2011年11月25日

Panasonic EspressoをTTバイクに

新しいベースバーを買ったのを契機に、Panasonic EspressoをTTバイクに組み換えた。急ぐ作業でもなかったので、丸々1日かかってしまった。

20111123_esoresso.jpg
新生Panasonic Espresso。工夫を重ねてここまで来たw

このフレーム、値段の割には軽くてよかったのだが、一昔前の設計の安いバイクによくある「スローピングで適応身長のレンジを大きくしてみた」デザイン。実際、かつてあった公式カタログによると、おいらの持っているサイズは身長159~181cm向け、とかのえげつないもの。おいらはちょうどこのレンジの中間地点くらいなのだが、ヘッドチューブがもうちょっと短ければ低いポジションにできたのに、というのが悩みだった。

そんなフレームをTTバイクにしようというのもどうかと思うが、新たにTTフレームを買い足すのもアレだし、ただ眠らせておくのももったいないので、工夫でどうにかしようと(苦笑)。まあお金はそうはかけられないけど。

IMGP4336.jpg IMGP4354.jpg
ニューベースバーとステムをつけたハンドル周辺。
トップキャップよりもアームレストのほうが低い


組み換えの際には、ハンドルを可能な限り下げてできれば現状よりも低くする、サドルからDHバーのアームレストまでの距離は現状維持orちょっと短くする、という2点をどうにかクリアしたかったので、ステムを現状よりもさらに極端なものに変更。初めてMax CarbでTTバイクを組んだときはたしか-17度/90mmのだったと思うが、これが現状の-25度/80mmになり、今回のフレーム変更に伴って-35度/80mmを導入。見た目は本当にエグいw まぁエヴァンスの数年前のTTバイクも相当エグいヘッド回りになってたから、TTバイクに正解はないと思いたいww 

# 本当はLookのエルゴステムとか使いたいところだけど……そんなにお金かけてもね(苦笑)

まだ全然乗れていないけど、ちょっと実走&ローラーで試した感触では、このステムの導入は正解っぽい。理想のフォーム云々が言えるレベルの身体ではないけど感触はすごくいい。なんかやる気出るw

IMGP4343.jpg
久しぶりにシフトメイトを使用

ドライブトレインも少々更新。TTバイクについては完全にシマノ構成にしていたんだけど、今練習やレースに使っているクリンチャーホイールがカンパフリー、手持ちのシフトメイトの都合的にちょうどいい、今後も(少なくとも来シーズンも)カンパシステムで行く覚悟を決めた、ということを考え、「カンパカセット+カンパRD+シマノ10sシフトレバー」という構成にした。それから、ワイヤーのアウターは今回すべてNokonにした(現状はシフトだけNokon。ブレーキは……面倒だから使ってなかったw)。


なんかまぁ、色々特殊なことになってきたけど、TTバイクなんて元々特殊なバイクなんだから、もうどうにでもなりやがれだw とりあえず、今オフシーズンは従来よりもTTバイクを練習に組み込んでいこうと思う。ローラー用として前々から度々使ってはいたけど、今季は週末の練習にも取り入れようかなと。

# あとはウェア類だな!wwwww
 
 



posted by Yas at 17:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

急きょフレーム購入w

超久々に書きますがね。

年末の予定が狂ったので、代わりに自転車に投資することに。ヒルクライム用およびTT用のホイールを買う、TTフレームを探す、という考えもあったんだけど、ネットを彷徨っていたら中古フレームでなかなかの出物があったので、ロードフレーム購入を決断してみた。

候補は何本かあったのだけど、最終的に、2011年モデルだけど中古半額と値頃(ミドルグレードモデルだけど)、現物確認して状態がよかった(徹底的に清掃すればきれいになる&傷は少ない)、ISPのサイズがちょうどよかった(ちょっとカットしたけど)、そしてなんといってもカッコイイ、といった理由で……

IMGP4260s.jpg
RidleyのDamocles ISPを購入!
シーズン最終レース目前にまさかの急展開。

次はイタリアンバイクとか、エヴァンスが勝てたから次はBMCとか口走っていたので、全くの不意打ちみたいなチョイスだけど、数か月前に某自転車店でDamoclesを見たときに「へ~、カッコイイし結構安いんだなぁ、これはアリだなぁ」と記憶には焼き付いていたので、本人的にはそれほど突飛でもなく(苦笑)。ISPなのでシートチューブ長が最大の懸念事項だったのだけど、問い合わせてみるとサイズは見事にクリア。これはもう運命としか言いようがないでしょうってことで、連休中に現物を確認してから購入。不幸な巡り合せで行けなくなった旅行に比べると、この出会いの巡り合せは幸運すぎるw 店員曰く、ISPのフレームはサイズ問題がついて回るので中古車はなかなか捌けなくて、だそうな。それもあって状態の割に値頃だったのかねぇ。

20111107_damo.jpg
組み上げ後。白フレームは汚れた手で触ると汚れが付いて凹むですw

IMGP4275.jpg IMGP4276.jpg
斜め前から。チューブの形状が特徴的でカッチョエエ。

IMGP4277.jpg
「俺たちベルギー」。

で、パーツ類はすべてEspressoから移植。足したものはFD台座(Damoclesはバンド式)ぐらいか。重量測定した結果、Damoclesのフォークに標準で付いてたアンカーよりも、以前から愛用のヒラメのアンカーのほうが軽量(かつ扱いなれている)だったので、これも移植。ちなみに、諸々の重量は新旧で誤差範囲ぐらいしか変わってない(苦笑)。体重計で計った総重量はEA90SLX装備時で7.1kg。

組みあがった時間が遅くなってしまったので、まだ1kmも走っていない状態なのだが、とりあえず、Espressoでは詰め切れなかった「思い描いていたポジション」がようやく出たって感じかな。Espressoは対応身長の幅がすごい広いジオメトリーだったので、ハンドル下げたくてもあれ以上無理だったし、ヘッドチューブ長と仮想水平トップチューブ長が長かったし、スローピングがすごくてちょっとアレだったし。極めてレーシーなフレームってわけでもなかったからそれもそうなのだけど。その点Damoclesは完全にレース仕様の設計だから、このあたりの不満が一気に解消。ちょっと乗った印象では、すごくいいフィット感かつ新しいおもちゃのわくわく感がたまらんw

# ちなみに、組み上げた後のジオメトリー的な印象は、Max Carbを今の機材で組み直したときの印象に近い。思えば、あれはあれでいいフレームだ。硬いけど。

とりあえず、現時点ではまだほとんど乗れていないので、明日は多少寒くても実走朝練に行く予定。すげえ楽しみ。最近ちょっとモチベーションが低下していたので、いいカンフル剤になってくれそうだw


で、バラされたEspressoは、TTバイクとしてMax Carbからパーツを再移植しようかなと思案。ただ、前述のとおりソフトなジオメトリーなので、極端な角度かつ短いステムを購入して、ハンドルを低くセッティングする必要が間違いなく生じる。シートポストもセットバック0mmかProfile Designのシート角変換タイプかにするようかも。Max Carbは……来ないことを願いたいいざというときに備え再び眠りについてもらう感じかな。なんにしても、Espresso、まずは3シーズン本当にありがとうって感じだな。


>>参考:実測重量
posted by Yas at 22:25| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする