2011年07月12日

練習前の食事考

栄養学的なではなく、胃もたれレベルの話w

先日のエントリーで「激坂後に胃が終わる」みたいなことを書いたのだが、よくよく思い出してみると、走り始めてしばらくしてから胃にダメージが来る、ということがたまーにあったなと気付いた。朝食後、早々に乗り始めちゃうとこういうことがあるのもわかるのだけど、それだけが理由ではなく、どうやら、 苦手な食品がありそうなのだ。

苦手と言っても「食べられない」わけじゃなく、なぜかダメージを感じるもしくはダメージが出てしまう、というレベル。きちっと統計を取ったわけではなく、記憶と体感だけのデータだけど、顕著っぽいのが、栄養補給食として超優秀なはずのバナナ。運動の2時間前なら何の問題もないのだけど、食後30分程度で出発するようなときは、しばらくの間胃が張った感じが残りかなりキツい。ただ、レースに備えて早起きした時にスタート2〜3時間前に食べておく、というレベルだと、腹持ち的にも胃具合的にもちょうどいい感じがしている。走行途中の補給としてバナナ、というのはあまり経験がないから不明。

あと、安い&おまじないで使っているヴァームゼリー。味の刺激が強い(僕には)せいなのか、乗る直線に飲むとちょっとウエッとなる。たいてい安く買えるので、朝練前用に買い込んでるけど。ただ、これはバナナほどダメージがない。あくまでも最初だけ。

その一方、ぜーんぜん気にならないのが、パン・ごはん・パスタ類の違い。どれでも大丈夫だし気にしない。腹持ちの違いはあるんじゃないかという気はするけど……明確に意識したことはないなぁ。腰を下ろして食べることはあまりなくなったけど、ライド中の昼食としてもどれでも問題なし。さすがに麺類のスープまで飲み尽くすことはしないけど。

バナナ以外の果物も特に問題を感じたことはない。もっとも、バナナ以外にバナナほど腹持ちのいい果物もないように思うけど。ほとんど水分みたいなもんだし。


結論。よくわからんが俺はバナナ注意。苦笑するしかないw



……単なる備忘録でした(苦笑)。

posted by Yas at 16:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。