2011年05月06日

新ホイール来たー!

即日アップじゃないのがアレだが(苦笑)、EA90 SLXのリアが到着。

20110502-1_espresso.jpg
よーやくカンパフリー。スプロケはCentaur 12-25T。

ちなみにフロントはNovatec Sprint。シルバーのニップルだったのを、レッドアルマイトっぽい車補修用のタッチペンで塗装。予想以上に近い色で一安心。ハブが完全に色違いだが……まぁ、目をつぶろう。

0001.jpgまだ数日だけだが、一通り印象など。

・実測重量はSprintと対して変わらんが、交換直後にちょびっとだけ乗った瞬間にわかるほど、踏み始めが軽い
・さすがはセラミックベアリングのR4SLハブ……ということなのか、回転は快適。踏み始めの良さにも影響大なのかな。そうだといいなww
・踏み始め・ハブの回転が両方軽いからか、スピードがすぅっと乗っていく――気がする。前のホイールの感覚でいると、ホイールの回転に対してエンジン(すなわち俺)が間に合ってない感じになる――気がするw
・アップダウンのコースはちょっと楽になった。長距離登りは……結局エンジン都合だよね(苦笑)
・開封直後はラチェット音はほぼなかったが、30kmほどで多少鳴りはじめた。が、Novatecやカンパに比べるとかなりおとなしい
・ちなみに、ロゴ類はステッカーではなく、すべてクリアコート?の下。なので、破れて剥げるということはなさそう

こんなところかなぁ。所詮は鈍感な素人の感想だけど。

で、実測重量や感触を考慮して、来月のMt.富士ヒルクライムは下記のような感じで行こうかと。

20110502-2_espresso.jpg
フロント38mmTU、リアはEA90SLX(本番タイヤはUltremo R.1)。見た目はちょっとアレかもだけど、空力や重量を考えるとバランスよさそう――な気がするwwww なんてゆうか、空力が作用するほどのスピード域で走れるとも思えませんが(汗)。

いいんです、自己満足ですからw
 
  

■単体重量(クイック除く)

・EA90SLX(リア): 826g(Easton製リムテープ付)
・Novatec Sprint(フロント): 612g(Continental製リムテープ付)
・Novatec Sprint(リア): 825g(Continental製リムテープ付)

・Carbon 38mm TU(フロント): 640g
・Carbon 38mm TU(リア): 880g


■装備重量(クイック除く)

[リア]
・Novatec Sprint: 1357g (スプロケ 12-25T)
・Easton EA90SLX: 1352g (スプロケ 12-25T)
・Carbon 38mm TU: 1394g (スプロケ 12-23T) +42g

[フロント]
・Novatec Sprint: 894g
・Carbon 38mm TU: 926g +32g


■小物類

・EA90SLX 付属リア用クイック: 63g
・カンパロックリング: 18g
・Easton ロックリング(カンパ用): 6g(!)
 
posted by Yas at 08:14| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねー。
これ前から気になっていたやつなので気になります。
リアホイール替えるだけでも全然変わりますよね。
ロゴはEC90AEROもステッカーじゃなく塗装でしたが、イーストンはそういうところに手を抜かないのが素敵です。
今度じっくり見させて下さい。
Posted by puyan at 2011年05月07日 11:18
明日は出番なしですが、登るときにはいいっすねー。カンパ/フルクラムの同価格帯に比べると安くて軽いので、登りレースばかりの僕にはベストな買い物だったかと思います。なんといっても乗ってわかる軽さが嬉しいですねぇ。

次の目標はEC90 SLかなー

# キリがないw
 
Posted by Yas at 2011年05月07日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。