2010年05月10日

【走行記録】大惨敗……(苦笑)

おいらの今年初戦、埼玉車連の埼玉県自転車タイムトライアルロードレース大会に参加してきた。なんというかもう、苦笑いするしかないくらいの大惨敗。

・5/4……113.3km /基本LSDペース、ほぼ平坦
連休後半は全然気合が出ず、この日は多摩地区を中心にLSD。全然だな……。

・5/5……40.8km /ゾーン1~2中心、途中15分間ゾーン4~5維持
自堕落な連休最終日。でもただ終わるわけにはいかないので1時間半ほどTTバイク練。15分間なるべく高い負荷を維持するように全力を尽くしてみる。本当に苦しい……。この辺から「やっぱ本番はダメだろうな」という気分が高まってくる(苦笑)。

・5/6(朝練)……16.3km /城山湖東+南
東ルートはアウター固定&ダンシング禁止でパワートレ、南ルートはダンシング禁止でテンポ走。相変わらずのパワー不足を痛感。あと1か月で多少なりとも鍛えないと。

7~8日は集中力にも欠けていたので完全休養。乗るべきだった。


・5/9……レース10㎞+移動ほか37㎞ /埼玉TT本番
朝4時半の電車で出発。当初予定では8時には現地に着いているはずだったのだが、途中の駅でトイレに降りてしまったため(汗)、受付時間ぎりぎりの到着に。この時点で色々ダメな気分だが、落ち着いて周りを確認すると、とにかくコース上の風が強い。往路は超追い風、復路は激向い風。あぁ早速終わったな……。軽くアップしつつ観戦していたが、やはりみなさん復路に苦戦している模様。上のほうのカテゴリーの人でさえ、復路は大ブレーキのようだ。

11時過ぎ、ようやく出番。風は相変わらずとんでもなくヒドい。しかもスタートと同時にまさかのチェーン噛み(滝汗)。DHバーの肘置きに膝をぶつけたものの、瞬時に建て直せたのでここは事なきを得たが。

往路はとにかく追い風でガンガンスピードが出るw 最高時速50km/hオーバー、平均時速も40㎞/h台後半。最初は気分もよかったが、復路のことを考えると気が滅入る……。で、問題の復路。折り返し直後に絶望。ダンシングするとむしろスピードが落ちるんじゃねーのというくらいの強風。どうにもスピードも上がらず早々に脚パン、心拍も95%越えで息も絶え絶え、たったの5㎞なのに何度も「もうこのままリタイアしようか」などとよぎりまくる。それでも終盤ほんのちょっとだけ気合を入れなおしてゴール。平均時速は30km/hを切るほど……。

目標は上位1/3以上と思っていたものの、終わってみれば真ん中よりやや後ろ。タイムも目標より1分半ぐらい遅い。「大惨敗」以外に形容しようがないくらいの大惨敗。話にならんなー。

というわけで反省。

・心が弱すぎる:
天候はみんなに平等なのに、スタート時にすでに諦め気味でしかも後半の苦しいところで我慢できなさすぎ。要するに練習が足りないから心に来るんだな。

・風に弱すぎる:
TTバイクにしろノーマルバイクにしろ、向かい風の時にヘロヘロすぎる。風が強い日って気分的にもタレ気味だし。これは慣れなのかもしれないけど、もっと強けりゃどうにかなるのかな……(苦笑)。

・ちょっと距離や時間が延びると途端にダメになりすぎる:
水泳をやっていた時とかわんねーな、これ。今のおれのレベルだとどうやら5㎞が限界だったのかも。要するに高い負荷を維持できる持久力が根本的に不足してるということだろうな。これはトレーニングするしかないなぁ。


というわけで、自分がどれだけ弱いのかということが冷静に確認できたことが今回の収穫。反省材料ばかりだったけど、TTバイクも楽しいし、TTという競技そのものもつらいけど面白いので、来年再挑戦したい。

とりあえず、今週からは富士HCに向けて、気を引き締めなおして再スタートだな。

P1030740.jpg
チームブリジストンアンカーの飯島誠選手も出場。
このクラスの人たちはやっぱり別次元……。

 



posted by Yas at 12:03| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車-走行記録 | 更新情報をチェックする