製でいいか、とか思ってる。



【ズームレンズ】

・DA 12-24mm F4 ED AL[IF]
先日買った野郎。大口径でデカイ。でも比較的扱いやすい。12mmの強烈なパースペクティブが結構病みつきになりそうw 超広角を生かして風景撮影に、被写体にぐっと近寄って独特の雰囲気を出した絵に、とかが面白い。圧倒的に単焦点レンズ好きだった俺だけど、このクラスのレンズになれば、ズームレンズもよいね、さすがに。って、2倍ズームにしか過ぎないが(苦笑)。ただ、デカイので本気モードのときにカバンに入れていくレンズの構成がいろいろ変わった。


・DA 18-55mm F3.5-5.6 AL
一番最初に買ったレンズ。今となっては一番使わないレンズでもある(苦笑)。決して評価の低いレンズではないようなのだけど、DA 21mm、DA 40mmを使ってしまうと、こいつを今さら使う気にはなれず。今にして思えば、K100Dを購入したとき、ヨドの店員の勧めるまま、+2万だか3万だかして16-45mmを買っておけばよかったんだろうか……。とりあえず、当面使う予定・用途はない感じ。


・TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro 1: 2  (Model A17)
300mmクラスの望遠レンズは単焦点ってわけにもいかないし(クソ高いからw)、PENTAXの300mmまである望遠ズームがいまひとつショボかったので(DAなら話は別だったんだが、FAJはイマイチ見た目的にもぐっとこなかった)、TAMRONをチョイス。新品を2万で買えるというコストパフォーマンスの割にはかなりいいデキなんじゃないかと。ただ、PENTAXのロードマップには、年内にDAで300mmまである望遠ズームレンズが掲載されているので、それが出るまでのお付き合いかもしれない。


posted by Yas at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ/写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。