2011年04月19日

ホイール買うぞ!(検討の巻)

先日、過去のブログをなんとなく見直していたのだが、Novatec Sprintを購入した時の記事をよく読んでみると、「家の秤で重さを計ってみたのだが(アナログ秤なので精度は微妙)」とあった。このときはまだデジタル秤使ってなかったのか。諸々思うところも最近あったので(Wiggleの20%オフクーポン的な)、清掃・タイヤの前後入れ替えのついで、実測しなおしてみた。すると……

フロント=612g、リア=825g

とのこと(リムテープ込)。ハハハハハ、20gずつ狂っておったわ(苦笑)。Continentalのリムテープが20g前後らしいので、リムテなし重量は、593g/805gぐらいか。デカールをはがしちゃっているので初期状態とは多少異なるかもしれないけど、当時のアクションスポーツによるカタログ値(リムテあり重量って書いてあったけど……きっと違うw)に近かった。

いずれにせよ、リムテありでの総重量は1437g。すごく優秀です……。

しかし、2年数か月使った結果、最近ちょっと問題も。フロントは見た目が多少くたびれたかなー程度で、振れも気になるほどは出ず、ベアリングもスルスルなまま。しかし、リアについては、見た目のくたびれ感に加え、ニップル穴付近にちょっと気になる小さな傷(クラック?)が数か所、以前打ち替えたベアリングに再びゴリゴリ感あり、という状態になってきた(ただしあまり振れは出ない。その点は優秀)。5万円の超軽量アルミホイールだから、そろそろ限界ということだろうか。

こんな状態+Wiggleクーポン=買い替え機運が一気にアップ。普段使い&勾配キツめレース用のアルミホイールをそろそろ行っておこうかなと。好み・重量・予算を考えると候補はFulcrum Racing 1、Campagnolo Eurus、それから長らく存在を忘れていたEaston EA90 SLX。ヤフオクなんかで売っている台湾軽量ホイールとか、Alpine Lightningなんかも一応検討範囲ではあったのだけど、今回はメジャーブランドにしてみたかったのでパス。

# ちなみに今回はカンパフリー。TTバイクで使うことはないだろうし。

重量だけ比較すると、トップはEA90 SLX。実測値を調べてみると、リムテ込で1440g近辺になるようだ(カンパフリー)。R1、Eurusはリムテ不要だけどちょっとだけ重い。あとはハブのベアリング。EA90 SLXはカートリッジでセラミック。メンテ楽だし、回転もよさげ。これはかなりそそる。


などと検討していたのだが、ここ数か月いろいろあったりしたため、高額出費に躊躇してしまうところも。さてどうしたものか……というところでWiggleをよく見てみると、EA90 SLXは前後バラ売りになってたことに気付き、急激に日和る。

「あー、フロントまだ調子いいし、今回はリアだけ買おう」
wwwwww

大人な判断かな(苦笑)。毎度「次こそ本気ホイール」と思っている気がするけど、今回も地道なランクアップに収まってしまった。決断するまでには多少葛藤もあったのだが、デカールを剥がしたSprintは極めて外観上の特徴のないホイールなので、これならこれでもういいかと割り切り。練習にもレースにもガンガン使って、燃え尽きたら次を考えればいいか。みたいな。


そんなこんなで、現在バックオーダー中。早く届け〜。
 
posted by Yas at 17:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。