2010年03月12日

DHバーを買ってしまった

いつかは手を出すんじゃないかと思っていたが、利根川TTに出てみようという思いがあること、£安+某獄長様が15%オフ均一だったことから、思い切ってDHバーを買ってしまった。本当は3Tのが欲しかったんだけど、資金は潤沢ではないし、初めてのDHバーだということもあるので、もうちょっと手ごろな価格で手持ちのフレームおよびパーツ類でポジションが出しやすそうな、OvalのA710を選択。

Max CarbをDHバー向きのセッティングで再セットアップして現役復帰させようと思っているのだが、悩ましい点もいくつか。

■ブルホーンハンドルか、普通のドロップハンドルか:
変速機は手元にはUltegra SLのSTIレバーしかない。本格的なTTバイクのようにするなら、バーエンドコントローラーにエアロブレーキレバーが必要だけど、資金的にちょっと(苦笑)。で、考えたのが、懐かしのEscape R3をブルホーン化したときの方法。当時のハンドルバーはDHバーが取り付けられないので流用はできないが、STIレバーをすっきりとブルホーンハンドルにつけるコツは掴んであるのでOKだ。でも、STIレバーつけるんだったら、別にドロップハンドルのままでもよくねえか?という気もしている。

■Polarのセンサーがねーよ(苦笑):
すっかり忘れてた。Polarのセンサーは1台分しか持ってないんだった……。そこそこな値段がするものなので、なんかもったいねえなぁ。とはいえ、データが残せないのでは練習にもならないのでどうしようかなと。とりあえずスピードセンサーだけ付け替えながら使ってPolarのログ記録に利用し、走行中の速度/ケイデンスのリアルタイムデータは猫目の有線式を付けて確認するとしようか。あ、よく考えてみりゃペダルもいちいち付け替えだ……。

# ケチらないでセンサー輸入しろよ>俺

■そもそも、Espressoに付けるってどうよ:
サドル周りのセッティングに注意すれば、Espressoに付けるという手もあるんじゃないかという気もしてきた。センサー類やペダルの問題も解消できるし、やっぱり乗りなれたバイクだしな。ただ、ヘッドチューブ長がEspressoのほうが長いので、ハンドル位置はMax Carbのほうが低くできるし、仮想ホリゾンタルトップチューブ長もEspressoのが長いのであまりDHポジション向けではないかも。シルエット的にはエアロっぽいバイクなんだがねー(苦笑)。

サドルのセッティングに関しては、DHバーとセットで使うポスト&サドルを用意しておくというのが面倒なさげ。サドル高はマークしときゃ楽チンだろう。

■備忘録:
・シフターワイヤーはインナー/アウターともにストックなし
・ブレーキワイヤーはアウターあり
・いずれにしてもサドルバッグのマウントを買う必要あり
・ステムのストックは26.0mmクランプが70/80/100mm、31.8㎜クランプが90mm/110㎜があり。


到着は週明け以降か。準備して待ちかまえますかねー。
 


posted by Yas at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車-いじり関連 | 更新情報をチェックする