2010年03月15日

【走行記録】ミラノ~サンレモが近いので……

ヨーロッパは春のクラシックレースシーズン。パリ~ニースはコンタが危なげなく(?)優勝したのでちっとも燃えなかったが。チーム自体は大して機能してなかったけど、抜きんでて強いコンタがそれでもなんとなく勝っちゃったって感じ? 今年1年あんな感じだと基本的に“アンチ絶対王者”な俺的にはつまらんシーズンだなー(苦笑)。

まぁ、それは置いといて。次の週末は新城も出場する伝統のレース、ミラノ~サンレモ。そういえば地図をぼーっと眺めていた時に、熱海に「サンレモ公園」つうのがあったのを思い出したので、なんとなく行ってみたw

# 熱海市とサンレモ市は姉妹都市らしい(Wikipedia)。

P1000221.JPG
熱海サンレモ記念公園、というのが正式名称?
これといって地中海リゾートっぽくはない公園だがw


・03/11(朝練)……ローラー台:20.6km(47分) /途中テンポ20分
・03/12(朝練)……ローラー台:18.0km(43分) /途中ファストペダル15分

火曜日寝坊、水曜日は雪でドタバタしていたため朝練なし。ちょっとローラーに嫌気がさしていたともいう……。金曜日のファストペダルは最悪で、10分で完全に一杯一杯になってしまった。1分休息して再開したが、しばらく高回転系をさぼっていたのが原因だろうか……。

・03/13……163.3km /LSD~ミドル、基本平坦。真鶴以降はアップダウン多し。
というわけで、“自宅~サンレモ”。ウェアの選択を間違え、あっという間にオーバーヒート気味(苦笑)。背中のポケットパンパン。出発時はそれなりにひんやりしていたから判断ミスったなー。

大問題は風。とにかく非常に強い南風。横または斜め前方から風を受けるとたびたいふらつくほどの強さで、途中2回くらい、あまりの強風に一旦自転車を止めたほどだった。往路は向い風区間が長く、同じ方向に向かうペースが近い人もいなかったので、ひたすら単独で下ハン持ってじわじわ走。復路は追い風区間が多かったのでそれなりに楽はできたかな。

平坦中心の160㎞ぐらいだと普段は筋肉痛とかにはならんのだが、珍しく翌日にかなりダメージが残る感じだった。風との戦いは非常につらい。

P1000226.JPG
復路は、真鶴からは海岸より一本内陸側の崖上を走るルートを取ってみた。
眺望がすばらしい箇所がちょいちょいあるので、登る甲斐あり。


・03/14……65.7km /心拍ゾーン1~2の回復走中心+城山湖登坂2本
自転車屋に寄りつつ軽く多摩地区を流したのち、もうぼちぼち短いところから登りはじめようと思い立って城山湖へ。ウェアが暑かったとか前日のダメージがあったとか、言い訳したくなることもないわけじゃないのだが、「遅い! 登れてない!」とがっかりしてしまう散々なタイム。身体的にもキレがないし、ハートも弱すぎ。

冬の間の練習はいったいなんだったんだとも思ってしまいそうだが、それらはあくまで土台作りなので、これからその土台を活かしていく作業に向かうとしよう……。とはいえ、三峰HCまで1か月少々しかない。こんな調子でまともに走れるんだろうか?(苦笑)
 
 
城山湖まで登るのは本当に久しぶりなのだが(2010年初)、登ってみたら驚愕の事態が。

P1000227.JPG
水がねええええええ!
城山湖の近在に生まれ育って三十余年、水が完全に抜かれた城山湖なんて初めて見た。

P1000231.JPG
なんだこの巨大建造物(給排水とか発電とかの施設?)。どうやらこれのメンテナンスらしい。


P1000232.JPG
城山湖の梅林が見ごろ。観光客で賑わってました。 
 


posted by Yas at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね~自宅-サンレモ。景色も負けてないですよ。
そういえばパリ-ツールのツール市って高松と姉妹都市みたいです。どうですか、自宅-ツール(爆)
私は自宅-パリ(姉妹都市:東京)あたりでお茶を濁しておきます。。
Posted by puyan at 2010年03月15日 15:08
やっぱり海岸線は気持ちいいですねー、強風は怖いですがw

> どうですか、自宅-ツール(爆)

興味があったので計測してみました。
直線距離で500㎞ありましたw 大旅行ですww
Posted by Yas at 2010年03月15日 15:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック