2011年06月13日

完走が目標になるとは夢にも思わず(苦笑)

というわけで、富士HC終了。
いろんな意味で終わったなー(凹)。

えーと、
まさかのバルブエクステンダーのトラブルで
タイムアタックどころの騒ぎではなくなった(汗)。


朝空気を入れたとこまでは特に何事もなくだったのだけど(何か嫌な予感はあったのだが……)、1合目手前でダンシングしたときに違和感を感じ、騙し騙し乗ってたけど、ダンシングのたびに明らかに空気圧不足の手応え。こうなるともうレースどころじゃない。今年もご一緒していたpuyan氏に迷惑をかけないように、とにかく無事ゴールで合流することだけを目標に、ひたすらシッティングで淡々と登る……。

かなりヤバい状況ではあったけど、なんとかかんとかゴールはでき、puyan氏とも合流。自力下山もどうにか叶った。タイムは………意外にも90分切ってた(苦笑)。奇跡だな。


まあ仮にトラブルがなかったとしても、練習不足感はありまくりで、きっとロクな結果ではなかったと思われ。これは練習サボってたことに対する天罰だと肝に銘じて、次の奥多摩、さらにはこじんまりしてるけど毎年の目標レース、成木に向かおう。

チクショー、次だ次!
posted by Yas at 22:27| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。今回は不運でしたが、ぜひ次のレースにぶつけてください。
ひとまずパンクによる事故がなかったのが不幸中の幸いでしょうか。。
ともかく無事に5合目で合流できたのは良かったです。(こういう事もありますし、SBの電波が今後も改善しなければ他の手段も考えないといけない気がしてます・・・)



Posted by puyan at 2011年06月14日 00:43
いやぁホント、よくもまぁ無事に完走できたと思いますよ(苦笑)。妙に遅れたら心配かけるだろうし、回収を待つことになったら連絡のしようもないし(SB的な意味で)、道中は空気圧と「ゴールできなかったら合流どうしよう」のことで頭がかなりいっぱいでしたw

その代り、雲海の向こうに見える山々とか、パンクにめげないとか、貴重な経験もできたからよかった、と思いたいです(強がり)。
Posted by Yas at 2011年06月14日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。