2006年09月01日

猪苗代~磐梯方面 DAY-2

すっかりアップがズルズルのびのびになってしまったけど旅行話の2日目。

20060802_027.jpg
※K100D+DA 40mm F2.8

前日21時とかにはもう爆睡してしまったので、朝4時半に目が覚める(貧乏性)。とりあえず日の出前のホテル近辺を散歩。

天気のいい日の早朝は、猪苗代湖の水が蒸発して霧となり湖畔~町を覆い、逆に磐梯山の標高がある程度高いところ以上は快晴になるそうで。この日はまさにその条件となったので、朝はホテル近辺や周囲の山々が霧の上。雲海とはまた違うんだろうけど、いずれにしてもなかなかの景色。朝日が昇るのを待とうかとも思ったんだけど……急に眠気が(苦笑)。結局二度寝。ここ最近の根性があの時あれば絶対粘ってたなー。

で、二度寝はしたけど予定よりちょっと早めにチェックアウトして、次のポイントの裏磐梯に移動。裏磐梯側もいい天気。宿泊先でマウンテンバイクを借り、この日は夕方近くまでずっと自転車で活動でした。普段の移動手段であるママチャリ(苦笑)よりははるかに好条件のマウンテンバイクとはいえ、山間部だからやはり肉体的にキツかった……。

20060802_176.jpg
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

ある程度事前に周るポイントは仕込んであって、五色沼入口のホテルを出発してヒィヒィ言いながら桧原湖に。たぶん本当にヒィヒィ言ってた。

20060802_186.jpg
20060802_055.jpg
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

遊覧船に乗ってのんびり。写真も撮ったけど、こののんびり感がなんとも休日。この時点では気温も湿度も程よい感じ。

20060802_198.jpg
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

で、充電もばっちり済まし、この旅行で特に狙ってた場所のひとつ、小野川不動滝へ。これがとにかくきつかった! 行きはとにかくのぼりが多いし、途中で飲み物切れるし、時間帯的にスゲェ暑くなるし。正直、途中でかなり挫折しそうになった(苦笑)。写真は不動滝への散策路の案内板とこの日の相棒w

20060802_273.jpg
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

入口から徒歩で30分くらい、なめてかかってたら意外にきつかった山道を登り切ると、かなりの水量と高さを持つ不動滝に到達。引き返さずにここまで来てホントよかった……。

20060802_285.jpg 20060802_302.jpg
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

満足度が非常に高い場所だったけど、あとになって「うーん、このカットはもっとこう撮れなかったかなぁ」みたいな場所がぽろぽろと(苦笑)。修行ですな。

20060802_315.jpg
※K100D+DA 40mm F2.8

ホテル方面に戻り際、小野川湖畔で1枚。

IMGP1111.JPG
※K100D+DA 40mm F2.8

その後、ホテルまで引き返してから、今回の旅行の最大の目的、諸橋近代美術館へ。中は撮影禁止なので写真はないが、ここのコレクションはサルバトール・ダリがメインというド変態ぶり。ダリのゲージュツの世界観、実はすごく好きなのです。

さらに事前に全然気づいてなかったのだけど、行ってみたらダリの作品以外に、どこかで見た、というよりもかなりよく知っているような記憶のある作品の特別展示コーナーが。なんとびっくり、King Crimsonの最近(といっても5~6年か)のライブアルバムのジャケットのアートワークも手がけたパメーラ・クルック。なんという偶然。KC人脈の人の作品にこんなところでばったり遭遇するとは思わなかった。きっとロバート・フリップ翁の暗黒パワーに違いない。

たっぷり見学して頭ン中ぐにゃんぐにゃんになったところでこの日の野外での行動は終了。ホテルに戻ってぐったり。

20060802_366.jpg
※K100D+DA 40mm F2.8

美味いステーキ食って露天風呂に2回行き、フットマッサージまで堪能したあとは微妙に退屈だったので、ムキになってゲームコーナーの新海物語を打ち込むw確率変動だろうとなんだろうと、スコアが一定以上貯まると景品が支払われてスコアリセットになる、というシステムなのだが、100円入れればコンティニュー(?)できるので、確率変動が途切れるまで打ち込んでやったwwww結局、景品を4個出したところで景品切れになり、仕方なく終了。

何やってんだか(苦笑)。


posted by Yas at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ/写真 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック