2011年11月25日

Panasonic EspressoをTTバイクに

新しいベースバーを買ったのを契機に、Panasonic EspressoをTTバイクに組み換えた。急ぐ作業でもなかったので、丸々1日かかってしまった。

20111123_esoresso.jpg
新生Panasonic Espresso。工夫を重ねてここまで来たw

このフレーム、値段の割には軽くてよかったのだが、一昔前の設計の安いバイクによくある「スローピングで適応身長のレンジを大きくしてみた」デザイン。実際、かつてあった公式カタログによると、おいらの持っているサイズは身長159〜181cm向け、とかのえげつないもの。おいらはちょうどこのレンジの中間地点くらいなのだが、ヘッドチューブがもうちょっと短ければ低いポジションにできたのに、というのが悩みだった。

そんなフレームをTTバイクにしようというのもどうかと思うが、新たにTTフレームを買い足すのもアレだし、ただ眠らせておくのももったいないので、工夫でどうにかしようと(苦笑)。まあお金はそうはかけられないけど。

IMGP4336.jpg IMGP4354.jpg
ニューベースバーとステムをつけたハンドル周辺。
トップキャップよりもアームレストのほうが低い


組み換えの際には、ハンドルを可能な限り下げてできれば現状よりも低くする、サドルからDHバーのアームレストまでの距離は現状維持orちょっと短くする、という2点をどうにかクリアしたかったので、ステムを現状よりもさらに極端なものに変更。初めてMax CarbでTTバイクを組んだときはたしか-17度/90mmのだったと思うが、これが現状の-25度/80mmになり、今回のフレーム変更に伴って-35度/80mmを導入。見た目は本当にエグいw まぁエヴァンスの数年前のTTバイクも相当エグいヘッド回りになってたから、TTバイクに正解はないと思いたいww 

# 本当はLookのエルゴステムとか使いたいところだけど……そんなにお金かけてもね(苦笑)

まだ全然乗れていないけど、ちょっと実走&ローラーで試した感触では、このステムの導入は正解っぽい。理想のフォーム云々が言えるレベルの身体ではないけど感触はすごくいい。なんかやる気出るw

IMGP4343.jpg
久しぶりにシフトメイトを使用

ドライブトレインも少々更新。TTバイクについては完全にシマノ構成にしていたんだけど、今練習やレースに使っているクリンチャーホイールがカンパフリー、手持ちのシフトメイトの都合的にちょうどいい、今後も(少なくとも来シーズンも)カンパシステムで行く覚悟を決めた、ということを考え、「カンパカセット+カンパRD+シマノ10sシフトレバー」という構成にした。それから、ワイヤーのアウターは今回すべてNokonにした(現状はシフトだけNokon。ブレーキは……面倒だから使ってなかったw)。


なんかまぁ、色々特殊なことになってきたけど、TTバイクなんて元々特殊なバイクなんだから、もうどうにでもなりやがれだw とりあえず、今オフシーズンは従来よりもTTバイクを練習に組み込んでいこうと思う。ローラー用として前々から度々使ってはいたけど、今季は週末の練習にも取り入れようかなと。

# あとはウェア類だな!wwwww
 
 

posted by Yas at 17:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236993453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。