2010年10月21日

セミディープなカーボンホイール購入!

リアのみで破格の安値だったので、大丈夫なのかよという気がしなくもなかったけど38mmハイトのカーボンホイールを購入してしまった(喜)。

ネットで某中古ショップの在庫を発見したので店頭に行ってみたところ、実物は何とも小キタネェしくたびれてるけど(汚れとデカール剥げ)、パッと見目立ったフレもないので、デカールをすべて剥がしてメンテしてやればどうにでもなりそう、と結論付けて納得してみた。

でもって……

before.jpg
……Before。こきたねえw

after.jpg
After。サッパリ。


見た目はともかく、結構厳しかったのがフリーのラチェット部分。フリーを外すと錆と汚れが混じって粘り気がひどくなったグリスが残っていたので、これをきれいに拭き取り、さらにフリーボディをちょっとバラして清掃。グリスアップして組み立てなおして気分もスッキリ。ベアリングはシールタイプで回転もまだそこそこよさげなので、とりあえずOKか。

きれいになったところで重量を図ってみると、880g。以前SPRINTのリアを実測したときは845gだったので、差はさほど大きくない。カーボンのチューブラーホイールって軽いんだなぁ。スプロケはとりあえず12-23Tをセットして多少のアップダウンありの平坦中心デー用と位置付けてみたけど、この程度の差なら万能くさい?


あとはタイヤをまだ買ってないのでどうしようかなー(元々ついていたタイヤはおそらくコンチのGiro。パンクはしてなさそうなので予備用としてストックしとこう)。格安ホイールだからどんどん使っていこうと思うので、そこそこグレードのタイヤでバリバリ使っちまうか。


何はともあれ楽しくなってきたw
新しい機材はたとえ中古でもテンションが上がるなぁ。
 
posted by Yas at 12:32| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはお買い得なのでは。。
デカールとるとだいぶ印象変わりますね。なんかすごいポテンシャルを秘めているような凄みを感じます。
普段使いならシーラント入れるという手もありますよ。
Posted by puyan at 2010年10月21日 15:45
仮にきれいに残っていたとしても、決してカッコイイとは言えないデカールでしたからねぇ(苦笑)。
いっそすっぴんのほうが素敵だと思ってます。

シーラントは検討の価値ありですが――いざというとき(失敗した、直らなかった)を考えるとちょっと怖いんだよなー。
Posted by Yas at 2010年10月21日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。