2010年10月06日

今さらながらUCI世界選手権

実は最後のほうしか見ていなかったんだが……何はともあれ! すごいぞユキヤ!!

今さらなので詳細は省略。備忘録的に記事リスト。



【シクロワイアード】
・フースホフトがスプリント制し王座に 新城幸也が9位に入る快挙!
・コースの厳しさがフースホフトとカヴェンデュッシュの明暗を分けた
・ジーロングに輝いた3人の笑顔 日本ロード界の歴史を作る新城幸也
・新城「いきなり優勝したら世の中おかしくなってしまうので、今回はこれぐらいで」

【Cyclingtime.com】
・新城が日本人歴代最高位を獲得!別府も残り1周で先頭に残る
・スプリントで圧勝のフースホフト、ノルウェー初の世界チャンピオンに輝く 新城9位と日本勢も大健闘!

超与太話。記事のデキはシクロワイアードの圧勝(苦笑)。CTは翻訳記事の出来栄えが悪いうえに国産記事が今ひとつ。翻訳した後に「読者が読んで理解できるかどうか」を評価しないのだろうか??

ユキヤの大健闘、立派に走りきったフミと土井については本当によくやったと思うし、日本人ライダーだって環境次第でどうにかなるんだなってのがよくわかった。三者三様に1年で上積みされてたんじゃなかろうかと。すげえなぁ。

まぁそれはそれとして、全体の話。個人的には、ピュアスプリンターがヨーイドンで勝ち負けしちゃうワンデーレースは好みではないので、今回の世界選手権は面白かった。欲を言えば、エヴァンスとかカンチェラーラとかジルベールとかがもっと盛り上げてくれるとよかったんだが(苦笑)。

で、やっぱりああいうコース&レースだと、カヴェには勝機なしだったなと。超ピュアなスプリンターよりも、一癖あるタイプのほうが好きなんだよなー。なんだか登りで生き残れちゃう雷神トルとか、道悪大好きプッツン型のボーネンとか。スプリンターつうよりもクラシックハンターかな、この人たちは。


なんにしても未来につながる世界選手権だったなと。大満足。
posted by Yas at 12:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164854981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。