2006年06月13日

From UK

ワールドカップ!

のことは書きません(苦笑)。熱心なファンではまったくないので。



さて。

個人的な趣味からいえば、ベテランと大ベテランに続くお気に入りバンドがまったく出てこなくなってしまったようにも感じる情勢が長く続いているイギリスのロックシーンなわけだが(Oasisとか好きな人ごめんなさい(苦笑)。単に私の趣味なので……)、CSの番組を見ていたら久しぶりに熱い、というよりも暑苦しいのに出会ってしまったw

  

Dragonforce。うーん、まずバンド名からしてキてるw

たまに店頭で見かけて、どうかな?と思いつつ買わなかったんだけど、VC見たらすげえすげえ。爆速、バカテク、様式美。キャプテン和田曰く「テイストジャーマン」。

ぶったまげたのは、デスメタルなんかでよく使われる、爆速ドラム連打「ブラストビート」を取り混ぜた展開。普通、ブラストビートなんて「ヴォごごごごごあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ががががが」みたいな曲にしかあわなそうなもんなんだけど、彼らの爆速ギターソロに意外に絡まっていい感じ。こいつは良いぜ。すっかりお気に入り。


あと、UKのもちっとメジャーなシーンのバンドで数少ないお気に入りのMuseがライブDVDリリースしてた。



まだ最後まで見終わってないけど、さすがのテクニックとライブセンス。いまどきのUKバンドっぽいけど、バックグラウンドにあったもの、もともと聴いてきたないしはやってた音楽は僕らと似てるのかしら、このボーカル/ギターの彼は。HR/HM系ギターのようなテクとか、プログレ的曲展開の感じとか。

フツーのロック好きだけど、ちょっとひねった感じのが聴いてみたい、という人には結構オススメ。ただし、曲調は鬱気味のときにはなかなかこたえるらしいw



しかしなぁ……Museを聴くと、過去の悲しい思い出が思い起こされて寂しくなるです(苦笑)。ライブとなるとよけいに堪えるわ。
posted by Yas at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。