2006年08月24日

レンズで悩む……w

くたびれてきてしまったひまわりを見ると、夏もそろそろ終わりかなぁと感じてきてしまう、そんな時期になってきましたが、えぇと、またレンズがほしくなってます(苦笑)。

IMGP2008.JPG
※K100D+DA 18-55mm F3.5-5.6

カメラを買ってからこっち、撮るものと言えば風景ばかり。しかも使う焦点距離は18mmばかりだったり。なもんで最近、それならいっそもっと短い焦点距離のレンズを買ってみたら、もっと広がり感のある写真が撮れるんじゃねえかな、と。一眼買って1ヶ月強のド素人が生意気こくんじゃねえよ、という話は別として。

  


候補になるのは、ペンタックスだとDA 12-24mm F4、DA 14mm F2.8、ほかだとシグマの10-20mm、てとこかな。うーむ、さすがにどれもこれも高いな……。カタログとネットだけじゃイマイチ実感が沸かないので、とりあえず某ヨドへ。そこで実際に12-24mmと10-20mmの画角を体験してみたが、たしかに超広角の広がり感はすごく楽しいのだけど、70k出して入手したいほどかと言われると、使用頻度なども考えるとやや尻込み。そもそも先立つものにいささか不安が(苦笑)。



こんなのを踏まえて、次の考え方。高価な前述のレンズはひとまず諦め、「もうちょっと広角」をカバーしてくれるレンズはどうかと。候補的には、ペンタックスたとDA 16-45mm F4、いろんな便利さも考慮に入れてシグマの17-70mm。いずれも今の手持ちレンズよりはちょっとだけ広角で明るく、常用にも耐える画角とサイズ。18-55mmを処分してこっちに乗り換えるのはありだとは思うけど、劇的感はないかな……。



で、さらにひと悩みしてもうひとつの選択肢。ペンタックスならでわのパンケーキ系、DA 21mm F3.2。18mm未満の超広角ではないけど、荷物的な楽さと描写は魅力的。値段的には16-45mmといい勝負か。超広角の劇的さはないけど、いろんな意味で魅力のポイントは多い。それに、普段撮る焦点距離を考えると、こいつがあれば18-55mmは不要かも。レンズ交換の手間はあるけれど。


うーむ、どれも一長一短あるなぁ。

1番目のケースだと、普段使っているヒップポーチ型カメラバッグで出かける場合は、超広角+18-55mm+40mm+望遠、という持ち歩き方をしそう。おいらのバッグ的にこの荷物量はリミットいっぱい。2番目のケースの場合は、18-55mmを始末するので、2番目ケースのいずれか+40mm+望遠、という組み合わせ。3番目の場合は、21mm+40mm+望遠、という組み合わせになり、最軽量。望遠2本持ってもいいくらい。

少ないレンズ本数での汎用性という点でいくと、2番目のケースがトップか。ただ、面白みという点ではちょっと落ちるかなぁ。1番目のケースは本数を持って歩けばカバー領域は広いぜ、って感じ。そんなにもって歩けねえけど、俺が。面白さって意味ではやっぱり1が最強かな。今まで持っていない焦点距離の世界の話だから、そりゃあ面白いだろうよ。



そんなこんなで悩むパターンがいろいろすぎて楽しいwwww

これを書いている現段階では、3番目の21mm購入コースが一番よいように感じてるんだが……やっぱり16-45mmも捨てがたい。某所で中古品が出てるから。まずは2か3にダイブしてみて、経済的にもっとゆとりがあるときに1のケースに、というのが一番真っ当な進み方かなぁ。



買い足さない、というのがオトナとして真っ当、という考え方はしない方向でw



posted by Yas at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ/写真 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック