2010年10月24日

カーボンセミディープホイール装着完了!

というわけで、100kmほど乗ってきた。

20101023_espresso.jpg
うひょー、気合入るねー

セミディープだけどやっぱりちょっと巡航は楽になったかな。てか、「かな」程度にしか効果はわからん(苦笑)。こうなってくるとやっぱりフロントもディープ系にしたいなぁ。今後の目標。ただ、とても低価格で購入したのにこの走行性能てのはとても感動的w 重量的な負担増の影響は全然感じないし、何よりもやる気アップ&威圧感アップというのが嬉しいところ。

タイヤについては、VREDESTEINのVOLANTE-PRO-TRICOMPという練習向けタイヤを購入。実測285g。高級タイヤではないのでこんなもんなのだろうけど、乗り味という点はまずまず。GP4000S+パナR-AIR程度にマイルドで、転がりは軽い。ただ、ハードブレーキするとわりとすぐロックしちゃうのはちょっと注意が必要か。いずれいいタイヤで乗ってみたいもんだな。

で、懸案だったパンクしたとき対策だが。

P1030956.jpg初めてツールボトルを導入。この中に、

・予備のチューブラータイヤ1本(購入時にホイールに付いていた中古品。トレッドはすり減ってるけど一応パンクはしていないようだ)
・タイヤシーラント剤(使用中のタイヤに予防的に注入するかどうかはまだ悩み中)
・リムテープ(1周分はかさばるので1/3周分程度。いざというとき、予備タイヤの残粘着力で不安な個所にピンポイントで貼る)

を詰め込んでみた。これからの季節は、750mlの大ボトル1本あればかなり長持ちするからツールボトルでよかろうと判断。では夏場はどうすっかという話だが、夏場はウィンドブレーカーなどのようなかさばる荷物がないので、背中のポケットにタイヤを差してきゃよかろう。

チューブラーとの付き合いはまだ当分試行錯誤だな。兎にも角にも、パンクがないことを祈る(苦笑)。
 



posted by Yas at 01:33| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

セミディープなカーボンホイール購入!

リアのみで破格の安値だったので、大丈夫なのかよという気がしなくもなかったけど38mmハイトのカーボンホイールを購入してしまった(喜)。

ネットで某中古ショップの在庫を発見したので店頭に行ってみたところ、実物は何とも小キタネェしくたびれてるけど(汚れとデカール剥げ)、パッと見目立ったフレもないので、デカールをすべて剥がしてメンテしてやればどうにでもなりそう、と結論付けて納得してみた。

でもって……

before.jpg
……Before。こきたねえw

after.jpg
After。サッパリ。


見た目はともかく、結構厳しかったのがフリーのラチェット部分。フリーを外すと錆と汚れが混じって粘り気がひどくなったグリスが残っていたので、これをきれいに拭き取り、さらにフリーボディをちょっとバラして清掃。グリスアップして組み立てなおして気分もスッキリ。ベアリングはシールタイプで回転もまだそこそこよさげなので、とりあえずOKか。

きれいになったところで重量を図ってみると、880g。以前SPRINTのリアを実測したときは845gだったので、差はさほど大きくない。カーボンのチューブラーホイールって軽いんだなぁ。スプロケはとりあえず12-23Tをセットして多少のアップダウンありの平坦中心デー用と位置付けてみたけど、この程度の差なら万能くさい?


あとはタイヤをまだ買ってないのでどうしようかなー(元々ついていたタイヤはおそらくコンチのGiro。パンクはしてなさそうなので予備用としてストックしとこう)。格安ホイールだからどんどん使っていこうと思うので、そこそこグレードのタイヤでバリバリ使っちまうか。


何はともあれ楽しくなってきたw
新しい機材はたとえ中古でもテンションが上がるなぁ。
 
posted by Yas at 12:32| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

レースシーズン終了(滝汗)

やべー、ぼけっとしている間に龍勢定員埋まってた(苦笑)。
というわけで、2010年のレースシーズンはこれにて終了……。
 

なんだか最近精神的にマイナス方向なので身も入らなかったから、ちょうどいいっちゃいいか。
 

来年の春に向けて、ボチボチ乗っていこうかと。色々だめだが。
 
 
テンション低っ 
 
posted by Yas at 23:40| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

富士チャレ200目前だが……

乗鞍で燃え尽きた感がちょっとあったり、別の件で色々と不安定だったりと、一応年間の目標レースのひとつであったはずなのに富士チャレ200は全然意欲が高まらず。そのうえ天気も怪しいし。

機材でも買ってモチベーションアップできればよかったんだけど、今年はちょっとその余裕がなく(苦笑)、あらゆる方面でテンションが上がりきらん。朝の段階で降っていたらDNS、酷く降ってきたらDNF、くらいのゆる~いテンションで挑みます……。


現時点での結論。やっぱりヒルクライムとかTTとかのほうが好きかもしれないw

---------------

17:00 追記:
ますます天気予報悪化してるなぁ。こりゃDNS確率も50%越えだぁな。
 
---------------

22:40 追記:
荷造り始めてみたけど、空しいのでやめた(苦笑)。仮に朝降ってなかったとしても、いずれかの時点でまず間違いなく降られるであろう予報になったので、DNSを決断。残念ではあるけど――雨でも乗るぞ!というほど高いモチベーションもなく。

どうも富士スピードウェイは気分が高まらん……来年は参加自体を考え直そうかな。
 

posted by Yas at 12:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

今さらながらUCI世界選手権

実は最後のほうしか見ていなかったんだが……何はともあれ! すごいぞユキヤ!!

今さらなので詳細は省略。備忘録的に記事リスト。



【シクロワイアード】
・フースホフトがスプリント制し王座に 新城幸也が9位に入る快挙!
・コースの厳しさがフースホフトとカヴェンデュッシュの明暗を分けた
・ジーロングに輝いた3人の笑顔 日本ロード界の歴史を作る新城幸也
・新城「いきなり優勝したら世の中おかしくなってしまうので、今回はこれぐらいで」

【Cyclingtime.com】
・新城が日本人歴代最高位を獲得!別府も残り1周で先頭に残る
・スプリントで圧勝のフースホフト、ノルウェー初の世界チャンピオンに輝く 新城9位と日本勢も大健闘!

超与太話。記事のデキはシクロワイアードの圧勝(苦笑)。CTは翻訳記事の出来栄えが悪いうえに国産記事が今ひとつ。翻訳した後に「読者が読んで理解できるかどうか」を評価しないのだろうか??

ユキヤの大健闘、立派に走りきったフミと土井については本当によくやったと思うし、日本人ライダーだって環境次第でどうにかなるんだなってのがよくわかった。三者三様に1年で上積みされてたんじゃなかろうかと。すげえなぁ。

まぁそれはそれとして、全体の話。個人的には、ピュアスプリンターがヨーイドンで勝ち負けしちゃうワンデーレースは好みではないので、今回の世界選手権は面白かった。欲を言えば、エヴァンスとかカンチェラーラとかジルベールとかがもっと盛り上げてくれるとよかったんだが(苦笑)。

で、やっぱりああいうコース&レースだと、カヴェには勝機なしだったなと。超ピュアなスプリンターよりも、一癖あるタイプのほうが好きなんだよなー。なんだか登りで生き残れちゃう雷神トルとか、道悪大好きプッツン型のボーネンとか。スプリンターつうよりもクラシックハンターかな、この人たちは。


なんにしても未来につながる世界選手権だったなと。大満足。
posted by Yas at 12:47| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-諸々 | 更新情報をチェックする